借金減額シミュレーター(匿名OK!無料)


債務整理によって今の借金問題がどれぐらい楽になるか、調べてみませんか?
最短10秒で具体的な借金減額プランがわかります借金減額シミュレーター

自己破産後の車の扱いはどうなる?

自己破産をするかどうかの決断をする時、車の扱いがどうなるかによって
決断が左右されるという方はとても多いのではないかと思います。

 

贅沢品としての車であれば、手放したところで支障はないと思いますが、お住まいの地域や仕事によってはどうしても車が必要という方も多いでしょう。

 

自己破産をするにあたって車がどのように扱われることになるのかはいくつか基準があります。

 

@所有している車の財産価値

そもそも自己破産をする場合、20万円以上の価値がある資産に関しては処分をして現金にし、
債権者に分配することになっているのでこの場合は原則として処分となります。
この場合は査定をしてもらい、査定証を発行してもらいます。

 

A自動車ローンがまだ残っている場合

自動車ローンがまだ残っている場合でその名義が自分になっている場合、ローンを完済するまでは
車の所有権はローン会社が持っていることになるので自己破産をすることでローン会社が所有権に
基づいてその車を引き上げることになるので手元には残りません。
自己破産の場合、自動車ローンだけを残してこれまで通り支払いをするということはできません。

 

 

以上の二つのケースから自己破産後に車を残すことができるケースは
すでに自動車ローンを完済している財産価値20万円以下の車ということができます。

 

ですので基本的には車は処分しなければいけないというのが自己破産なのですが、
どうしても車が必要な場合に残すための対処法についても紹介しましょう。


仕事や生活でどうしても車が必要な場合は?

まず、仕事や生活でどうしても車が必要な場合ですが、仕事の場合はどんなに車が必要でも
所有が認められることはまずありません。

 

しかし、生活に関して言えば持病や要介護者がいたりして病院に行くために必要な場合には
車の所有が認められるケースもあります。

 

このようなケースはレアかと思います。

 

その他に自己破産後に車を所有するための対処法としては債権者の同意を得た上で
本人以外の第三者が代わって自動車ローンを払い、車を維持することも可能です。
(しかし、債権者と代理で返済をしてくれる第三者の同意を得るのはとても難しいでしょう。)

 

もしくは車を第三者に買い取ってもらい、それを借りるということも債権者の同意を得れば可能です。

 

他の債権者に無断で話を進めたり、急に名義変更をしたりすると、
自己破産の際の裁判所による免責が許可されない事態になってしまいます。

 

このように自己破産後に車を所有するということはかなりハードルが高いことです。

 

現実的に考えると、粘り強い交渉で債権者に車の必要性を訴えて納得してもらうか、
破産後に格安の中古車を購入するということになるでしょう。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

自己破産のデメリット
自己破産を検討中の方は借金がチャラになるということの他に自己破産をすることによるデメリットについても目を向けておく必要があるでしょう。
自己破産は秘密にできるのか?
自己破産をしていることを知られてしまうとそれだけで信用されなくなる可能性も考えられるので自己破産を秘密にしたいと考える人も多いと思います。
自己破産は2回繰り返すことは可能なのか
1度自己破産をしたにも関わらず再度借金をしてしまい、また債務超過の状態に陥った場合、2回目の自己破産を行うことはできるのでしょうか?
自己破産の費用について
自己破産をする時に必要になってくる費用についてわかりやすく説明しています。
自己破産に必要な免責とは?
自己破産をしたからと言って必ず借金が0になるというわけではありません。裁判所による免責が下りなければならず、場合によってはこの免責が下りないこともあるので自己破産前に免責というものがどのようなものかを確認しておきましょう。