自分がブラックかどうか

自分がブラックかわかる調べ方!個人信用情報の照会方法について

自分がブラックかどうか?気になる人は多いと思います。
ブラックというのは個人信用情報に事故情報が記載されているかどうかということです。

 

もしブラックであれば住宅ローンの審査に通らない、クレジットカードが作れないというデメリットが生じてしまいます。

 

当サイトの借金問題で言えば、債務整理後に一定期間が経過し、そろそろクレジットカードを作りたい住宅ローンが組みたいという時に自分がブラックかどうか?事故情報がまだ残っているかどうか知りたいという人が多いと思います。

 

この記事では、自分がブラックかどうか調べるための個人信用情報の照会方法について紹介しているので、ブラックかどうか確認したい方は参考にしてくださいね。

 

個人信用情報機関とそれぞれの照会方法について

個人信用情報に登録されるタイミングはクレジットカードやキャッシング、カードローンやショッピングローンなどに申し込みをした段階です。なので事故情報がなくとも信用情報には登録されることになります。

信用情報機関としては以下の3つの機関があります。

 

シーアイシー【CIC】信販会社・クレジットカード系
株式会社日本信用情報機構【JICC】消費者金融系
全国銀行個人信用情報センター【KSC】銀行・奨学金系

 

以前はこの3つの信用情報機関は、事故情報や延滞情報に限って言えば相互で情報を共有できるようになっているので、3つのうちのどこかに事故情報があれば、クレジットカードの申し込みした段階でその事実が判明することになっていましたが、現在KSCは相互での情報共有をやめています。

 

CICでブラックになったけどJICCなら大丈夫ということはありません。

 

ちなみに、CICJ・ICCの自己破産時の事故情報登録期間は5年、KSCの事故情報登録期間は10年と言われていますが、この期間を超えても削除されずブラックのままだったり、その期間未満でも自己情報が削除されることがあるなど絶対がないので、自分かブラックかどうか気になる方は実際に個人信用情報に照会することをおすすめします。

 

個人信用情報の照会方法は3つあります。
窓口開示と郵送開示、インターネット開示です。
窓口開示を前提としているので郵送開示は手数料が高くなります。
それぞれの信用情報機関の照会方法と手数料は以下の通りです。(本人が行う場合)

 

照会方法

インターネット開示

郵送開示

窓口開示

CIC

1000円

1000円

500円

JICC

×

1000円

500円

KSC

×

1000円

500円

※信用情報機関の名前リンクをクリックすると本人開示の手続きのページに飛んで必要書類や申込書、具体的な方法を確認することができます。

 

郵送の場合は現金ではなく、郵便局で購入できる定額小為替で支払います。

 

例えば、クレジットカードで自分がブラックかどうかを確認したい場合はCICへの情報照会だけでも十分かもしれませんが、以下のことを考えると全ての信用情報機関への照会をオススメします。

 

・自己破産や個人再生は全ての信用情報機関に事故情報が登録される
・事故情報は信用情報機関で共有される
・事故情報の削除は経過期間で絶対ではない

 

とは言っても、全ての個人信用情報を照会するとなると郵送開示の場合はそれだけで郵便費用も考えると3000円弱のお金がかかります。さすがにそれは勿体ないと感じる人も多いでしょう。

 

あえて信用情報を照会せずにクレジットカードやローンの申し込みをする手もありますが、クレジットカードの場合は短期間で複数申し込みをするとその情報も審査の際に信用情報として見られるので印象が悪くなり審査に落ちる原因となるのでデメリットが大きいかなと思います。

 

 

これはあくまでも目安ですが、クレジットカードの申し込みは半年で3枚が限界と言われています。また、審査に落ちたという情報も今後のキャッシングや住宅ローンに悪影響になります。

 

 

非常に稀なケースですが、例えば同姓同名の方の事故情報が間違ってあなたの信用情報に登録されていたり、勝手にあなたの名義でクレジットカードが作成されていて悪用され事故情報が記載されていたり、自分が意図しない形でブラックリストに登録されてしまうケースもあります。当然その情報が間違っていれば信用情報機関に連絡をすれば訂正してもらえるので、急にクレジットカードが作れなくなったり、キャッシングができなくなったりしたら信用情報を照会して自分がブラックかどうか確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

手数料こそかかりますが、CICのインターネット開示手続きならパソコン・スマホスマホからも申し込みできて最短即日で個人信用情報が確認できます。信用情報を開示する際には、「信用情報開示申込書(ネットでダウンロード可能)」「手数料」「本人確認資料」の3つが必要になります。

 

 

原則は本人開示となりますが、法定代理人(弁護士)による開示請求も可能です。
アヴァンス行政書士法人を始め、いくつかの法律事務所が信用情報開示請求を代理してくれますが、上記のような簡単な手続きなのでわざわざ弁護士・司法書士にお金を払ってまで依頼するなら自分で確認したほうがいいでしょう。

 

【参考記事】
おまとめローンの審査に通らない!審査基準や対処法は?
借金完済前の過払い金請求はブラックリストになる?

自分がブラックかどうかはどこで確認するの?

ちなみにブラックリストに登録される事故情報としては「延滞」「債務整理」「強制解約」があります。
では、照会した信用情報のどこを見れば自分がブラックかどうかがわかるのでしょうか?

 

 

ブラックと言っても書面が真っ黒になっているわけでもなければわかりやすく「ブラック」と記載されているわけではありません。
CICの信用情報を例に挙げて説明すると、個人信用情報を照会したらまずは≪お支払状況≫の項目の26番「返済状況」の部分を確認しましょう。

 

 

返済状況の欄に「異動」と記載されていて、その下に(異動発生日)が記載されていたらこれがいわゆるブラックリストに登録された状態で事故情報が記載されていることとイコールになります。クレジット情報はカードの枚数分だけあって、その中の一つでも異動情報が記載されていると、日本のすべてのクレジットカード会社はその情報を審査の際に閲覧することになるのでいわゆるブラックリスト入りと呼ばれる状態になるわけです。

 

※異動情報として登録されるのは61日、もしくは3ヶ月以上の滞納があった場合で返済が1日遅れてしまったといった状況では異動情報が登録される可能性は低いですが、短くても何度も延滞を繰り返していると異動情報として登録される場合もあります。例えば銀行から住宅ローンを借りる場合は審査基準の一つに延滞は〇回以上はダメといったNG基準があったりするので気を付けたほうがいいです。

 

異動情報が消されていわゆる喪明けと呼ばれる状態となるのは異動発生日ではなく延滞の場合であれば延滞の状態が解消されてから5年程度となります。

自分がブラックかどうか無料で確認する方法とは?

・信用情報照会はお金がかかる
・クレジットカード申し込みはリスクが高い

 

ではどうやって自分かブラックかどうか確認するかというと、
キャッシングやカードローン、クレジットカードの仮審査を受けるという方法があります。

仮審査は通常の申し込みとは異なるのでもし本審査と違って落ちたとしても情報は残りません。

 

キャッシングやカードローンは更なる借金問題の始まりにもなりかねないので以前に借金問題を抱えていてブラックかどうか知りたい方はクレジットカードの仮審査がオススメです。

 

クレジットカードで仮審査を行っているのはアコムが発行するACマスターカードのみです。3秒診断で判明するので自分がブラックかどうか確認してみたい方は使ってみてはいかがでしょうか?もちろん、必要であればそのままクレジットカードを発行してもらいましょう。

個人信用情報を照会するとデメリットになる?

個人信用情報を照会するとデメリットになるという話もあるようですが、他人の信用情報を勝手に照会するならまだしも、自分の情報を照会してデメリットがあるなんてにわかには信じがたい話です。

 

 

調べてみると確かに個人信用情報を照会すると、照会したという履歴は残りますが、それが例えばローンの審査やカードの審査の際に不利になるということはありません。しかし、先程も説明したようにクレジットカードに申し込んでその合否で自分がブラックかどうか確認しようとした場合に審査に落ちるとその情報が記載され、デメリットになる可能性はあります。(仮審査なら大丈夫)

 

 

自分で行う信用情報照会でデメリットとなることをあえて言うなら手数料分のお金がかかるというのがデメリットですね。全ての信用情報機関に開示請求をするケースはないと思いますが、仮に全ての信用情報機関に開示請求したら3000円以上のコストがかかりますからね。なので自分がブラックかどうか確認したいけど費用が勿体ないのでそのままクレジットカードを申し込んで審査に落ちてしまう人も多いのが現状です。審査に落ちているのに何度も申し込むとその行為自体がブラックになってしまうのでその意味ではデメリットと言えるかもしれませんね。

 

 

債務整理を行った場合はブラックになっている可能性が高いですが、いつからクレジットカードが持てるようになるのか?住宅ローンを組めるのか?といった具体的な時期を知るためにはいきなりカードやローンの審査に申し込むよりも、信用情報を照会して自分がブラックかどうか調べるのが一番手っ取り早くデメリットがない方法と言えるでしょう。
もし自分がブラックかどうかを確認してブラックだった場合でも落ち込む心配はありません。
ブラックだった場合はクレジットカードは作れなくなりますが、プリペイドカードを作成することは可能です。
プリペイドカードと言えば、事前にチャージが必要で「入金した分だけ使える」イメージを持っている人も多いかもしれませんが、最近はプリペイドアプリなどで後払いが可能なプリペイドカードもあるのでクレジットカードと同じように利用することもできます。

 

【参考記事】
自己破産後のブラックでもOK!便利なプリペイドカード&アプリ特集

 

 

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓↓借金の無料相談&無料シミュレーションがコチラ↓↓

https://avance-law.com/


 
トップへ戻る