借金減額シミュレーター(匿名OK!無料)


債務整理によって今の借金問題がどれぐらい楽になるか、調べてみませんか?
最短10秒で具体的な借金減額プランがわかります借金減額シミュレーター

過去に事故情報があっても債務整理できるのか?

債務整理をする前に過去に信用情報に事故と載ってしまった状態でも債務整理はできるのでしょうか?
結論から言ってしまうとそのような状態でも債務整理をすることはできます。

 

 

二度目の債務整理や自己破産をしたという人もいるぐらいなので過去に事故情報があるぐらいで
債務整理をすることができないということはありません。

 

もっとも一度目の任意整理などで事故情報が登録されることになるわけですからね。
ただなんでもかんでもできるというわけでもないようです。

 

 

債務整理と言っても任意整理、個人再生、自己破産と方法がいくつかありますが、
自己破産に関して言うと少なくとも7年間は期間が開いていないといけませんし自己破産をするには
裁判所の免責が下りなければいけないので状況によってはできないこともあります。

 

参考:自己破産は2回繰り返すことが可能なのか?

 

一番多い二度目の債務整理のパターンとしては一度任意整理をして借金を返済していたが、
その返済すらも困難となってしまったために個人再生や自己破産に踏み切ったというパターンです。

 

 

どちらかというとこのケースの場合は二度目の債務整理というよりも手続きの変更に近いですね。

 

 

また、二度目の任意整理という方法も無きにしも非ずですが、任意整理というのは元々金融業者との
和解交渉によって借金を減額してもらっているわけなので二度目になるとなかなか和解に応じてくれない、
交渉が難しくなると言われています。

 

 

そのようなケースを考えないとなると任意交渉はあくまでも債権者と債務者の間での交渉によるものなので
回数制限はなく何度でもすることができるということもできます。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理の種類について
一口に債務整理と言っても借金をするに至った経緯や額になどで取るべき方法が変わります。そんな債務整理の種類について解説しています。
債務整理の必要性と手続き
借金問題を解決するための手段としての債務整理にはどのような必要性があり、どのような手続きで進めればいいのかを解説しています。
債務整理をする前提で借金をしてもいいのか?
債務整理をするという前提のもとで借金(新たな借り入れ)をすることは可能なのでしょうか?
債務整理について司法書士に相談してみる
債務整理のことについて司法書士に相談する場合、弁護士に相談する場合とどのような違いがあるのでしょうか?
債務整理は弁護士に依頼しましょう
債務整理を弁護士に依頼する場合について説明しています。
債務整理をするつもりでお金を借りた場合
すでに借金が支払えないことがわかっていて債務整理をするつもりでお金を借りた場合、 状況によっては債務整理ができなくなる可能性もあります。
滞納している税金も債務整理で払わなくてもいい?
債務整理を考えている時に滞納している税金がどうなるのか気になる人も多いでしょう。
誰にもバレずに債務整理はできるのか?
借金問題を周りの人に知られたくないという人にとって誰にもバレずに債務整理をすることができるかどうかはとても重要な問題なので調べてまとめてみました。
債務整理後のローンや借り入れについて
債務整理後にローンを組みたい、借入がしたいという方にどれぐらいの期間が経過すればローンを組んだり借り入れをすることができるのか具体的な方法とともに紹介しています。
過去に延滞などのトラブルがある場合の債務整理
過去に借金の利息を延滞したり、返済トラブルがあると債務整理をする時には どのような影響が生じてくるのでしょうか?
債務整理をすることは相手に伝えるべき?
債務整理を決心した時に借金相手に対して債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?
持ち家を残して債務整理をすることはできるのか?
持ち家を残した状態で債務整理によって借金を減額することはできるのでしょうか?