借金 滞納 返済できない

借金を滞納しているけど絶対に返済できない!

「借金が返済できないで滞納を続けている」
「返したいけど到底返済できる額の借金ではない」

 

借金を全額返済してもう一度やり直したいけど、今の生活や自分の収入では返済できない。
このようなジレンマを抱えている方は多いと思います。

 

 

しかし、借金を滞納していて返済ができない状況でも解決方法はあります。
一番やってはいけないのは、返済できないからといって滞納・放置を続けることです。
特にクレジットカードや消費者金融、信販会社などの借金は無視したり、放置したりすれば事態は悪化するばかりなので、できるだけ早く対処しなければいけません。事実、借金問題を解決した人のほとんどが「もっと早く対応しておけば良かった」と後悔しています。

 

 

そうは言っても返済できるアテもないからどうしようもないと思われるかもしれません。
しかし、「今の収入では返済できない」は貸金業者にとっては言い訳にしか過ぎません。
できないならできないなりの対応があるので、それをきちんとしていないと最悪の場合あなただけではなく家族や職場などに迷惑をかけてしまう可能性があります。

 

では、借金を返済できないとどうなるのでしょうか?
それぞれステップごとに解決方法と一緒に紹介していきたいと思います。


借金を返済できないとどうなる?

借金の返済ができず滞納を続けていたらどうなるのでしょうか?
5年経てば借金の時効と言われていますが、実際はそんなに甘いものではありません。

 

ではどうなるか?ステップごとに紹介していきましょう。

@催促の電話やメール(2,3日後)

まず、利息の支払日に借金の返済ができないと催促の電話やメール、郵便がやってきます。
このような督促は支払期限が2〜3日過ぎただけでも行われることがほとんどです。

 

・うっかり支払期限を忘れていただけで、すぐに振り込む
・返済の猶予をもらって決めた日に振り込む

 

上記のどちらかの対応をすれば、催促はなくなりますがここでも放置していれば次のステップに移ります。

 

A内容証明で借金の督促状が届く(1ヶ月〜3ヶ月後)

次に、どうなるか?といえば内容証明で登録した住所に督促状が送られてきます。
通常滞納を2ヶ月分以上続けると分割払いができなくなるので2ヶ月目以降に内容証明郵便で督促状が届いた段階から一括返済を請求されることになります。

 

この際の一括請求の金額には滞納していた借金にプラスして遅延損害金が毎日足されていきます。
この段階で分割返済の権利を失い、さらには本来払わなくていいはずの余計な借金が増えていきます。

 

すでに借金を滞納している状態なので一括請求されても返済できない状況の方がほとんどだと思います。
この段階での解決策は2つ。

 

・返済猶予をもらえればなんとか返せる場合は直接貸金業者と交渉
・どう考えても返済できない場合は弁護士に相談

 

この二つのどちらかしかありません。
ちなみに内容証明郵便が届いた段階で借金の時効は1度だけ6ヶ月延長されます。

 

それでも返済できないからと言って滞納を続けるとどうなるのか?
次のステップを見てみましょう。

 

B自宅への訪問(さらに1か月後)

内容証明を受け取り拒否、もしくは受け取ってもなんの連絡もなく借金を滞納していると、
貸金業者、もしくは債権回収会社(サービサー)が登録された住所まで訪問に来ます。
仮に登録されていた住所にはすでに住んでいなかったとしても現住所を調べるのは容易です。

 

取り立てには禁止行為がいくつかありますが、違法ではない貸金業者や債権回収会社は当然ルールを踏まえた上で取り立て行為を行ってきます。

 

例えば、むやみに勤務先に連絡をしたり、借り手の情報を知らせてはいけないとありますが、音信不通になっていることを理由に訪問し、「何の御用ですか?」などと相手に言わせれば、後々「聞かれたから答えただけ」という言い訳が生まれます。

 

もし、家族や恋人と同居している場合、迷惑をかけるかはまた別の話ですが、少なくとも借金がバレてしまいます。

 

C支払督促(内容証明郵便から6ヶ月以内)

自宅への訪問があっても返済せずに放置・滞納を続けていると今度は簡易裁判所から特別送達という形で支払督促状が送られてきます。

 

この段階になると債務整理をしない限りは裁判は不可避な状況と言えます。
個人間の借金の場合は言い分の違いなど多少争う余地はあるかもしれませんが、貸金業者との裁判は単なる負け戦となります。

 

しかし、負け戦だからとここでも何も対応せずに放置していれば、最終的には相手の言い分がすべて通ることになるのでそこまでの遅延損害金も含めて請求され、返済できないと預金の差し押さえ、財産の差し押さえ、給与の差し押さえとなります。

 

支払督促が届いた場合の対応は限られていますが、解決策もあります。

 

【参考記事】
支払督促が届いた際の対処法と借金の解決策

 

さらに裁判で判決が確定した段階から借金の時効は10年に延長されます。
債務名義も押さえられているのでその先10年間は強制執行がいつでも行われます。

 

借金を滞納し続け返済できないとどうなるか?と言えば最終的にはこのようになります。
ここまで来るとまともな生活はほぼ不可能と言えるでしょう。

 

その過程で返済しなければいけない借金は増え続け、場合によっては家族や職場に迷惑をかけてしまうことになるかもしれません。

 

そうなる前に早めに対策をしなければいけません。


借金を滞納し続け返済不能・・・解決方法は?

このように借金が返済できないからといって滞納を続けていてもメリットは何一つありません。
今こうしている間にも借金は増え続けているのです。

 

なるべく早く滞納している状態を解消しなければいけません。
まず何をするべきか?は放置しているのならすぐにでも債権者に連絡を取りましょう。

 

債権者からしてもなるべく裁判は避けたいと思っているので自分で交渉しても、
返済期限の延長なら交渉に応じてもらえる可能性も十分にあります。

 

もし返済の猶予をもらえたらその間に生活を立て直しましょう。
すでにどう考えても返済できない場合の借金の解決方法は債務整理しかありません。
債務整理は借金を減額、もしくは0にできる国が認めている借金の解決方法です。

 

【参考記事】
生活に余裕を生むための現実的な借金の減らし方
債務整理の種類とそれぞれの手続きのメリットデメリット

 

特に家族や職場に迷惑をかけたくない、内緒にしたい場合はできるだけ早い段階で
債務整理の手続きを行わないと、その間に膨らんだ借金で債務整理の選択肢も狭まります。

 

現段階で返済できないほどの借金が債務整理をすればいくらまで減るのか?を知りたい方は
WEBで無料で利用できるシミュレーターがあるのでまずはそのサービスを利用して返済の
イメージを掴んでみてはいかがでしょうか?

 

チェック!>>債務整理後の減額された借金の返済プランを無料診断

 

すでに貸金業者からの催促や取り立てに精神的にまいっていて、早急に何とかしたい場合は直接弁護士に相談したほうが早いです。フリーダイヤルで相談できて、即日対応、困難な案件でも粘り強く交渉にあたってくれる債務整理の経験も豊富なそうや法律事務所に相談してみてはいかがでしょうか?

 

当サイトからの申し込み数NO1そうや法律事務所

 

・全国対応
・最短即日で返済、督促STOP
・相談は何度でも無料
・分割払い可能
・初期費用0円
フリーダイヤル

0120-825-036

(番号をタップで無料相談!365日24時間OK)


東京弁護士会所属 登録番号第47841号・第47975号
代表弁護士 松木勇作・町井敏亨

そうや法律事務所の借金問題無料相談はコチラ

 

同じ借金でも闇金からの借金の場合は弁護士事務所でも取り扱ってくれないケースが多いです。
闇金には闇金問題解決のプロがいますので、闇金からの借金で苦しんでいる方は以下の記事も参考にしてくださいね。

 

【参考記事】
取り立てが厳しい闇金からの借金の解決方法と相談先

 

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓↓借金の無料相談&無料シミュレーションがコチラ↓↓

https://avance-law.com/


 
トップへ戻る