債務整理後のマイカーローンや借入可能期間について

MENU

債務整理後のローンや借り入れについて

債務整理後にローンや借り入れをすることはできるのでしょうか?

 

というのも将来家を購入したい、車を購入したいと考えている人にとって債務整理後にローンや借り入れをすることができないとなると大きなデメリットが生じてしまうために債務整理をすることを躊躇してしまうことがあるからです。

 

 

しかし、債務整理をしたからといって一生ローンを組んだり借り入れができなくなるというわけではありません。

 

まずは、ローンを組んだり、借り入れを行う時の仕組みから考えていきましょう。通常ローンや借り入れの申し込みをすると金融機関は申し込んだ個人の情報を信用情報を扱っている機関に照会します。

 

この信用情報を簡単に説明すると借金や返済の履歴が掲載されているものです。
この信用情報や現在の収入状況を材料に融資をするか否かの判断をします。

 

 

債務整理をするとこの信用情報に事故情報が記載されてしまうことになるので
この期間はローンや借り入れを行うことは難しいと言えます。

 

 

しかし、この事故情報は一生記載されたままというわけではありません。
事故情報が個人の信用情報から消されるのは借金があるかないかではなく、
債務整理をしてからの期間によって変わります。

 

 

ですので、債務整理後にまだ借金が残っている状態でも事故情報が消えているというケースも考えられるのです。
反対に言えば、債務整理をしたことによって借金の返済が楽になって早くに完済できたけど事故情報は残っているということもあります。

 

では、どのぐらいの期間で信用情報の事故情報は消えるのでしょうか?
どのような債務整理を行うかによっても変わりますが目安は5年から7年と言われています。

 

参考:任意整理が信用情報に与える影響や期間について

 

上記の記事でも紹介していますが、信用情報機関といっても一つではなく複数あり、法律によって運営されているわけでもありませんのでハッキリと債務整理後〜年で事故情報が消えるというわけではありません。

 

 

借り入れの場合も同様のことが言えますが、借り入れの場合は以前に債務整理によって借金を整理した同じ貸金業者からは基本的に借り入れをすることはできません

 

 

例えば、アコムで作った借金を債務整理で減額、もしくは0円にすることができたとしたら、債務整理後に再びアコムで借金をすることはできないということですね。

 

 

ちなみに住宅ローンやマイカーローンよりも通常のショッピングでローンを組むことは先の二つに比べると早い段階から行うことができると言われていますし、キャッシングも業者によっては早くすることができることもあります。

 

 

ですので債務整理直後にまた新たな借金を作るということはできませんが、
一定期間経過すれば債務整理によるデメリットの部分は徐々に消えていくということですね

 

 

おそらく債務整理を決意する時には当分借金はしないと心に決めている人が多いと思うので
実生活に与える影響はお金を借りるという点でみれば少ないのではないかと思います。


債務整理をした後にマイカーローンが組めない・・・

よく掲示板などで、債務整理後に一定期間が経ってもマイカーローンが組めないという書き込みを見かけます。
車や住宅の場合は購入金額が大きいのでローンを組めないと購入できないという人も多いと思います。

 

しかし、すでに記載しているように債務整理後最低7年ぐらいは経過していないとマイカーローンや住宅ローンを組むことは難しいでしょう。
中には、ローンを組むために債務整理後に予定よりも早く繰り上げ返済をして借金を完済することができたという人もいますが、債務整理後に完済できたからといってローンを組むことができないペナルティ期間が短くなるというわけではありません。

 

なので、債務整理後にマイカーローンを組みたいと思っている場合は繰り上げ返済よりもそのお金を手元資金として残して一括で購入できるようにしておいたほうがいいでしょう。

 

早く借金を完済するという行動は素晴らしいですが、それでまた資金繰りに困ってしまうと同じ事の繰り返しになってしまうので債務整理後の資金計画もしっかりとしておくことをオススメします。

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理の種類と自分にとって最適な手続きが知りたいならこちら
借金問題を解決するために有効な債務整理ですが、その方法は大きく分けて3つの種類があります。この記事では債務整理の3つの種類とそれぞれのメリットデメリット、どの方法を選ぶのが自分でとってベストなのかを調べる方法について紹介しています。
債務整理の必要性と手続き
借金問題を解決するための手段としての債務整理にはどのような必要性があり、どのような手続きで進めればいいのかを解説しています。
債務整理をする前提で借金をしてもいいのか?
債務整理をするという前提のもとで借金(新たな借り入れ)をすることは可能なのでしょうか?
債務整理について司法書士に相談してみる
債務整理のことについて司法書士に相談する場合、弁護士に相談する場合とどのような違いがあるのでしょうか?
債務整理は弁護士に依頼しましょう
債務整理を弁護士に依頼する場合について説明しています。
債務整理をするつもりでお金を借りた場合
すでに借金が支払えないことがわかっていて債務整理をするつもりでお金を借りた場合、 状況によっては債務整理ができなくなる可能性もあります。
過去に事故情報があっても債務整理できるのか?
過去に借金返済で事故情報がある場合に債務整理をすることはできるのでしょうか?
滞納している税金も債務整理で払わなくてもいい?
債務整理を考えている時に滞納している税金がどうなるのか気になる人も多いでしょう。
誰にもバレずに債務整理はできるのか?
借金問題を周りの人に知られたくないという人にとって誰にもバレずに債務整理をすることができるかどうかはとても重要な問題なので調べてまとめてみました。
過去に延滞などのトラブルがある場合の債務整理
過去に借金の利息を延滞したり、返済トラブルがあると債務整理をする時には どのような影響が生じてくるのでしょうか?
債務整理をすることは相手に伝えるべき?
債務整理を決心した時に借金相手に対して債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?
持ち家を残して債務整理をすることはできるのか?
持ち家を残した状態で債務整理によって借金を減額することはできるのでしょうか?
債務整理をした後に借金を滞納したらどうなる?
債務整理の手続きで、借金を減額したにもかかわらず返済できずに滞納してしまった場合、どのような状況に陥ってしまうか?について紹介しています。
債務整理の弁護士費用の相場と評判の良い法律事務所3選
借金問題の解決のために債務整理を検討中の方に、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを依頼する際にかかる費用の相場と、評判良く債務整理案件の実績がある法律事務所を3つ選んでみたので参考にしてください。