自己破産 2回目

MENU

2回目でも条件によっては自己破産を行うことが可能

1度自己破産の手続きを行って借金を清算することができたけれど、また借り入れを行ってその借金がどうにもならないぐらい膨れ上がってしまった場合でも2回目の自己破産を行うことができます。

 

 

しかし、2回目の自己破産を行うためには条件があります。
まず、最初の自己破産を行ってから7年以上経過していなければいけません。

 

 

これは最初の自己破産の免責許可が下りてから7年以上となります。
まだ7年間以上経過していない場合は免責不許可事由に該当することになるので2回目の自己破産の免責許可を得ることはできなくなります。

 

自己破産に必要な免責とは?

 

7年間以上経過していれば2回目の自己破産を行うことは可能ですが絶対ではありません。
あくまでも繰り返し自己破産をすることができる可能性があるに過ぎません。

 

2回目の自己破産をするためには、その借金を支払うことができなくなった理由が重要です。免責許可を得るためにはやむを得ない事情だと裁判官に認めてもらわなければいけません。

 

自己破産二回目

 

当然、裁判官は最初の自己破産の時よりも厳しい目で支払い不能に陥った経緯を確認してくるでしょう。
例えば、単なる浪費やギャンブルによる借金、もしくは最初の破産理由と全く同じといった場合は2回目の自己破産の免責許可が下りる可能性は限りなく低いと言えます。

 

 

連帯保証人を引き受けてしまった債務者が破綻してしまった場合や、病気などの理由で借金が膨らんでしまったというような場合であれば、2回目の自己破産でも仕方ないと判断される可能性が高いでしょう。

 

 

自己破産の場合は陳述書を提出しなければいけないので自己破産に至る経緯を詳細に説明できなければいけません。つまり、2回目の自己破産に至る経緯が重要になってくるでしょう。

 

【参考記事】
自己破産で書く作文の記載例や書き方のコツについて

 

以上のように自己破産は1度だけではなく2回、3回と繰り返し行うことは可能ですが、借金が返済不能になった理由によっては難しいとも言えます。このようなケースでは依頼をする弁護士によっても判断が分かれてくるでしょうし、その弁護士の能力によっても結果が左右されることがあります。

 

 

ですので2度目の自己破産を検討中の場合は、弁護士選びにも慎重になったほうがいいでしょう。
1度目の自己破産を依頼した弁護士が2度目は引き受けてくれないケースもあります。

 

 

ちなみに一度自己破産を経験したことがある方はご存じだと思いますが、税金関係は非免責債権となるので1回目でも、2回目でも自己破産によって免責されることはありません。

 

 

【参考記事】
債務整理をした場合に滞納していた税金はどうなる?

2回目の自己破産だと管財人は付く?

2回目の自己破産を検討している方が気になる点の一つに「破産管財人が付くか、付かないか?」がありますね。
通常破産管財人は自己破産でも「管財事件」か「少額管財」と決定した場合にしか付きません。
簡単に言えば、債権者に分配する財産がある場合のみ管財人が付く形になります。

 

それ以外は「同時廃止」となり管財人は付きません。

 

管財人が付くと、予納金が20万円〜程度は必要になるので、自己破産を検討中の方にとっては大きなお金です。
原則で考えれば2回目の自己破産だからといって破産管財人が選出されることはありません

 

しかし、破産管財人の職務は単に財産を換価・配当するだけでなく、破産を申し立てるまでの経緯や反省度合などの意見書を提出する仕事もあります。少なくとも「1度自己破産をしたはずなのに・・・」とは見られるので免責をするべきか否かを慎重に判断しなければいけないと裁判所が判断をすればたとえ財産がなかったとしても管財事件として扱われることもあります

 

あくまでも裁判所の判断になるので事前に2回目の自己破産が同時廃止となるか、管財事件となるかは弁護士や司法書士といった法律家でも判断は難しくなります。

自己破産はずるい制度でもある

と厳しい話もしましたが、自己破産はずるい制度だという人も多いです。

 

普通は自己破産はしたくないと思っている人がほとんどです。
なぜなら、ローンを組めなくなったり、資産を売却しなければいけなかったりと何かとデメリットが多いと感じるからです。

 

自己破産をずるいと感じる人の周りには必ず「自己破産をしているにも関わらず案外普通の生活をしている人」がいるからでしょう。

 

私の周りにもいます。
自己破産をしているのに何不自由なく生活していていい車に乗っている人が・・・。
その人が言っていました。
借金がまた増えたら7年後にもう1回自己破産すればいい」と。

 

そういう人を目の当たりにすると自己破産はずるい制度であるとも思います。
本来であればギャンブルや遊びに使って浪費した場合は自己破産ができないはずですし、資産も持てないはずですが、親族の名義で車を買ったり、貯金をしたりということを平然としている人もいます。

 

借金をする時も同じで最初は抵抗があるけどいざ経験すると慣れてしまったりするんですよね。

 

確かに自己破産はずるいと思います。
また、責任感が強い人ほど自己破産ができなくてより苦境に立たされてしまうという傾向があることにもやり切れない思いになったりしますが、あくまで合法である以上は制度は利用したほうが良いと割り切ることも必要なのだと思います。

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

自己破産のデメリット
自己破産を検討中の方は借金がチャラになるということの他に自己破産をすることによるデメリットについても目を向けておく必要があるでしょう。
自己破産は秘密にできるのか?
自己破産をしていることを知られてしまうとそれだけで信用されなくなる可能性も考えられるので自己破産を秘密にしたいと考える人も多いと思います。
自己破産の費用について
自己破産をする時に必要になってくる費用についてわかりやすく説明しています。
自己破産に必要な免責とは?
自己破産をしたからと言って必ず借金が0になるというわけではありません。裁判所による免責が下りなければならず、場合によってはこの免責が下りないこともあるので自己破産前に免責というものがどのようなものかを確認しておきましょう。
自己破産すると車はどうなる?引き上げの時期や手元に残す方法について
自己破産をすることで車を売却したり、引き上げられたりしてしまうことがありますが、もし生活や仕事で車がどうしても必要な場合はどのように対処すればいいのでしょうか?引き上げられる時期や車の価値の計算について紹介しています。
自己破産と任意売却のタイミング、どちらが正しい?
自己破産を前提として任意売却を検討している場合、任意売却のタイミングとして自己破産の前に行うべきか、自己破産の後に行うべきか、それぞれのメリットと自己破産をしても住宅を残すことができる可能性についてのお話です。
自己破産で書く作文の雛形や記載例、書き方のコツについて
この記事では自己破産申立をする際に必要になる陳述書の作文の雛形や記載例、書き方のコツについて紹介しています。作文が書けないとなかなか手続きが進まない方は参考にしてくださいね。
自己破産の申立前に過払い金返還請求はできる?返還されたらどうなる?
自己破産の破産申立を行う際に過払い金返還請求はできるのでしょうか?また、もし過払い金が返還された場合に、その過払い金がどのような扱いになるのか?をわかりやすく解説しています。
自己破産で必要な予納金とは?今すぐ払えない場合は積立もOK
自己破産で必要になる予納金とはどんな費用でいくらぐらい払わなければいけないのか?今すぐに払えない場合の破産手続きの方法や積立で予納金を支払い方法について紹介しています。