任意整理 返済方法

任意整理後の返済方法は3年〜5年の分割払い

任意整理をすると、遅延損害金のカット・将来利息のカット、過払い金が発生している場合は過払い金請求をしてその後残った借金を一括払い、もしくは分割払いで支払っていきます。ただ現実的に考えると任意整理をする状況では一括払いができない方がほとんどです。金融機関からの借り入れができないので親や友人などから借りるしかないでしょう。

 

 

また任意整理によって将来利息がカットされているので一括払いにメリットはほぼありません。唯一考えられるのは、毎月分割払いで支払って行く際の振込手数料がかからないことぐらいです。

 

 

なので一般的には任意整理後の返済方法としては3年〜5年の分割払いとなります。支払い期間に関しては3年で計算されるパターンが多く、最長でも5年と言われています。

 

 

任意整理自体は債権者との直接交渉なので債権者からのOKが出れば5年を超える返済期間もあり得ますが、通常は5年を超える返済期間だと和解してくれない債権者が多いので最長でも5年、基本的には3年の返済期間で借金を完済していくことになるでしょう。
【参考記事】
任意整理ができないのはこんなケース!


任意整理後の返済額はどうやって決まる?

任意整理後の返済額は収入から無理のない範囲で決めていくことになります。
返済期間が3年〜5年なのでその期間内で完済できて、尚且つ生活に支障が出ない範囲で返済額を決めるケースが多いです。

 

なので返済期間と返済額を考えると任意整理は200万円程度までの借金の整理に適しています。
例えば借金が200万円の場合だと支払額は以下の目安となります。

 

・3年で返済⇒月々約55000円
・5年で返済⇒月々約33000円

 

もちろん収入にもよりますが、これ以上月々の返済額が上がってしまうと生活に支障が出てしまう人が多いのではないでしょうか?

 

返済額は自分の収入から弁護士や司法書士のアドバイスをもらって決定しましょう。

 

▼さっそく債務整理の無料診断▼

【東京ミネルヴァ法律事務所】借金問題・過払い金返還請求

任意整理の返済で、支払い方法はどうなる?

任意整理後の返済が始まるのは和解後です。
一般的に弁護士や司法書士に任意整理を依頼すると、3ヶ月〜6ヶ月程度で和解となります。

 

なので和解後の支払いは半年後ぐらいからをイメージしておくといいでしょう。
それまでの間は弁護士や司法書士に依頼していれば受任通知が債権者に送られているので借金の取り立てや催促はもちろん、返済の義務もストップしています。

 

しかし、多くの人はこの借金の支払いがストップしている期間にも法律事務所が指定した口座にいくらかのお金を入金して積み立てておき、弁護士・司法書士の報酬を支払い、残ったお金を和解後の返済に充てるケースが多いです。

 

 

任意整理で和解した後の支払い方法は2つのパターンがあります。

 

@自分で各債権者に毎月決まった日にちに振り込み
A法律事務所が指定した口座に入金して法律事務所が各債権者に振り込み(代行弁済)

 

 

Aの代行弁済はオプションになるので、依頼した法律事務所によっては対応してくれない場合もあります。その場合は自分で各債権者に振り込みをすることになります。

 

債権者数が多くなければそんなに負担にはなりませんが、多くなって返済日も異なるとその度に銀行に足を運んで振込をするのは結構手間になるんですよね。

 

代行弁済はうっかりによる遅延の心配もなく、支払いが厳しい場合でも法律事務所が債権者の対応をしてくれるので楽ではありますが、費用がかかります。

 

大抵1社あたりの料金となっていることが多く、自分で振り込む場合の振込手数料よりも高いケースが多いです。
債権者数が多いと返済期間で計算した時に代行弁済の費用が数万円になってしまう可能性もあるのでどのように支払いを行うか?は慎重に考えたほうがいいでしょう。

 

代行弁済を行っている法律事務所ですと、アヴァンス法務事務所が任意整理の費用も安く、受任件数も多いです。

 

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓

東京ミネルヴァ法律事務所


参考記事:東京ミネルヴァ法律事務所の借金無料診断の流れと口コミ評判

 
トップへ戻る