破産申立 過払い金

自己破産の破産申立前に過払い金返還請求はできる?

破産申立前の過払い金請求

自己破産の破産申立前に過払い金返還請求をすることは可能です。
少なくとも、過払い金が発生しているかそうか?は調べる必要があります。

 

自己破産を検討している人ほど、借金総額が大きいので多額の過払い金が発生している場合があります。中には、自己破産をしなくても「過払い金で借金が全額返済できた」という事例もあります。

 

 

自己破産の破産申立の際には、手続き開始後に破産管財人が過払い金の有無をチェックします。
なので、「過払い金が発生しているのに見過ごされて返還されないまま自己破産してしまう」といったケースは発生しませんが、もしも多額の過払い金が発生していた場合はそもそも自己破産の手続きのために依頼した弁護士費用や裁判所への予納金、同時廃止事件ではなく少額管財事件になることによって費用面で損をする可能性が高いです。

 

 

そのため、自己破産の破産申立の前には必ず過払い金を計算しておきましょう。
自己破産であれば弁護士に依頼する方がほとんどだと思いますが、相談すればまず過払い金の有無をチェックしてくれるので安心です。まだ自己破産検討中の方は、無料のWEBサービスで過払い金の有無を弁護士や司法書士が診断してくれます。

 

 

過払い金請求をするかどうか?は一旦置いておいて、少なくとも自己破産前には過払い金が
いくら発生しているのか?は破産申立前にチェックしておきましょう。


自己破産の申立前に返還された過払い金の扱いはどうなる?

破産申立前に返還された過払い金の扱い

では、自己破産の申立前に返還された過払い金はどうなるのでしょうか?
まずはわかりやすい例から紹介します。

 

もし、申立前に返還された過払い金が借金総額よりも大きければ自己破産をする必要はなくなります。単純に借金の返済に充てて残ったお金は自分のものになります。ありえないと思われるかもしれませんが、年に数件はこういった事例もあるんですね。

 

 

とはいえ、最も多いのは過払い金が発生していても借金総額には程遠いケースでしょう。
その場合、もし破産申立前に過払い金返還請求をして現金で戻ってきた場合でも、20万円以上の場合は「過払い金請求権」として財産扱いになります。

 

 

自己破産においては20万円を超える財産は、裁判所が差し押さえ破産管財人が換価して債権者に分配します。結局債権者への返済に充てられるなら20万円以上の過払い金が発生している場合に関しては、破産申立の前に過払い金返還請求をする意味はあまりないように思えます。

 

 

しかし、過払い金返還請求をして、返還された過払い金から弁護士の「自己破産の報酬」や「過払い金返還請求の報酬」を支払うケースも多いです。差し引いて残ったお金が20万円以下であれば財産として差し押さえられることはなくなります。ただ、この方法で不当に水増しした弁護士報酬などを差し引くと自己破産の手続き上それもまた問題となります。

 

 

弁護士報酬や、破産管財人報酬など自己破産手続きにかかる費用の相場は大体合わせて50万円程度になります。それを超えて過払い金と相殺しようとすると、怪しまれて自己破産の手続きが進まない可能性があるというわけです。

 

 

とは言え、過去には過払い金請求権が自由財産の拡張として認められるケースもありました。
その場合は現金と合わせて99万円までは手元に残すことが可能になります。

 

 

また、自己破産申立前といっても半年前ぐらいに過払い金請求をしてすでに戻ってきた過払い金を使い切ってしまっている場合は使途にもよりますが、過払い金はないものとして同時廃止事件として処理される可能性もありますが、ギャンブルなどで浪費していた場合は少額管財事件となる可能性も考えられます。


破産申立前の過払い金返還請求まとめ

それでは最後にポイントだけをまとめてみましょう。

 

・過払い金の有無は自己破産前に必ずチェックしよう!
・自己破産前に過払い金を回収しても20万円以上は現金として残せない
・最終的な過払い金請求のタイミングは弁護士と相談して決めましょう
・すでに回収済みor未回収に関わらず過払い金は財産として判断される

 
トップへ戻る