自己破産 テレビ パソコン

MENU

自己破産をしてもテレビやパソコンなどの家電は差し押さえられない

自己破産でテレビとパソコンはどうなる?

テレビやパソコンだけは差し押さえられたら困る!

 

自己破産=財産を全て差し押さえられてしまうといったイメージを持っている方もいるでしょう。

 

 

ですが、基本的にテレビやパソコンなどの家電が差し押さえられることはありません
なぜならテレビやパソコンといった家電製品は民事執行法131条で定められている「差し押さえ禁止財産」に該当する可能性が高いからです。

 

 

テレビやパソコンは、差し押さえ禁止財産の中の「債務者等の生活に欠くことができない衣服、寝具、家具、台所用具、畳及び建具」に該当するとされています。
テレビやパソコンのみならず、大抵の家財道具は上記に該当するでしょう。

 

 

なので基本的に自己破産をしてもテレビやパソコンが差し押さえられることはありませんが、例外もあるのでこの記事ではその“例外”について詳しく紹介していきたいと思います。

テレビやパソコンに財産的な価値がある場合

テレビやパソコンでも、財産的な価値が認められる場合は処分の対象になるケースがあります。

 

 

基準としては財産的な価値の評価が20万円を超えるものです。
ちなみにこの場合の20万円は購入価格ではなく、中古で売却した際の価格が20万円以上の価値があると判断されたものです。

 

 

例えば、テレビだったら77インチの4Kチューナー内蔵4K有機ELテレビだったり、
パソコンであればゲーミングPCのような高級品ですね。

 

 

なかなか中古のテレビやパソコンで評価額が20万円を超えるものありませんし、あったとしても自己破産に至る過程ですでに手放していると思うので、そこまで気にする必要なないかなと思います。

テレビやパソコンを複数台所有している場合

テレビやパソコンを複数台所有している場合は、財産的価値の高いほうが差し押さえられる場合があります。

 

ただ、2台持っていたら絶対に片方が差し押さえられるわけではなく財産的価値があると判断された場合のみです。

 

 

その判断は管財人や自己破産を依頼した弁護士に委ねることになりますが、超大型テレビでない限りは現実的に考えて差し押さえられるケースは少ないと思います。

 

 

東京地方裁判所の民事第21部の公開する基準では29インチ以上のテレビとなっていますが、これはあくまでも過去の基準で現在は29インチ以上のテレビでもそこまで価値がないケースもあるので29インチ以上は絶対に差し押さえになるとは言い切れません。

 

複数台所持している場合は、差し押さえ“対象”になりますが、それなりの財産的価値がなければ現場までの引取り作業や売却作業などの経費がかかるのでそこまで積極的には行われないでしょう。

ローンで購入してまだ払い終えていない場合

テレビやパソコンなどをローンで購入して、支払いがまだ残っている時に自己破産をしている場合は、ローンで購入したテレビやパソコンの所有権は販売会社やローン会社に留保されているので引き上げられてしまう可能性があります。

 

ただこの場合は、破産管財人が差し押さえるわけではなく、販売会社やローン会社が所有権に基づいて引き上げることになります。

 

 

車のような財産的価値が高いものであればほぼ間違いなく引き上げられますが、パソコンやテレビなどの家電製品の少額割賦契約の場合は、債権が放棄されてそのままになる可能性が高いです。


まとめ

上記で紹介したように、自己破産をしてもテレビやパソコンといった家電が差し押さえられる可能性は限りなく低いです。

 

債権者にとっても家財の差し押さえは債権回収方法としては割に合わないことが多く、結局何も差し押さえられなかったというケースのほうが多いです。

 

ただ、複数台のテレビやパソコンの差し押さえの判断は管財人なのでどうしてもテレビやパソコンを残したい場合や、大型で新品のテレビがある場合は自己破産を依頼している弁護士さんに相談しておいたほうがいいでしょう。

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓

東京ミネルヴァ法律事務所


参考記事:東京ミネルヴァ法律事務所の借金無料診断の流れと口コミ評判

 

関連ページ

自己破産は秘密にできるのか?
自己破産をしていることを知られてしまうとそれだけで信用されなくなる可能性も考えられるので自己破産を秘密にしたいと考える人も多いと思います。
さすがにずるい!?自己破産は2回繰り返すことはできるのか?
1度自己破産をしたにも関わらず再度借金をしてしまい、また債務超過の状態に陥った場合、2回目の自己破産を行うことはできるのでしょうか?
自己破産手続きの費用総額!安い事務所と払えない場合の対処法
自己破産の手続きをする際に必要になる費用の総額について紹介しています。また、費用を安く済ませるためのポイントや、現在は費用が払えない場合の対処法についてもわかりやすくまとめているので参考にしてください。
自己破産に必要な免責とは?
自己破産をしたからと言って必ず借金が0になるというわけではありません。裁判所による免責が下りなければならず、場合によってはこの免責が下りないこともあるので自己破産前に免責というものがどのようなものかを確認しておきましょう。
自己破産すると車はどうなる?引き上げの時期や手元に残す方法について
自己破産をすることで車を売却したり、引き上げられたりしてしまうことがありますが、もし生活や仕事で車がどうしても必要な場合はどのように対処すればいいのでしょうか?引き上げられる時期や車の価値の計算について紹介しています。
自己破産と任意売却のタイミング、どちらが正しい?
自己破産を前提として任意売却を検討している場合、任意売却のタイミングとして自己破産の前に行うべきか、自己破産の後に行うべきか、それぞれのメリットと自己破産をしても住宅を残すことができる可能性についてのお話です。
自己破産で書く作文の雛形や記載例、書き方のコツについて
この記事では自己破産申立をする際に必要になる陳述書の作文の雛形や記載例、書き方のコツについて紹介しています。作文が書けないとなかなか手続きが進まない方は参考にしてくださいね。
自己破産の申立前に過払い金返還請求はできる?返還されたらどうなる?
自己破産の破産申立を行う際に過払い金返還請求はできるのでしょうか?また、もし過払い金が返還された場合に、その過払い金がどのような扱いになるのか?をわかりやすく解説しています。
自己破産で必要な予納金とは?今すぐ払えない場合は積立もOK
自己破産で必要になる予納金とはどんな費用でいくらぐらい払わなければいけないのか?今すぐに払えない場合の破産手続きの方法や積立で予納金を支払い方法について紹介しています。
自己破産によって身内に起こる影響と身内にバレる可能性【心配無用】
自己破産をすることによって家族や親戚など身内に起こってしまうかもしれない影響と、身内にバレるリスクについてわかりやすくまとめています。
自己破産をしたら作っておきたいプリペイドカード&アプリ【後払いも可】
自己破産をするとクレジットカードが利用できなくなってしまいます。インターネットでの決済や後払いをしたい時に不便ですが、最近はクレジットカードのように使えるプリペイドカードやアプリも増えてきているのでそんな便利なサービスを紹介したいと思います。