個人民事再生 資産

個人民事再生は資産を残せるの?

個人民事再生をすると資産はどうなってしまうのでしょうか?
一般的に資産を処分しなければいけない手続きに自己破産があります。

 

自己破産の手続きを行うと一つ20万円を超える資産を残すことができなくなります。
住宅や預貯金はもちろん、時価20万円以上の車や生命保険の解約金も資産です。

 

では、個人民事再生の場合はどうでしょうか?
個人民事再生は自己破産に比べるとより多くの資産を残すことができる手続きです。

 

これも個人民事再生のメリットと言えるでしょう。
個人民事再生は自己破産と違って借金をチャラにするわけではなく一部の債務は
弁済しなければならないのでそういった点から資産に関しては自己破産より有利と言えます。

 

個人民事再生を行っても残せる資産は返済額までとなります。
例えば、個人民事再生を行った結果借金の返済額が100万円に減額できたとします。

 

その場合は100万円までの資産に関しては処分せずに済みます。
ただし、自己破産のように一つではなく資産の合計金額となります。

 

このケースですと合計100万円以内の資産であれば残せるということですね。

 

もし資産が返済額を上回ってしまったらどうすればいいのでしょうか?
稀なケースかもしれませんが、上記のケースで考えると100万円以上の資産がある場合です。

 

このような場合には資産額に返済額を合わせるという方法が一般的です。
例えば150万円の資産がある場合、仮に個人民事再生を行って借金を100万円に
減額できるとしてもそれはせず、返済額を150万円に設定するということです。

 

借金の減額には限界がありますが、多く返済額を設定することは自由です。
そうすることで上記のケースであれば150万円の資産を残すことができます。

 

ちなみに資産の例として自動車を挙げていますが、自動車の場合はローンを
すでに完済していなければ残すことはできず、ローンがまだ残っている場合は
その車の時価に関わらずローン会社に車を没収されてしまいます。

 

 

住宅に関してはローン支払い中であっても住宅ローン条項付の再生計画が
認可されればローンを払い続けながら借金を減額することが可能です。

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓

東京ミネルヴァ法律事務所


参考記事:東京ミネルヴァ法律事務所の借金無料診断の流れと口コミ評判

 
トップへ戻る