自己破産を秘密にしたい

MENU

自己破産をしたことは秘密にできるの?

自己破産をする前に知っておきたいことの一つに、
自己破産の手続きを周囲の人(家族・勤務先・友人)に秘密で行うことができるのか?ということがあります。

 

少なくとも自己破産をした人に対する印象や信用は良くはないからです。
なので自己破産を検討している方の多くが、自己破産を秘密にしたいと考えます。

 

結論から言えば自己破産は周囲の人に秘密にしておくことはできます。
しかし、あなたの状況によっては秘密にしてもバレてしまうことがあります。

 

自己破産を秘密にしたいなら、まずはそれがバレてしまう原因を考えることが重要です。
自己破産を含む債務整理の手続きがバレてしまう原因は大きく分けて3つあります。

 

まず一つめは、弁護士事務所とのやり取りを知られてしまうパターンです。
自己破産ともなると自分で手続きを行う人はほぼおらず、弁護士事務所に依頼をして
手続きを進める人がほとんどですが、この連絡が知られたくない人に知られてしまうパターンです。

 

弁護士事務所に自己破産のことをなるべく秘密にしておきたいと相談の段階で伝えておけば、
やり取りをメールなどにして、書類や通知は自宅に届かないようにしてもらうなどの
配慮をしてくれます。

 

ですが、ちょっとした隙にこのようなやり取りを見られてしまえば秘密にはできないでしょう。

 

次が、怪しい行動を勘繰られて問い詰められるパターンです。
自己破産をすると場合によっては弁護士に手続きを依頼していても裁判所からの呼び出しが
ある場合もありますし、準備段階で用意しなければいけない書類や資料がたくさんあります。

 

そういった時に裁判所で知り合いと偶然にも遭遇してしまったり、必要書類の中に、
家族の同意を得なければ揃えられない書類があったりした場合に、間違いなく「なんで?」と
疑問を投げかけられることがあるでしょう。

 

自己破産を秘密にしておきたいのであれば常にこのようなケースを想定しておいて
ごまかすことができるように行動や言動に注意しておく必要があります。

 

最後が官報の記載が見つかってしまうパターンです。
自己破産をすると官報に掲載されてしまうことになりますが、これは一般の人が
目を通すようなものではありませんし、コンビニで買える雑誌のようにすぐに
手に入れられるものではないのでリスクとしては低いと言えます。

 

実際に官報を見られて自己破産がバレてしまったというケースはほとんどありません。

 

以上の3つが自己破産がバレてしまうパターンと考えていいでしょう。
「絶対に秘密にすることができる!」とまではいいませんが、秘密にすることは可能です。

 

しかし、「家族と同居している」「会社にも借金がある」というような場合など、
借金の状態や生活環境によっては秘密にできる可能性は変わってくると言えます。

 

また誰かが意図的に自己破産をしたかどうかを調べられてしまうと簡単にわかってしまいます。

 

以上のことを踏まえて自己破産を秘密にして行うかどうかは自分で判断することになりますが、
秘密にして進める場合には万が一バレてしまった時のリスクについてもよく考えておきましょう。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

自己破産のデメリット
自己破産を検討中の方は借金がチャラになるということの他に自己破産をすることによるデメリットについても目を向けておく必要があるでしょう。
自己破産は2回繰り返すことは可能なのか
1度自己破産をしたにも関わらず再度借金をしてしまい、また債務超過の状態に陥った場合、2回目の自己破産を行うことはできるのでしょうか?
自己破産の費用について
自己破産をする時に必要になってくる費用についてわかりやすく説明しています。
自己破産に必要な免責とは?
自己破産をしたからと言って必ず借金が0になるというわけではありません。裁判所による免責が下りなければならず、場合によってはこの免責が下りないこともあるので自己破産前に免責というものがどのようなものかを確認しておきましょう。
自己破産すると車はどうなるのか?
自己破産をすることで車を売却したり、引き上げられたりしてしまうことがありますが、もし生活や仕事で車がどうしても必要な場合はどのように対処すればいいのでしょうか?
自己破産と任意売却のタイミング、どちらが正しい?
自己破産を前提として任意売却を検討している場合、任意売却のタイミングとして自己破産の前に行うべきか、自己破産の後に行うべきか、それぞれのメリットと自己破産をしても住宅を残すことができる可能性についてのお話です。