自己破産 予納金

MENU

自己破産で必要になる予納金とは?いくら必要なの?

自己破産の予納金とは?

自己破産をする際には、裁判所に納めなければいけない予納金が必要になります。
最初に前置きをしておきますが、この予納金として納める金額は一律で決まっているわけではなく、自己破産が「少額管財」or「同時廃止」として扱われるか?や手続きをする裁判所によっても違ってきます。

 

少額管財・・・99万円以上の現金や20万円以上の資産を持っている場合の手続き
同時廃止・・・破産者がめぼしい財産を持っていない場合の手続き

 

予納金とは、破産手続きに関わる様々な費用を支払うために最低限必要な手続き費用です。
主に「手数料」「官報広告費」「郵便切手代」「※引継予納金」をまとめて予納金と言います。

 

引継予納金が必要なのは自己破産が少額管財事件となった場合のみ。

 

 

同時廃止事件の場合の予納金は「手数料」「官報広告費」「郵便切手代」だけなので2万円程度です。
例:東京地方裁判所 16184円 大阪地方裁判所 17084円

 

郵便切手代によって多少の誤差はありますが、基本的にはどの裁判所でも2万円以内に収まるでしょう。

 

 

少額管財事件となった場合はさらに「引継予納金」が必要になります。
引継予納金とは、破産管財人(財産の調査や売却、債権者への分配を行う役職の人)に支払われる報酬で金額に関しては、東京地方裁判所の場合は最低20万円〜となっています。弁護士に依頼せずに破産申立てを行う場合は最低でも50万円の予納金が必要になります。

 

 

個人の自己破産の場合はそのほとんどが、同時廃止か少額管財となりますが仮に通常管財事件として扱われると予納金は最低50万円〜となります。

 

 

個人事業主や法人、自分で自己破産手続きを行うと通常管財事件になると思っておけばいいでしょう。


自己破産の予納金はいつ必要?払えない場合はどうする?

同時廃止であれば予納金はかかっても2万円程度なので支払うタイミングなどは気になりませんが、少額管財で20万円〜の予納金が発生するとなると、いつまでに払えばいいのか気になる人もいるでしょう。

 

 

自己破産の際の予納金は、裁判所への破産申立て後すぐに支払わなければいけません。
支払い方法も原則として一括で納めるように言われます。
弁護士に自己破産を依頼している場合は、破産申し立ての前までに弁護士に預ける形になります。

 

 

借金によって自己破産をしているのでいきなり予納金の最低20万円〜が準備できずに払えない場合も多いです。

 

 

その場合は予納金の分割払いの相談をすれば応じてくれる裁判所もあるのですが、長くても3回〜4回の分割払いとなって、予納金を払い終わるまでは自己破産の手続きは進められないといった運用をしている裁判所が多いです。ちなみに東京地方裁判所の場合は最長4回までの分割払いとなっています。

 

 

つまり、予納金の分割払いは可能だけど、手続きはなかなか進みません。

弁護士に自己破産の依頼をすれば予納金の積立が可能

自己破産の予納金の積立

自己破産で必要になる予納金が現段階で支払えない場合の方法として、積立をする方法もあります。
どのようにして行うか?というと、まず弁護士に債務整理の相談に行き自己破産を依頼します。

 

 

すると、弁護士から債権者に「受任通知」が送られます。
債権者に受任通知が送られると、催促や毎月の借金の返済が一時的にストップします。

 

【参考記事】
受任通知とは?債権者に受任通知が届くまでの期間について

 

毎月の返済や取り立てがなくなったら一時的にでも生活に余裕ができる人がほとんどだと思います。
その期間に弁護士が指定する口座に一定の金額を積み立てておいて、予納金などの費用が準備できたら自己破産の申立てを行うのが積立による予納金の支払い方法です。

 

 

この方法も自己破産の手続き完了までに時間はかかってしまいますが、その間は債権者からの取り立てや支払いがなくなるのである程度余裕を持って生活を送れるメリットがあります。積立期間は特に決まっていませんが、長くとも半年程度で積立を行うケースが多いです。

 

 

冒頭からも紹介しているように自己破産をする際には弁護士に依頼をしたほうがメリットが多いです。
同時廃止になるか?少額管財になるか?予納金が払えない場合の相談など、具体的に知りたい方は街角相談所-法律-の「借金減額シミュレーター」を使えば無料で相談に乗ってもらうことができます。

 

 


たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

自己破産のデメリット
自己破産を検討中の方は借金がチャラになるということの他に自己破産をすることによるデメリットについても目を向けておく必要があるでしょう。
自己破産は秘密にできるのか?
自己破産をしていることを知られてしまうとそれだけで信用されなくなる可能性も考えられるので自己破産を秘密にしたいと考える人も多いと思います。
さすがにずるい!?自己破産は2回繰り返すことはできるのか?
1度自己破産をしたにも関わらず再度借金をしてしまい、また債務超過の状態に陥った場合、2回目の自己破産を行うことはできるのでしょうか?
自己破産の費用について
自己破産をする時に必要になってくる費用についてわかりやすく説明しています。
自己破産に必要な免責とは?
自己破産をしたからと言って必ず借金が0になるというわけではありません。裁判所による免責が下りなければならず、場合によってはこの免責が下りないこともあるので自己破産前に免責というものがどのようなものかを確認しておきましょう。
自己破産すると車はどうなる?引き上げの時期や手元に残す方法について
自己破産をすることで車を売却したり、引き上げられたりしてしまうことがありますが、もし生活や仕事で車がどうしても必要な場合はどのように対処すればいいのでしょうか?引き上げられる時期や車の価値の計算について紹介しています。
自己破産と任意売却のタイミング、どちらが正しい?
自己破産を前提として任意売却を検討している場合、任意売却のタイミングとして自己破産の前に行うべきか、自己破産の後に行うべきか、それぞれのメリットと自己破産をしても住宅を残すことができる可能性についてのお話です。
自己破産で書く作文の雛形や記載例、書き方のコツについて
この記事では自己破産申立をする際に必要になる陳述書の作文の雛形や記載例、書き方のコツについて紹介しています。作文が書けないとなかなか手続きが進まない方は参考にしてくださいね。
自己破産の申立前に過払い金返還請求はできる?返還されたらどうなる?
自己破産の破産申立を行う際に過払い金返還請求はできるのでしょうか?また、もし過払い金が返還された場合に、その過払い金がどのような扱いになるのか?をわかりやすく解説しています。