借金減額シミュレーター(匿名OK!無料)


債務整理によって今の借金問題がどれぐらい楽になるか、調べてみませんか?
最短10秒で具体的な借金減額プランがわかります借金減額シミュレーター

2回目でも条件によっては自己破産を行うことが可能

1度自己破産の手続きを行って借金を清算することができたけれど、
また借り入れを行ってその借金がどうにもならないぐらい膨れ上がってしまった場合でも
2回目の自己破産を行うことができます。

 

しかし、2回目の自己破産を行うためには条件があります。
まず、最初の自己破産を行ってから7年以上経過していなければいけません。

 

これは最初の自己破産の免責許可が下りてから7年以上となります。
まだ7年間以上経過していない場合は免責不許可事由に該当することになるので
2回目の自己破産の免責許可を得ることはできなくなります。

 

 

7年間以上経過していれば2回目の自己破産を行うことは可能ですが絶対ではありません。
あくまでも繰り返し自己破産をすることができる可能性があるに過ぎません。

 

2回目の自己破産をするためには、その借金を支払うことができなくなった理由が重要です。
免責許可を得るためにはやむを得ない事情だと裁判官に認めてもらわなければいけません。

 

自己破産二回目

 

当然、裁判官は最初の自己破産の時よりも厳しい目で支払い不能に陥った経緯を確認してくるでしょう。
例えば、単なる浪費やギャンブルによる借金、もしくは最初の破産理由と全く同じといった場合は
2回目の自己破産の免責許可が下りる可能性は限りなく低いと言えます。

 

連帯保証人を引き受けてしまった債務者が破綻してしまった場合や、病気などの理由で
借金が膨らんでしまったというような場合であれば、2回目の自己破産でも仕方ないと
判断される可能性が高いでしょう。

 

以上のように自己破産は1度だけではなく2回、3回と繰り返し行うことは可能ですが、
借金が返済不能になった理由によっては難しいとも言えます。

 

このようなケースでは依頼をする弁護士によっても判断が分かれてくるでしょうし、
その弁護士の能力によっても結果が左右されることがあります。

 

ですので2度目の自己破産を検討中の場合は、弁護士選びにも慎重になったほうがいいでしょう。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

自己破産のデメリット
自己破産を検討中の方は借金がチャラになるということの他に自己破産をすることによるデメリットについても目を向けておく必要があるでしょう。
自己破産は秘密にできるのか?
自己破産をしていることを知られてしまうとそれだけで信用されなくなる可能性も考えられるので自己破産を秘密にしたいと考える人も多いと思います。
自己破産の費用について
自己破産をする時に必要になってくる費用についてわかりやすく説明しています。
自己破産に必要な免責とは?
自己破産をしたからと言って必ず借金が0になるというわけではありません。裁判所による免責が下りなければならず、場合によってはこの免責が下りないこともあるので自己破産前に免責というものがどのようなものかを確認しておきましょう。
自己破産すると車はどうなるのか?
自己破産をすることで車を売却したり、引き上げられたりしてしまうことがありますが、もし生活や仕事で車がどうしても必要な場合はどのように対処すればいいのでしょうか?