自己破産 後払い

MENU

自己破産など債務整理後の後払い決済ができる3つの方法

自己破産のでも後払い決済

自己破産や個人再生、任意整理といった債務整理手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、債権者に受任通知が送られて返済や督促が一時的に停止されます。

 

それと同時に、貸金業者は個人信用情報に債務整理の事故情報を記載するのでそこからクレジットカードが使えなくなったり、ローンを組んで買い物ができなくなるといったデメリットが生じます。

 

なので、自己破産など債務整理手続きをするまで通販などでクレジットカード決済を頻繁に利用していた人にとってはかなり不便に感じるでしょう。

 

自己破産後もクレジットカードのような後払い決済がしたい!

 

この記事では、そんな方に債務整理後でも後払い決済ができる3つの方法を紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

 

【関連記事】
任意整理でクレジットカードは残せる?いつから使えなくなるの?

バンドルカード

バンドルカードは、自己破産後だろうが、債務整理後だろうが、誰でも作れるVISAプリペイドカードです。

 

しかも、アカウントの作成は生年月日と電話番号をアプリに登録するだけなので1分程度で作成可能!もちろん審査もありません。

 

プリペイドカードはコンビニやクレジットカードなどでお金をチャージしてその金額分だけ利用できるのが普通ですが、バンドルカードには「ポチッとチャージ」という他のプリペイドカードにはない機能があります。

 

ポチッとチャージは、バンドルカードのアプリ内で金額を決めてボタンを押すだけでその金額がすぐにチャージされてお買い物に利用できる機能です。
上限金額は3000円〜50000円までで利用状況やカード種別によって決まります。

 

 

ポチッとチャージでチャージしたお金の支払いは翌月末までの後払いになります。
さすがに上限金額は通常のクレジットカードよりも少ないですが、後払いの支払いサイクルはクレジットカードと同じようなサイクルです。

 

ポチッとチャージには、利用額ごとに手数料が決められているのでその点だけ注意しましょう。

 

1回のチャージにつき、以下の手数料がかかります。

3,000円 〜 10,000円: 500円
11,000円 〜 20,000円: 800円
21,000円 〜 30,000円: 1,150円
31,000円 〜 40,000円: 1,500円
41,000円 〜 50,000円: 1,800円

 

VISAなので利用できる店舗も多く緊急時の後払い手段としてはかなり有効だと思います。

 

バンドルカードアプリのダウンロードはこちら

 

キャリア決済

後払い可能なキャリア決済

キャリア決済とはドコモやau、ソフトバンクなど、スマホや携帯の各キャリアでIDやパスワード、暗証番号を入力するだけで簡単に支払いが可能な決済手段です。

 

支払った代金の請求は、使用している携帯料金とまとめて来るので翌月以降の後払いになります。

 

キャリア決済も利用にあたって審査が必要ないので自己破産後でも利用可能です。
キャリア決済の利用可能な上限金額は、各キャリアや契約状況によって異なりますが1万円〜10万円程度で利用できます。

 

最近は通販はもちろん、継続課金サービスの支払いなどにも対応してきているので利便性の点でも文句の付けようがない後払いサービスと言えるでしょう。

 

ただ、自己破産や債務整理において携帯電話料金の未払いや、端末の分割料金の滞納を債務整理している場合は携帯電話を強制解約されたり、分割購入ができなくなって携帯やスマホ自体が使えなくなるケースがあるのでもちろんキャリア決済も使えなくなります。

 

自己破産でスマホが強制解約になるかどうかは滞納料金の額などによって判断が異なるので一概には言えませんが、仮に強制解約されても携帯ブラックになっていない限りは一括払いならスマホや携帯を購入することが可能です。

 

少し話は逸れましたが、携帯自体があれば審査のないキャリア決済は可能ですが、2か月間携帯料金の支払いが遅れるとキャリア決済は使えなくなります

NP後払い

NP後払いで通販

NP後払いは会員登録をすると通販ショップで利用できる後払い方法となります。
通販で買い物をする際に支払方法でNP後払いを選択すれば、商品と一緒に後払いの請求書が届きます。

 

請求書が届いたら請求書発行日から14日以内にコンビニや銀行、郵便局などで支払いをします。

 

これまで紹介してきた後払い方法よりも2週間と期間は短いですが、導入企業も41500社以上と増えていて手数料もなくポイントも貯まるお得な後払い方法です。

 

利用限度額は累計で54000円となっています。
NP後払いにも与信審査はありますが、クレジット会社やローン会社のように個人信用情報機関とは連携していないので自己破産など債務整理後でも利用できます。

 

この記事ではNP後払いを紹介しましたが、その他にもショッピングサイトなどによって異なる後払いサービスが利用できる場合もあります。後払い.comなど。

 

NP後払いの会員登録はこちら


自己破産中など債務整理手続き中の後払いは注意!

債務整理中の後払いはNG

今回は自己破産など、債務整理をした後でも利用できる後払い決済方法を紹介してきましたが、もしあなたが現在も債務整理の手続き中の場合の後払いには注意が必要です。

 

債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、現在持っているクレジットカードなどは使用しないように指示されます。後払いに関しても同じです。

 

例えば、自己破産の手続き中にキャリア決済で高額な買い物をすると、その立替金は自己破産手続きに入れなければならず、携帯電話会社も債権者に入れなければいけないとなってしまう可能性が高いです。

 

自己破産をする場合、毎月の携帯料金の領収書なども裁判所で提出するので数千円程度であればスルーされる可能性もありますが、数万円となると裁判所から指摘されてキャリア決済の後払いが発覚してしまうことになります。
すると、今の携帯電話が使えなくなる可能性が高いです。

 

他の後払い決済も同じです。

 

債務整理後でも利用できる審査がない、もしくは緩い後払い方法を紹介していますが、上記の例えのようにそのサービスを債務整理手続きに巻き込んでしまった場合は利用できなくなる可能性が大です。

 

なので債務整理の手続き中は後払いも我慢して現金主義を貫くのがおすすめです。

 

【関連記事】
債務整理する前提で借金をしてもいいのか?

 

 


たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓

東京ミネルヴァ法律事務所


参考記事:東京ミネルヴァ法律事務所の借金無料診断の流れと口コミ評判

 

関連ページ

債務整理の種類と自分にとって最適な手続きが知りたいならこちら
借金問題を解決するために有効な債務整理ですが、その方法は大きく分けて3つの種類があります。この記事では債務整理の3つの種類とそれぞれのメリットデメリット、どの方法を選ぶのが自分でとってベストなのかを調べる方法について紹介しています。
債務整理をする前提で借金をしてもいいのか?
債務整理をするという前提のもとで借金(新たな借り入れ)をすることは可能なのでしょうか?
借金滞納を債務整理で解決!これが私の債務整理体験談
借金の滞納を債務整理で解決した方の債務整理体験談を紹介しています。実際に債務整理を体験した方の体験談は、気を付けるべき点や、債務整理後のイメージがわかるのでとても参考になると思います。借金を滞納して一括請求の通知が届いてしまい債務整理を検討している方は参考にしてくださいね。
滞納した税金も債務整理で減額できる?税金の時効は?
債務整理を考えている時に金融機関からの借金だけではなく、税金やその延滞金を滞納している方も多いのではないでしょうか?この記事では税金を滞納している場合に債務整理をしたらどのような影響があるのか?税金に消滅時効はあるのか?について紹介しています。
誰にもバレずに債務整理をする方法について考えてみた
借金問題を家族や周りの人など誰にも知られたくないという人にとって誰にもバレずに債務整理をすることができるかどうかはとても重要な問題なので調べてまとめてみました。
債務整理後の借り入れやローンは可能?できない場合の対処法
債務整理後に借り入れやローンを組みたいと考えている人は多いと思います。この記事では債務整理後に借り入れやローンはいつからできるのか?や、まだ借り入れができない時期にお金が必要になった時の借り入れ先について紹介しています。
過去に延滞や遅延損害金が発生している場合の債務整理の注意点
過去に借金の利息を延滞したり、それによって遅延損害金が発生したりといった返済トラブルがあると債務整理をする時にはどのような影響が生じてくるのでしょうか?
債務整理開始は相手に伝えるべき?受任通知が届くまでに取り立てがあったらどうする?
債務整理を決心した時に借金相手に対して債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?また債務整理を法律家に依頼した時の受任通知が届くまでの期間やその間に取り立てがあった場合の対処法を紹介しています。
持ち家を残して債務整理をするなら住宅ローンの有無や資産価値が大事
持ち家を残した状態で債務整理によって借金を減額することはできるのでしょうか?答えは可能ですが、自宅を残して債務整理をする場合は注意しないと最終的には手放さなければいけない状況に陥ってしまう可能性もあります。
債務整理をした後に借金を滞納したらどうなる?
債務整理の手続きで、借金を減額したにもかかわらず返済できずに滞納してしまった場合、どのような状況に陥ってしまうか?について紹介しています。
債務整理の弁護士費用の相場と評判の良い法律事務所3選
借金問題の解決のために債務整理を検討中の方に、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを依頼する際にかかる費用の相場と、評判良く債務整理案件の実績がある法律事務所を3つ選んでみたので参考にしてください。
債務整理での退職金の扱いはどうなる?退職金証明書をさりげなく請求するには?
債務整理を行った場合、あなたの退職金にはどのような影響がでるのでしょうか?債務整理における退職金の扱いと、必要になる退職金証明書を誰にもバレずに請求する言い訳についても考えてみたので参考にしてください。
公務員が債務整理をする際のポイント@住宅ローンや共済借入に注意!
公務員の方が債務整理をする際に、注意すべきポイントについて紹介しています。職場にバレるリスクや、債務整理をした場合のその後の生活への影響が気になる方はこの記事を参考にしてくださいね。