借金減額シミュレーター(匿名OK!無料)


債務整理によって今の借金問題がどれぐらい楽になるか、調べてみませんか?
最短10秒で具体的な借金減額プランがわかります借金減額シミュレーター

債務整理をする前提で借金をしてもいいのか?

債務整理がこれから先の選択肢に浮かんでいるということはすでに毎月の生活が厳しく
業者からの督促の連絡などに頭を悩まされている状況であると思います。

 

 

そのような状態なのである程度債務整理が視野に入ってはいるけれどとにかく生活を
するためにお金が必要というケースも少なくないでしょう。

 

 

つまり、債務整理をすることがわかっていながら借金(借り入れ)がしたいというケースです。
逆に言えば債務整理をする直前にお金を借りているということですね。

 

もちろん債権者からすれば返せないとわかっていながら借りただろという話になります。
ではこのようなケースでも債務整理をすることはできるのでしょうか?

 

 

まず債務整理と言っても任意整理と個人再生、自己破産といくつかのパターンがあります。
任意整理というのは債権者と債務者の私的な交渉によって借金の減額や過払い請求などを行うものです。

 

 

なので相手が交渉に応じてくれれば問題はありませんが、上記のように直前に多額の借り入れをしている場合や、
一度も返済がないような場合は交渉が難しくなったり、応じてくれないこともあります。
場合によっては返せないのに借りたということで詐欺として訴えられてしまうこともあると聞きます。

 

 

そもそも直前に借りた借金に関しては過払いなどが発生していることがほぼないので任意整理をしても
借金が減ることはないのでどちらにしても元本は返すということになります。

 

 

自己破産に関しては、免責が下りれば借金が帳消しになりますが、返せないとわかっていたということが
判明すると免責不許可事由があると判断されて免責が受けられず自己破産ができない可能性が高いです。

 

 

個人再生の場合もどうように直前に借りれないとわかっていた借りた借金は個人再生に含まれず、
通常の借金として返済しなければいけなくなる可能性があります。

 

まとめると、どうせ債務整理をするからその前に限度額一杯借りようと思っていたとしても
実際にはしっかりと返済しなければいけなくなる可能性がかなり高いので意味がない行為だと思っていたほうがいいでしょう。

 

>>>債務整理に関するその他の知識はコチラ<<<

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理の種類について
一口に債務整理と言っても借金をするに至った経緯や額になどで取るべき方法が変わります。そんな債務整理の種類について解説しています。
債務整理の必要性と手続き
借金問題を解決するための手段としての債務整理にはどのような必要性があり、どのような手続きで進めればいいのかを解説しています。
債務整理について司法書士に相談してみる
債務整理のことについて司法書士に相談する場合、弁護士に相談する場合とどのような違いがあるのでしょうか?
債務整理は弁護士に依頼しましょう
債務整理を弁護士に依頼する場合について説明しています。
債務整理をするつもりでお金を借りた場合
すでに借金が支払えないことがわかっていて債務整理をするつもりでお金を借りた場合、 状況によっては債務整理ができなくなる可能性もあります。
過去に事故情報があっても債務整理できるのか?
過去に借金返済で事故情報がある場合に債務整理をすることはできるのでしょうか?
滞納している税金も債務整理で払わなくてもいい?
債務整理を考えている時に滞納している税金がどうなるのか気になる人も多いでしょう。
誰にもバレずに債務整理はできるのか?
借金問題を周りの人に知られたくないという人にとって誰にもバレずに債務整理をすることができるかどうかはとても重要な問題なので調べてまとめてみました。
債務整理後のローンや借り入れについて
債務整理後にローンを組みたい、借入がしたいという方にどれぐらいの期間が経過すればローンを組んだり借り入れをすることができるのか具体的な方法とともに紹介しています。
過去に延滞などのトラブルがある場合の債務整理
過去に借金の利息を延滞したり、返済トラブルがあると債務整理をする時には どのような影響が生じてくるのでしょうか?
債務整理をすることは相手に伝えるべき?
債務整理を決心した時に借金相手に対して債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?
持ち家を残して債務整理をすることはできるのか?
持ち家を残した状態で債務整理によって借金を減額することはできるのでしょうか?