自己破産とは

MENU

自己破産とは?

自己破産という言葉を一度は耳にしたことがあるという人がほとんどだと思います。

 

 

簡単に言いますと自己破産という手続きは裁判所に破産申し立てを行い、
裁判所の免責をもらうことができれば今抱えているすべての借金を0、
つまりチャラにすることができる手続きのことです。

 

現在の借金をどれだけ減らすことができるか?という視点だけでみれば
自己破産の手続きというのは債務整理の手続きの中で最も借金を減らすことができます。
何しろすべての借金をなくすことができますからね。

 

しかし、自己破産をすることができるのは支払い不能であると裁判所が
認めることが前提となっています。
これは個々の負債や収入、資産の額などから総合的に判断されることです。

 

もちろん、借金がチャラになるというメリットだけではありません。
この自己破産のカテゴリーでは自己破産のメリットやデメリット、それぞれの
状況のおける自己破産の疑問を深堀りしてご紹介しています。

 

もうすでに自己破産しか手段がない方から検討しているという方は参考にしてくださいね。
一般的に自己破産は借金問題解決のための最終手段という見方をされていますので、
検討中という方はぜひ慎重に判断をされることをオススメ致します。

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

自己破産編記事一覧

自己破産というのは債務整理の手続きの中でも最も借金を減らすことが出来る方法で、裁判所に免責が認められれば抱えている借金の返済義務から逃れることができます。つまり、借金をチャラにできる手続きと言えます。しかし、当然自己破産にもデメリットがあります。このデメリットがなければ自己破産をすれば誰でも借金をチャラにすることができてしまうので借金を抱えている人の全てが自己破産をしようとするでしょう。では、自己...

自己破産をする前に知っておきたいことの一つに、自己破産の手続きを周囲の人(家族・勤務先・友人)に秘密で行うことができるのか?ということがあります。少なくとも自己破産をした人に対する印象や信用は良くはないからです。なので自己破産を検討している方の多くが、自己破産を秘密にしたいと考えます。結論から言えば自己破産は周囲の人に秘密にしておくことはできます。しかし、あなたの状況によっては秘密にしてもバレてし...

1度自己破産の手続きを行って借金を清算することができたけれど、また借り入れを行ってその借金がどうにもならないぐらい膨れ上がってしまった場合でも2回目の自己破産を行うことができます。しかし、2回目の自己破産を行うためには条件があります。まず、最初の自己破産を行ってから7年以上経過していなければいけません。これは最初の自己破産の免責許可が下りてから7年以上となります。まだ7年間以上経過していない場合は...

返済不能の借金を帳消しにできる自己破産手続き。すでに多額の借金を抱えている人のための救済措置とはいっても自己破産をするにあたってはお金が必要になります。では自己破産をするためにはいくらぐらいの費用が必要になるのでしょうか?自己破産にかかる費用は大きく分けると裁判所で行う手続きにかかる費用(予納金)と弁護士、または司法書士に依頼する場合の費用が必要になります。弁護士費用を節約するために自己破産の手続...

借金問題を解決する際に借金総額を0円(チャラ)にすることができる自己破産という手続きがあります。しかし、自己破産の手続きをしたからといって借金がなくなるわけではありません。ですので、破産手続きの開始決定を受けたからといって自己破産が成立、借金が0になるというわけではないということです。というのも、破産手続きの開始決定というのはあくまでも申立人が今抱えている負債に対して支払不能の状態に陥っていること...

自己破産をするかどうかの決断をする時、車の扱いがどうなるかによって決断が左右されるという方はとても多いのではないかと思います。贅沢品としての車であれば、手放したところで支障はないと思いますが、お住まいの地域や仕事によってはどうしても車が必要という方も多いでしょう。まず、大前提として自己破産をして処分、売却しなければならない車は自分名義の車です。夫や妻など自分以外の家族名義の車などは自己破産をしても...

まず、簡単に任意売却について説明したいと思います。任意売却というのは住宅ローンの支払いが困難になった場合や、返済を滞納した場合に、住宅ローンの借主と貸主である金融機関の合意によって不動産を売却する手続きです。よく自己破産=任意売却と同じように捉えている方もいるかもしれませんが、必ずしもイコールではなく、任意売却だけをして自己破産を回避するケースもあります。ただ、自己破産を前提としてその前後に任意売...

自己破産の手続きをする際には、申立書に「破産申し立てに至った経緯」が記載された陳述書、または報告書を添付しなければいけません。陳述書と報告書の違いは、自分で作成したら陳述書、代理人である弁護士が作成したら報告書といった誰が作成したか?の違いなので特に気にする必要はありません。この自己破産で必要になる「陳述書」「報告書」の中の項目がいわゆる作文と呼ばれているものです。自己破産で借金を0にするために必...

自己破産の破産申立前に過払い金返還請求をすることは可能です。少なくとも、過払い金が発生しているかそうか?は調べる必要があります。自己破産を検討している人ほど、借金総額が大きいので多額の過払い金が発生している場合があります。中には、自己破産をしなくても「過払い金で借金が全額返済できた」という事例もあります。自己破産の破産申立の際には、手続き開始後に破産管財人が過払い金の有無をチェックします。なので、...

自己破産をする際には、裁判所に納めなければいけない予納金が必要になります。最初に前置きをしておきますが、この予納金として納める金額は一律で決まっているわけではなく、自己破産が「少額管財」or「同時廃止」として扱われるか?や手続きをする裁判所によっても違ってきます。少額管財・・・99万円以上の現金や20万円以上の資産を持っている場合の手続き同時廃止・・・破産者がめぼしい財産を持っていない場合の手続き...

自己破産は免責が下りれば借金がチャラになる法的な手続きです。借金問題に苦しんでいる人にとっては起死回生のチャンスのようにも思えますが、借金が0円になるわけですからそれなりのデメリットも存在します。自己破産をすることによって一定期間は、・新規の借り入れができなくなる・クレジットカードが作れなくなる・住宅ローンなどのローンが組めなくなる・職業制限・20万円以上の財産は差し押さえこのようなデメリットが本...

自己破産をすると信用情報に事故情報が記載されてしまうので、クレジットカードは使えなくなってしまいます。使えなくなるだけではなく、自己破産のような重い事故情報になると少なくとも5年〜7年は新しくクレジットカードを作ることはできなくなります。とは言っても、現金の持ち合わせがない場合や通販で商品を買う場合、高速道路料金をETCカード料金で走りたい場合などクレジットカードがないと生活に大きな支障が出てしま...