無職 借金 返済できない

MENU

無職で借金100万円!!返済できずに途方に暮れる

無職だと一般的にお金を借りることはできないと思われがちですが、
無職なのに借金を背負ってしまうことは十分に考えられます。

 

例えば、家賃の支払いや携帯の支払いも借金になりますし、こちらの記事で紹介している後払い可能なプリペイドカードなら2万円ぐらいなら借金ができます。

 

 

また借金を抱えている状態のままリストラで無職になってしまうこともあるでしょう。
実は管理人自身、過去に無職で借金150万円を抱えたことがあります。

 

状況としては、ギャンブルや生活費などで元々70万円の借金があったのですが職場に嫌気がさして勢いで会社を辞めてしまいどうしようもなくなって、ちょうど住んでいたアパートの更新期限。

 

お金がないので仕方なく実家に引っ越すことになったのですがギリギリ過ぎて家具などを運び出す余裕がなかったので不用品回収に依頼したら15万円の支払いになり、さらに手荷物だけ持ってレンタカーで実家に帰る途中で軽く事故っただけなのにレンタカーを借りる際に勧められる1000円程度の保険をケチったおかげで10万円の支払い・・・。

 

その他のちょっとした出費も合わせて借金100万円、無職の出来上がりです。

 

無職の時にお世話になった金融会社のカード

 

この後さらに親から50万円借金して総額150万円の借金を無職で背負いました

 

今でこそ無職でもなければ借金も返済が完了していますが、当時の状況を思い出すだけでも「よくあの状況から立ち直ったな〜。」と自分で関心してしまうぐらいです。

 

この記事では無職でも借金地獄から立ち直る方法を当時の自分が考えていたことも踏まえながら紹介していきたいと思います。

無職で借金を返済しないままでいたら強制執行!

まずは無職で収入がない状態で返済しないでいたらどうなるか?を考えました。
当たり前ですが、返済の遅延が続けば信用情報に事故情報が記載されます。

 

 

いわゆるブラックリストに載ると呼ばれる状態で数年間は借金はもちろん、クレジットカードの作成や携帯電話の契約ができなくなってしまう可能性もあります。

 

それでも返済しないでいると内容証明で督促状が届いたり、裁判所から支払督促が届きます。
最終的には強制執行によって銀行口座にある預貯金や給与の差し押さえとなります。

 

無職でお金がなければ関係ないかもしれませんが、その後数年間は強制執行できる権利がなくならないので就職したり、銀行口座にお金が入った時に差し押さえされる可能性があります。

 

「何が起こっても構わない!10年ぐらいなら逃げ切れるからとにかく払いたくない。」
このような自信がある場合はそのまま放置してしまってもいいかもしれません。

 

ちなみに自分の場合はそうではなかったし、実家に戻ったことで親に借金がバレることすら嫌だったのでとにかく解決する方法を必死に考えました。

無職で借金を返済する方法を必死に考えた

借金を返済する方法を本気で考える

無職で借金を返済するためにはいくつかの方法があります。
どれを選択するか?はそれぞれの状況によって違うと思いますが、当時の自分が考えていた方法をすべて紹介したいと思います。

親に借金を立て替えて返済する

まず考えたのが親に借金を立て替えてもらう方法です。
これは別に親じゃなくても兄弟・友達・仕事仲間でもなんでもいいと思います。

 

とにかく貸金業者から借金をすると利子が勿体ないのと、万が一返済が厳しい場合でも親や知り合いなら頼みこめば返済の猶予を貰える可能性が高いからです。

 

とりあえず立て替えてもらうことによって心に少しだけでも余裕が生まれるでしょう。
ただ当たり前ですが無職だろうがなんだろうが返済できなければお金よりも大事な信用を失います。

お金を稼いで返済する

当たり前の話ですが収入がなければ借金の返済はできません。
アルバイトでも日雇いでもなんでもいいので無職・無収入の状態から抜け出すことです。

 

ちなみに自分はもう就職したり、会社勤めが嫌だったので唯一持っていた高級時計を買取店に売ってその資金30万円で実家で自営業を始めました。

生活保護を受ける

親族に頼ることができない、そもそも働くこともできない、失業手当もないといった状態の無職であれば生活を立て直すために生活保護を検討してみてはいかがでしょうか?

@援助してくれる3親等以内の身内がいない
A貯金や車などの資産がない
B病気や怪我で働くことができない
C年金や児童手当をもらっても収入が最低生活費を下回っている

上記の@〜Cまでの条件に当てはまっている場合は生活保護を受けられる可能性があります。
生活保護の申請はあなたが住んでいる地域の福祉事務所で行えます。

 

下記の厚生労働省のサイトで最寄の福祉事務所を探すことができますが、検索で「市区町村名+福祉事務所」で検索をすればすぐに出てくるでしょう。

 

参考:厚生労働省「生活保護と福祉一般:福祉事務所一覧」

債務整理で借金を減らす

無職で借金地獄から抜け出す一番の近道は債務整理です。
債務整理は法的な借金減額の手続きでいくつか種類がありますが、無職の人が行う一般的な手続きは自己破産の手続きです。
(その他の手続きは収入が見込めなければ弁護士が引き受けてくれないため)

 

【関連記事】
債務整理の手続きの種類とそれぞれのメリットデメリット

 

自己破産が裁判所に認められればその瞬間に借金は0円になります。
その他、過払い金が発生している場合は残りの借金と相殺したりもできます。

 

もちろん債務整理ができないケースもあるのでまずは無料のシミュレーションや無料診断などを利用して債務整理が可能か?借金はいくら減るのか?を調べてみることをおすすめします。

 

参考:債務整理の無料診断や相談ができるサイト

 

もし債務整理ができそうならば費用の分割ができる弁護士事務所を探したり、法テラスの立て替え制度を利用してなるべく安く債務整理をしましょう。

 

ちなみに生活保護を受けることができた場合は、法テラスを利用して自己破産をすると債務整理費用の支払いは一切必要なくなります


無職で借金100万円を返済した時の体験談

自分自身が無職で借金100万円を返済しなければならない時に思い浮かんだ方法が上記で挙げた4つの方法でした。

 

で、結局どうやって無職で借金100万円を返済していったか?という話をしましょう。

 

まず親に頭を下げてとりあえず50万円程立て替えてもらいました。
理由はそれしかなかったからです。

 

文中に時計を売って自営業を始めたとありますが、当然すぐに軌道に乗るわけはないとわかっていたのでとりあえず先に親に頼みこみました。
結果借金の総額は150万円となりました。

 

 

最初は生活保護や債務整理を考えましたが、その時の自分の状況は27歳ぐらいでピンピンしていてさらに実家暮らしで家族の援助を受けていたので当然生活保護を受給できるはずもなく。

 

 

債務整理は結構本気で考えて、無料のシミュレーションまでやってみたのですが、「万が一自営業が上手く行かなかったらその時に債務整理したほうがいいんじゃないか?」という思考が働き、その当時は踏み止まりました。

 

 

踏み止まったというよりは、将来の保険として残しておいたのほうが正しいかもしれません。

 

無職で150万円の状態からスタートした自営業でしたが、やはり実家に住めたことが大きくて生活費は一切かからなかったので入ってきたお金は経費以外は全て返済に回して5ヶ月程で150万円の返済が完了しました

 

無職から5ヶ月で借金の完済に成功

 

最初の1ヶ月ぐらいは生きた心地がしなかったですが、債務整理の保険が少しだけ精神に安定をもたらしてくれていたと思います。

 

それと、始めに親に頭を下げて借りておいたのも良かったと思っています。
貸金業者からの催促の電話や通知で借金がバレてから借りるよりも先に借りたおかげで返済にも余裕ができて最終的に貸金業者の借金の存在は知られずに済みました。

 

アドバイスなんて偉そうなことは言えませんが、もしあなたが無職でこれから借金の返済をしていかないといけない状況だったら何事も早め早めに対策を講じておくことをオススメします。

 

 

もう無理!限界!」と感じたら債務整理で復活しましょう!

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓

東京ミネルヴァ法律事務所


参考記事:東京ミネルヴァ法律事務所の借金無料診断の流れと口コミ評判