債務整理 種類

MENU

債務整理の種類とそれぞれのメリットデメリット

借金問題を解決するための債務整理には、大きく分けて3つの種類があります。そんな債務整理の種類と簡単な特徴を紹介していきたいと思います。

 

@任意整理

≪任意整理の特徴≫
任意整理は、裁判所を通さないで、貸金業者や銀行との話し合いで借金を整理する手続です。
具体的には将来利息の発生を止めてもらって、今残っている元金を3年から5年かけて分割払いするという約束をします。
裁判所を通さない手続ですから、財産を取られることもありませんし、官報に載ることもありません。簡単に言えば示談のようなものです。

『〇メリット』
・将来利息がなくなる
・誰にもバレずに行える可能性が高い
・対象とした業者の取り立てや催促が止まる
・財産や場合によってはクレジットカードも残せる
『×デメリット』
・信用情報に事故情報が記載されるので新規の借り入れが5年程度できなくなる
・過払い金が発生していなければ元金は減らない
・債権者が和解に応じてくれない場合もある

【もっと詳しく解説】
任意整理のメリットとデメリット
誰にも知られずに任意整理できる?

 

A個人再生

≪個人再生の特徴の特徴≫
これは原則として借金の5分の1を3年から最長5年かけて分割払いすれば良いようにするという手続です。住宅ローンは支払いながら、それ以外の借金を5分の1に圧縮する住宅ローン再生という手続もあり、これなら家を手放さないで済みます。しかし、自己破産同様に裁判所を通じて行いますので、官報にも載ります。また、個人再生は要件がいくつかあって、誰でもきる債務整理の方法ではありません。

『〇メリット』
・取り立てや催促が全てストップする
・借金の元金が5分の1、もしくは100万円まで減額できる
・住宅を残すことも可能
・誰にもバレずにできる可能性もある
・借金の原因は関係ない
『×デメリット』
・信用情報に事故情報が記載されるので新規の借り入れが5年〜10年程度できなくなる
・安定した収入がなければ申し立てができない
・自分で手続きを行うのがとても困難
・保証人がいる場合迷惑をかける
・費用がかかる

【もっと詳しく解説】
個人民事再生の費用の目安や差が出るポイント
個人再生のデメリットについて
住宅ローンを支払っている途中での個人再生について

 

B自己破産

≪自己破産の特徴≫
免責手続と合わせて説明すると、要は借金の総額には足りないけれど今ある財産のほとんどを差し出すので、それで許してくださいと言う手続なのです。つまり、残っている借金を0円にすることができる債務整理の方法です。債権者への影響が大きいため、裁判所を通じて行います。したがって、官報にも載りますし、先に書いた手続上不動産などは保有することが原則できません。

『〇メリット』
・取り立てや催促が全てストップする
・借金をチャラにできる
・安定した職業でなくても手続きが可能
『×デメリット』
・信用情報に事故情報が記載されるので新規の借り入れが10年程度できなくなる
・20万円以上の財産や預貯金は残せない
・内緒にするのが難しい
・保証人がいる場合迷惑をかける

【もっと詳しく解説】
自己破産に必要な免責とは?
自己破産は秘密にできる?

 

以上の3つが債務整理の種類となりますが、その他に債務整理の際の特定調停という裁判手続きもあります。特定調停を簡単に説明すると、裁判所を通して行う任意整理のようなもので簡易裁判所で調停委員の協力を受けながら債務者と債権者が交渉をして借金の減額や返済条件を決めていく手続きです。債務整理の種類の中ではデメリットが多いので特定調停をするなら任意整理を行うというのが一般的です。


自分に合った債務整理の種類の選び方について

さて、3つの債務整理の種類のうち、あなたはどれを選べば良いでしょう。
債務整理の種類は最終的には自分で選ぶことになりますが、
目安は3年で借金を返済できるかどうか?、です。

 

つまり、借金の総額を36で割ってみて、それがひと月に払える額なら任意整理、払えないなら自己破産か個人再生というのが債務整理の種類を検討する際の一つの目安です。

 

 

ただこれはあくまでも目安です。
実際に債務整理の手続きを行う場合には、もっと具体的に「借金がいくら減るのか?」「債務整理後の毎月の返済額」「自分にとってのメリットデメリット」「現在の収入」などを含めて自分の納得できる債務整理の種類を選びましょう。

 

 

そのためには弁護士や司法書士といった借金問題の専門家に相談をしてアドバイスを受けながら決めるのがおすすめですが、まだ債務整理の検討段階でいきなり弁護士や司法書士に相談に行くのは気が引けるという場合は無料のWEBサービスでも債務整理の診断を行うことができます。

 

 

街角法律相談所の借金減額シミュレーターはあなたに合った債務整理の種類や、実際に手続きを行った場合にいくら借金を減らすことができるのか?を専門家が計算して具体的な金額で教えてくれるシミュレーションです。必要であれば弁護士や司法書士にそのまま無料で相談することも可能です。

 

 

無料・匿名」で利用することができるので債務整理の種類に迷ったら利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

>>>今すぐ借金減額シミュレーターを利用したい方はコチラ

過払い金請求は債務整理と違うの?

過払い金請求とは、グレーゾーン金利だった時に払い過ぎていた利息を取り返す手続きのことです。
過払い金請求は債務整理の種類ではありませんが、債務整理を行う場合はまず過払い金があるかどうか?引き直し計算をして過払い金が発生している場合は過払い金返還請求も行います。

 

つまり、過払い金請求は債務整理の一環として行うケースもありますが、債務整理の手続きではありません。

 

債務整理は「債務者の経済的な立て直しを図るための制度
過払い金請求は「払い過ぎていた利息を取り戻すこと

 

このように覚えておくといいでしょう。
過払い金請求を行ってブラックリストに登録されてしまうのは、借金返済中の過払い金請求で請求した過払い金によって借金の元金を相殺できない場合で、その場合は任意整理と同じ扱いとなるので注意しましょう。

 

【参考記事】
過払い金請求をすると信用情報に傷がつく?
過払い金が発生する条件と目安や簡単な過払い金計算方法

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理の必要性と手続き
借金問題を解決するための手段としての債務整理にはどのような必要性があり、どのような手続きで進めればいいのかを解説しています。
債務整理をする前提で借金をしてもいいのか?
債務整理をするという前提のもとで借金(新たな借り入れ)をすることは可能なのでしょうか?
債務整理について司法書士に相談してみる
債務整理のことについて司法書士に相談する場合、弁護士に相談する場合とどのような違いがあるのでしょうか?
債務整理は弁護士に依頼しましょう
債務整理を弁護士に依頼する場合について説明しています。
債務整理をするつもりでお金を借りた場合
すでに借金が支払えないことがわかっていて債務整理をするつもりでお金を借りた場合、 状況によっては債務整理ができなくなる可能性もあります。
過去に事故情報があっても債務整理できるのか?
過去に借金返済で事故情報がある場合に債務整理をすることはできるのでしょうか?
滞納している税金も債務整理で払わなくてもいい?
債務整理を考えている時に滞納している税金がどうなるのか気になる人も多いでしょう。
誰にもバレずに債務整理をする方法について考えてみた
借金問題を家族や周りの人など誰にも知られたくないという人にとって誰にもバレずに債務整理をすることができるかどうかはとても重要な問題なので調べてまとめてみました。
債務整理後のローンや借り入れについて
債務整理後にローンを組みたい、借入がしたいという方にどれぐらいの期間が経過すればローンを組んだり借り入れをすることができるのか具体的な方法とともに紹介しています。
過去に延滞などのトラブルがある場合の債務整理
過去に借金の利息を延滞したり、返済トラブルがあると債務整理をする時には どのような影響が生じてくるのでしょうか?
債務整理をすると相手に伝えるべき?受任通知が届くまでに取り立てがあったらどうする?
債務整理を決心した時に借金相手に対して債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?また債務整理を法律家に依頼した時の受任通知が届くまでの期間やその間に取り立てがあった場合の対処法を紹介しています。
持ち家を残して債務整理をすることはできるのか?
持ち家を残した状態で債務整理によって借金を減額することはできるのでしょうか?
債務整理をした後に借金を滞納したらどうなる?
債務整理の手続きで、借金を減額したにもかかわらず返済できずに滞納してしまった場合、どのような状況に陥ってしまうか?について紹介しています。
債務整理の弁護士費用の相場と評判の良い法律事務所3選
借金問題の解決のために債務整理を検討中の方に、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを依頼する際にかかる費用の相場と、評判良く債務整理案件の実績がある法律事務所を3つ選んでみたので参考にしてください。
債務整理での退職金の扱いはどうなる?退職金証明書をさりげなく請求するには?
債務整理を行った場合、あなたの退職金にはどのような影響がでるのでしょうか?債務整理における退職金の扱いと、必要になる退職金証明書を誰にもバレずに請求する言い訳についても考えてみたので参考にしてください。