借金の取り立てが苦痛に感じたら

借金の取り立てが苦痛に感じた時の対処法

借金の取り立てと聞くと、テレビドラマなんかのイメージからすれば、家の玄関に怖い人がやってきて払えなければ嫌がらせをされる。

 

このようなシーンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

 

ここまで強引なケースはないにしても勤務先への連絡なんかも不安になりますよね。

 

 

昔は日常茶飯事だったかもしれませんし、今でも裏では行われているのかもしれませんが、このような借金の取り立ては完全に違法になります。

 

ですので違法な借金の取り立てがあった場合はすぐに警察に相談しましょう。
貸金業法には、その第21条の「取り立て行為の規制」という項目があり、
私生活や仕事の妨げになってはいけないという決まりになっています。

 

違法な取り立てを行うのは闇金業者が多いです。

 

【参考記事】
闇金相談〜取り立てが厳しい闇金からの借金問題の対処法〜

 

ですので、正当な理由もなく、債務者の勤務先や自宅以外の場所に電話を
かけたり訪問することができないのです。

 

この正当な理由とはどんなことかと言いますと、返済期限が過ぎていて
債務者が故意に連絡を取らないようにしていることが考えられる場合などです。

 

簡単にいうとバックレている可能性があるケースですね。


現実的に考えうる借金の取り立て(催促)

では、実際に借金の返済期日が過ぎてしまった時にはどのような取り立てがあるのでしょうか?
これは貸金業者によって異なりますが、基本的にはまず電話がかかってきます

 

私も過去に借金をしていて、一度だけ返済期日を勘違いしていたことがあるのですが、
それはもうすぐに電話がかかってきました。

 

ただ普段から知らない番号は出ない主義だったのでとりあえずネットでその電話番号を
検索してみると当時借りていたプロミスからの電話だったことが判明しました。

 

その時の記憶だと登録していたのと違う番号だったので取り立て用の番号みたいなのが
あったような気がします。

 

で、その後すぐに入金に行って電話をしたらそれで大丈夫でした。
結構うっかりしていたという人も多いと思いますが、その場合はこれで取り立てなどはなくなります。

 

ここからは私自身経験したことがないので調べてみたことなのですが、
とにかく電話やメールがしばらく続き、自宅への手紙、自宅への電話となります。

 

ここでポイントとなるのは、もし仮に返済することができないとしても無視はダメです。
そうなると先程紹介した「正当な理由」によって勤務先などへの連絡もOKになってしまうからです。

 

また、最終的には自宅への訪問をする貸金業者もあるようです。
取り立てと聞くと暴力的なイメージが強いですが、合法的な消費者金融であれば、取り立てと言ってもそのようなことはなく、どちらかというと催促というイメージですかね。
私の知り合いの話ですが、マルイのカードのキャッシングで借りていたお金の返済口座を変更した際に引き落としができずに連絡も無視していたところ、カード作成時に登録していた実家の住所にスーツを着た2人組の人が訪問してきたそうです。
雰囲気などは悪くなかったので取り立てというよりも催促に来た感じだったそうですが、正当な貸金業者でも訪問するケースもあるということです。

 

 

もし返済がすでに滞っていて、支払える見込みもない場合は早めに弁護士に相談をして
債務整理などの手続きを済ませれば、取り立てはおろか、催促すらもなくなります。

 

ですので、返済日のうっかり忘れやちょっとした返済サイクルが乱れただけで
取り立てや催促の電話が来ているという場合はすぐに入金をするか、入金できる日を
相手に伝えれば解決することができます。

 

 

しかし、払えない借金が残っている場合は無駄に引き延ばしたり、連絡を無視したりせず、
弁護士や司法書士に債務整理の相談を行わなければ取り立てや催促を解決することはできません。
無視を続けていると支払督促が届き、それでも無視を続けると最終的には訴訟となります。

 

【参考記事】
支払督促が届いた時の対応はどうすればいい?

 

借金問題を解決するための無料相談と債務整理体験談

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓↓借金の無料相談&無料シミュレーションがコチラ↓↓

https://avance-law.com/


 
トップへ戻る