債務整理をするつもりでお金を借りた

MENU

債務整理をするつもりでお金を借りた場合

毎月利子を含めて借金を返済しているのに一向に元本が減らない、利子だけの返済すらも厳しい
このような状況から債務整理を検討している人は多くいるのではないでしょうか。

 

 

そんな状況の中でどうせ債務整理をして借金が減る、もしくはなくなるのならその前に
借りられるだけ借りておいてそれからしたほうがいいんじゃないのか?
そういう風に思っている方もいるかもしれません。

 

 

このように債務整理をするつもりでお金を借りた場合、状況によっては債務整理ができないことがあります。
というのも任意整理の場合は債権者と債務者との交渉によって借金が減額、利息をカットするような
手続きなので当然借入履歴などで明らかにおかしい場合は交渉に応じてくれないこともあるでしょうし、
場合によっては返済する意思がないのに騙されたということで詐欺で訴えられてしまうこともあります。

 

 

また、借金が無くなる自己破産の手続きにおいても裁判所の免責が必要になります。
しかし、その免責が不許可になってしまう免責不許可事由というものがあって返済するつもりがないのに
お金を借りたというのは免責不許可事由に値する可能性があります。

 

 

このようなことから債務整理をするつもりでお金を借りるという行為はより一層自分を追い込むことに
なりかねないので考えないほうがいいでしょう。

 

ただ中には日々の生活すらままならず、専門家に相談しにいく交通費すら払えないという人もいるでしょう。
そのような場合は必要な分だけを借入して返済も続けていれば大きな問題になるケースは少ないようです。

 

 

このあたりは人の裁量なども関係してくるので聞かれてもやましいことがないように心がけたいですね。
もちろん専門家に相談する時にはそのような状況も包み隠さず話しておくようにしましょう。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理の種類について
一口に債務整理と言っても借金をするに至った経緯や額になどで取るべき方法が変わります。そんな債務整理の種類について解説しています。
債務整理の必要性と手続き
借金問題を解決するための手段としての債務整理にはどのような必要性があり、どのような手続きで進めればいいのかを解説しています。
債務整理をする前提で借金をしてもいいのか?
債務整理をするという前提のもとで借金(新たな借り入れ)をすることは可能なのでしょうか?
債務整理について司法書士に相談してみる
債務整理のことについて司法書士に相談する場合、弁護士に相談する場合とどのような違いがあるのでしょうか?
債務整理は弁護士に依頼しましょう
債務整理を弁護士に依頼する場合について説明しています。
過去に事故情報があっても債務整理できるのか?
過去に借金返済で事故情報がある場合に債務整理をすることはできるのでしょうか?
滞納している税金も債務整理で払わなくてもいい?
債務整理を考えている時に滞納している税金がどうなるのか気になる人も多いでしょう。
誰にもバレずに債務整理はできるのか?
借金問題を周りの人に知られたくないという人にとって誰にもバレずに債務整理をすることができるかどうかはとても重要な問題なので調べてまとめてみました。
債務整理後のローンや借り入れについて
債務整理後にローンを組みたい、借入がしたいという方にどれぐらいの期間が経過すればローンを組んだり借り入れをすることができるのか具体的な方法とともに紹介しています。
過去に延滞などのトラブルがある場合の債務整理
過去に借金の利息を延滞したり、返済トラブルがあると債務整理をする時には どのような影響が生じてくるのでしょうか?
債務整理をすることは相手に伝えるべき?
債務整理を決心した時に借金相手に対して債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?
持ち家を残して債務整理をすることはできるのか?
持ち家を残した状態で債務整理によって借金を減額することはできるのでしょうか?
債務整理をした後に借金を滞納したらどうなる?
債務整理の手続きで、借金を減額したにもかかわらず返済できずに滞納してしまった場合、どのような状況に陥ってしまうか?について紹介しています。