個人再生 信用情報

個人再生をした際の信用情報への影響

個人再生を行うと借金を大幅に圧縮することができるというメリットがある反面、
金融機関が参照することができる個人情報(信用情報)のデータベースに事故情報が
記載されてしまうというデメリットがあります。

 

 

一般的に言われているブラックリストへの登録です。
個人再生をしてから信用情報に事故情報が登録されるのは和解をした時からです。

 

 

信用情報に事故情報が登録されると、クレジットカードが作れなくなったり、
住宅ローンや自動車ローンを組むことができなくなってしまいます。

 

 

簡単に言えば、借金をするという行為自体ができなくなってしまうということですね。
そこで気になるのはこのデメリットがいつまで続くのか?ということでしょう。

 

 

個人再生によって信用情報に事故情報が記載されてしまうのは仕方がないとしても
それがいつまでも続くのなら生活にも大きな影響が出てしまうことでしょう。

 

 

個人再生を含む任意整理によって信用情報に事故情報が記載される期間は目安としては
和解が成立してから5年経過するまでと言われています。

 

 

ですので個人再生をして、和解をしてから5年間は新たに借り入れをすることが
できないと思っておいたほうがいいでしょう。

 

 

よく、個人再生をして減額された借金を完済してから5年間と思っている人も多いようです。
個人再生の最長弁済期間(減額された借金を完済する期間)は原則としては3年、長くても5年と定められているので5年経過すれば借金はすでに残っていない状態となっています。
※場合によっては途中で返済が困難になった際に再生計画の延長が認められる場合もあります。

 

これは、個人再生後にきちんと借金返済を行ってきた場合となります。
例えば、個人再生の途中で再び返済の遅延や滞納があると再び信用情報には事故(異動)情報が登録されてしまいます。

 

 

まとめますと、個人再生によって信用情報への影響はありますが、和解から5年程度経過すれば
その情報は消え、ローンを組んだりクレジットカードを作ることが可能ということですね。

 

【参考記事】
自分がブラックかどうか確認する信用情報開示の方法!
個人再生をした後に返済できない状況に陥ったら?

 

もし、個人再生の手続きを行った後に住宅の購入や自動車の購入を考えている場合は、5年間は我慢して借金問題を解決し、その間に頭金などの貯蓄を行っておくと事故情報が消えた後に住宅ローンや自動車ローンを組む際に審査に通りやすいと言われています。

 

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓

東京ミネルヴァ法律事務所


参考記事:東京ミネルヴァ法律事務所の借金無料診断の流れと口コミ評判

 
トップへ戻る