親の借金 相続

親の借金は相続しないといけないのか?

自分で借金をしていない人でも急に借金問題が降りかかってくるケースもあります。
その一つのケースとして親の借金を相続するというパターンです。

 

では、自分が借りたのではない親の借金は絶対に払わなければいけないのでしょうか?
簡単に言えばこのような場合に借金を相続したくないという時は相続が開始した時、
もしくは自分が相続人になった事を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所で相続の放棄の
手続きをすればあなたに借金を払う義務はなくなります。

 

なのでもし自分の親が借金だけを残して亡くなったような時は迷わずに相続放棄をしたほうがいいでしょう。
ただし、借金があっても例えば長年金融機関からお金を借りていて過払い金が発生していて
引き直し計算をするとお金が戻ってくるようなケースも考えられます。

 

そこで、借金があった場合にはまず金額もそうですが返済内容などもハッキリさせておいたほうがいいでしょう。
特に自分した借金ではないのでその内容がどうなっているのか?というのはわかりずらいこともあるので
そういう時は専門家に依頼して調べてもらうのも一つの選択です。

 

借金の相続に関していうとあと二つほどパターンがあって
借金もあるが財産も残っていて財産の価値のほうが高い場合、
借金も財産もあるが借金の残債のほうが上回ってしまう場合が考えられます。

 

どちらのパターンでも言えることは財産だけを相続して借金は相続しないというような都合のいいことはできないということです。
借金は放棄するけど持ち家はそのまま相続することはできないということです。

 

また、最近はありもしない借金を公共機関などの名前を勝手に使って請求してくるような悪徳な詐欺も
あるようなので財産や借金については亡くなった際にハッキリさせておくことが大切です。

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓

東京ミネルヴァ法律事務所


参考記事:東京ミネルヴァ法律事務所の借金無料診断の流れと口コミ評判

 
トップへ戻る