借金減額シミュレーター(匿名OK!無料)


債務整理によって今の借金問題がどれぐらい楽になるか、調べてみませんか?
最短10秒で具体的な借金減額プランがわかります借金減額シミュレーター

持ち家を残して債務整理をすることはできるのか?

持ち家に対しては強い思いを持っていらっしゃる方が多いと思います。
ですので、債務整理によって借金の負担を軽減することができたとしても
持ち家を手放さなければいけないなら「もっと踏ん張ろう!」という方もいるでしょう。

 

 

債務整理をすると持ち家にはどのような影響があるのでしょうか?
債務整理と言ってもいくつかの種類に分けられます。

 

参考:債務整理の種類について

 

ですので、債務整理をしたからと言って持ち家を処分しなければいけないというわけではありません。

 

債務整理の中でも自己破産に関しては、持ち家を残して手続きをすることはできません。
持ち家に限らず、車や退職金といった資産を清算しなければいけません。

 

持ち家を残して債務整理を考えているなら「任意整理」か「個人再生」の手続きです。
このどちらかの手続きをすれば、持ち家を手放したり、現在の生活を
大きく変えることなく借金問題を解決することができます。

 

しかし、持ち家を手放したくないからと言って本来であれば自己破産が
適当と思われるような借金の状況にも関わらず、任意整理や個人再生をして
減額された借金も支払えなくなってしまうと状況は悪化してしまいます。

 

ですので持ち家はできる限り手放したくないということを前提として
債務整理後の借金返済のシミュレートをしてみて、支払っていく余裕が残っていれば
任意整理や個人再生など持ち家を残すことができる債務整理を行うといいでしょう。

 

 

参考:借金返済のシミュレートや専門家への相談はコチラ

 

 

専門家に債務整理を依頼すれば、このような債務整理後の生活もしっかりと考えた上で
あなたに合った手続きの提案をしてくれます。

 

現在住宅ローンを返済中という場合は下記の記事も参考にしてください。

 

参考:住宅ローン支払い中の任意整理について

 

個人再生を行って持ち家を残したいという場合は再生計画の中に住宅資金特別条項を定めなければいけません。

 

※これには継続的な収入が見込めるなど一定の条件がありますが、
ご自身で持ち家を買い、住宅ローンを組んでいる場合は認められるケースが多いです。

 

自己破産の場合は資産価値が20万円以上の財産は全て差し押さえれることになるので持ち家を残すというのはとても難しくなります。
自己破産をしても持ち家に住み続けることができるケースとしては、身内、もしくは不動産業者に自宅を売却した上で、賃料を払って住み続けるというバックリースという方法もあります。

 

※場合によっては親族などに売却をし、家賃を支払わずに住み続けるというケースもありますが、売却価格に関しては適正金額で売却しなければいけません。

 

 

どのような手段を講じるかは専門家の判断を参考にして決断をすることをオススメします。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理の種類について
一口に債務整理と言っても借金をするに至った経緯や額になどで取るべき方法が変わります。そんな債務整理の種類について解説しています。
債務整理の必要性と手続き
借金問題を解決するための手段としての債務整理にはどのような必要性があり、どのような手続きで進めればいいのかを解説しています。
債務整理をする前提で借金をしてもいいのか?
債務整理をするという前提のもとで借金(新たな借り入れ)をすることは可能なのでしょうか?
債務整理について司法書士に相談してみる
債務整理のことについて司法書士に相談する場合、弁護士に相談する場合とどのような違いがあるのでしょうか?
債務整理は弁護士に依頼しましょう
債務整理を弁護士に依頼する場合について説明しています。
債務整理をするつもりでお金を借りた場合
すでに借金が支払えないことがわかっていて債務整理をするつもりでお金を借りた場合、 状況によっては債務整理ができなくなる可能性もあります。
過去に事故情報があっても債務整理できるのか?
過去に借金返済で事故情報がある場合に債務整理をすることはできるのでしょうか?
滞納している税金も債務整理で払わなくてもいい?
債務整理を考えている時に滞納している税金がどうなるのか気になる人も多いでしょう。
誰にもバレずに債務整理はできるのか?
借金問題を周りの人に知られたくないという人にとって誰にもバレずに債務整理をすることができるかどうかはとても重要な問題なので調べてまとめてみました。
債務整理後のローンや借り入れについて
債務整理後にローンを組みたい、借入がしたいという方にどれぐらいの期間が経過すればローンを組んだり借り入れをすることができるのか具体的な方法とともに紹介しています。
過去に延滞などのトラブルがある場合の債務整理
過去に借金の利息を延滞したり、返済トラブルがあると債務整理をする時には どのような影響が生じてくるのでしょうか?
債務整理をすることは相手に伝えるべき?
債務整理を決心した時に借金相手に対して債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?