債務整理後の滞納について

MENU

債務整理後の借金を滞納してしまった場合

借金を債務整理によって減額した後に、残った借金を滞納してしまうとどのような状況に陥るのでしょうか?

 

債務整理をした後に借金を滞納したらどうなる?

 

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」という手続きがありますが、
自己破産以外の債務整理の場合は借金は減額されますが、0になるわけではありません。
とは言っても、利息がカットされるので借金返済の負担は軽くなります。

 

しかし、その残った借金の返済を滞納してしまった場合どうなるのでしょうか?
個人再生をした後の借金の滞納に関しては下記の記事で詳しく紹介しています。

 

≪参考≫「個人再生をした後に返済できない状況に陥ったら

 

ここでは任意整理をしたにも関わらずその後また借金を滞納したケースについて紹介しましょう。
任意整理をする際は債権者との和解によって毎月無理のない範囲で借金の支払額を決めて借金の返済をしていると思いますが、予測できない怪我や病気によってその返済ができないという状況も考えられます。

 

債務整理をした後に借金の返済を滞納した際に考えられる状況は以下の2つです。

 

・残りの借金に遅延損害金を足しての一括請求
・給与の差し押さえなどの強制執行

 

これは、任意整理をした際の和解契約の期限の利益の喪失にあたるためです。

 

期限の利益って何?

期限の利益というのは、期限が定められていることによって債務者が受ける利益です。具体的に言えば借金には通常返済の期限が設定されていますが、債務者はその起源が来るまでの間は借金を返済する義務はなく、取り立てや催促を求められることはありません。つまり期限の利益の喪失は債務者の上記のような権利を失うことを意味します。

 

しかし、1ヶ月返済を滞納・遅延したからと言ってすぐに上記のような状況になることはありません。

 

2ヶ月以上の滞納に対して貸金業者側は期限の利益の喪失を理由に一括請求ができるのでもし、今月を乗り切ればなんとか元通りに返済ができるという場合は、返済が困難だとわかった早い段階で貸金業者の担当者や債務整理を依頼した弁護士・司法書士に連絡をしてなるべく早く対応すれば逃れることができます。

 

借金を抱えている人に多いことですが、業者側から連絡が来るまでとりあえず放置していようと考えていると、連絡が来た時には「時すでに遅し」となっている場合もあります。

 

 

もう一度言いますが、「今月はちょっと返済がヤバいかも・・・」と思ったら速やかに業者側にその旨を伝えるようにしましょう。

 

まとめ

滞納したら即OUTにはならないが、延滞・滞納の相談は速やかに行う

【関連記事】
借金の一括返済ができない時に請求がきた場合の対処法
借金問題を無料相談で解決!債務整理の体験談

任意整理後の借金の返済を2ヶ月以上滞納してしまう場合

業者によっては2ヶ月程度の滞納も許容してくれる場合もありますが、それ以上の
滞納ということになればさすがに和解契約の無効となり一括請求や遅延損害金の請求となり
止まっていた催促もまた始まってしまう可能性が高いです。

 

長期間の滞納の場合は任意整理で借金の返済を続けていくことは不可能となります。
そうなった場合は債務整理でも「個人再生」か「自己破産」しか手段はなくなってしまいます。

 

この時、借金の返済状況によっては任意整理を担当してもらった弁護士が辞任し、
また新しい弁護士事務所を探さなくてはいけない状況になることも考えられます。
上記のように任意整理後の返済を滞納した場合に弁護士が辞任することを「完了辞任」と言います。

 

例えば、債務者と連絡が取れなくなったり、弁護士に内緒で新たに借金を増やしていた場合など。
もちろん、引き続き個人再生や自己破産の手続きをサポートしてくれる可能性もあります。

 

 

もし代理人が辞任してしまった場合辞任通知が届きます。
弁護士の辞任通知は債権者にも届くので辞任通知が届いたら取り立てを再開することになります。

 

 

新しい弁護士や司法書士を探さないと自分で債権者の対応をしなければいけなくなってしまいます。
このような場合、一気に状況が悪化するケースもあるので速やかに弁護士を探さなければいけません。できれば相談をしたらすぐに対応を取ってくれる弁護士に相談しましょう。借金問題への対応の速さであればそうや法律事務所がおすすめです。しかし、一度弁護士が辞任していると受任してくれる弁護士が一気に少なくなってしまいますので受任できるかどうかはあなたの状況次第ですが、そうや法律事務所は他の法律事務所と比べて粘り強い交渉をしてくれるので希望はあります。

 

当サイトからの申し込み数NO1そうや法律事務所

 

・全国対応
・最短即日で返済、督促STOP
・相談は何度でも無料
・分割払い可能
・初期費用0円
フリーダイヤル

0120-825-036

(番号をタップで無料相談!365日24時間OK)


東京弁護士会所属 登録番号第47841号・第47975号
代表弁護士 松木勇作・町井敏亨

そうや法律事務所の借金問題無料相談はコチラ

 

借金は大丈夫そうだけど、税金の支払いが厳しい場合

任意整理をした後に借金の返済は楽になったけど滞納を続けていた税金の支払いが厳しい・・・というのはよくあるパターンです。税金の滞納も延滞金が発生すればカードローンやキャッシング並みの延滞金が発生します。

 

 

ただ、税金は他の借金と比べれば相談に行って支払いできない理由を丁寧に話していけば支払期限の延長や延滞金の減免などが受けられる場合が多いです。反対に滞納したまま放置していればある日突然血も涙もない強制執行に遭うので注意しましょう。

 

【関連記事】
滞納している税金も債務整理をすれば払わなくていいの?

 

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理の種類と自分にとって最適な手続きが知りたいならこちら
借金問題を解決するために有効な債務整理ですが、その方法は大きく分けて3つの種類があります。この記事では債務整理の3つの種類とそれぞれのメリットデメリット、どの方法を選ぶのが自分でとってベストなのかを調べる方法について紹介しています。
債務整理をする前提で借金をしてもいいのか?
債務整理をするという前提のもとで借金(新たな借り入れ)をすることは可能なのでしょうか?
借金滞納を債務整理で解決!これが私の債務整理体験談
借金の滞納を債務整理で解決した方の債務整理体験談を紹介しています。実際に債務整理を体験した方の体験談は、気を付けるべき点や、債務整理後のイメージがわかるのでとても参考になると思います。借金を滞納して一括請求の通知が届いてしまい債務整理を検討している方は参考にしてくださいね。
過去に事故情報があっても債務整理できるのか?
過去に借金返済で事故情報がある場合に債務整理をすることはできるのでしょうか?
滞納した税金も債務整理で減額できる?税金の時効は?
債務整理を考えている時に金融機関からの借金だけではなく、税金やその延滞金を滞納している方も多いのではないでしょうか?この記事では税金を滞納している場合に債務整理をしたらどのような影響があるのか?税金に消滅時効はあるのか?について紹介しています。
誰にもバレずに債務整理をする方法について考えてみた
借金問題を家族や周りの人など誰にも知られたくないという人にとって誰にもバレずに債務整理をすることができるかどうかはとても重要な問題なので調べてまとめてみました。
債務整理後の借り入れやローンは可能?できない場合の対処法
債務整理後に借り入れやローンを組みたいと考えている人は多いと思います。この記事では債務整理後に借り入れやローンはいつからできるのか?や、まだ借り入れができない時期にお金が必要になった時の借り入れ先について紹介しています。
過去に延滞や遅延損害金が発生している場合の債務整理の注意点
過去に借金の利息を延滞したり、それによって遅延損害金が発生したりといった返済トラブルがあると債務整理をする時にはどのような影響が生じてくるのでしょうか?
債務整理開始は相手に伝えるべき?受任通知が届くまでに取り立てがあったらどうする?
債務整理を決心した時に借金相手に対して債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?また債務整理を法律家に依頼した時の受任通知が届くまでの期間やその間に取り立てがあった場合の対処法を紹介しています。
持ち家を残して債務整理をするなら住宅ローンの有無や資産価値が大事
持ち家を残した状態で債務整理によって借金を減額することはできるのでしょうか?答えは可能ですが、自宅を残して債務整理をする場合は注意しないと最終的には手放さなければいけない状況に陥ってしまう可能性もあります。
債務整理の弁護士費用の相場と評判の良い法律事務所3選
借金問題の解決のために債務整理を検討中の方に、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを依頼する際にかかる費用の相場と、評判良く債務整理案件の実績がある法律事務所を3つ選んでみたので参考にしてください。
債務整理での退職金の扱いはどうなる?退職金証明書をさりげなく請求するには?
債務整理を行った場合、あなたの退職金にはどのような影響がでるのでしょうか?債務整理における退職金の扱いと、必要になる退職金証明書を誰にもバレずに請求する言い訳についても考えてみたので参考にしてください。
公務員が債務整理をする際のポイント@住宅ローンや共済借入に注意!
公務員の方が債務整理をする際に、注意すべきポイントについて紹介しています。職場にバレるリスクや、債務整理をした場合のその後の生活への影響が気になる方はこの記事を参考にしてくださいね。