債務整理の弁護士を費用の目安

MENU

債務整理を弁護士に依頼する際にかかる費用は?

借金問題を解決する手段として債務整理を行う場合、弁護士さんに手続きを依頼したいと考えている方は少なくないでしょう。しかし、借金問題を抱えているので弁護士費用がいくらになるのか?はとても気になりますよね。そこで、債務整理を弁護士に依頼した場合の費用の相場を調べてみました。

 

債務整理の弁護士費用の相場と評判の良い法律事務所3選

 

まずその前に債務整理を弁護士に依頼した場合どのような費用が必要になるのか?
報酬の種類と費用の内容、支払いの形態について確認しておきましょう。

 

≪債務整理を弁護士に依頼する際の費用の内訳≫

報酬種類

費用の内容

支払い単位

着手金

成功か否かに関わらず受任後に支払う費用

債権先1社につき〇〇円

基本報酬

過払い請求が成功した際の成果報酬(固定)

債権先1社に付き〇〇円

過払い報酬

過払い金請求金額に対しての成果報酬

過払い金請求金額の〇〇%

減額報酬

借金減額に成功した場合の成果報酬

減額金額の〇〇%

 

上記の表を見てもらえばわかる通り、債務整理にかかる費用は
「着手金」「基本報酬」「過払い報酬」「減額報酬」「手数料」の合計となります。
(過払い金が発生していない場合は過払い報酬は発生しません。)

 

もっと簡単に言えば・・・

 

@着手金
成功・失敗に関わらず事件の受任時に弁護士に支払う費用

 

A報酬
成功の程度によって弁護士に支払われる費用

 

B手数料
成功や失敗のない事務処理に対する費用

 

弁護士の報酬額には一律の基準はなく、それぞれの法律事務所が基準を作って依頼主との相談・協議を経て報酬金を自由に決定しています。だから、弁護士費用を事前に正確に把握することが困難になっているのです。

 

それに加えて個人再生や自己破産の手続きはその個人の状況によっても費用は変わります。なので債務整理における弁護士費用の相場はあってないようなものですが、あえて費用の目安を提示するなら下記を参考にしてください。

任意整理の弁護士費用相場

 

・着手金   1社あたり20000円〜40000円
・報酬金   1社あたり20000円〜40000円
・減額報酬  10%〜20%
・過払い報酬 15%〜25%

 

【参考記事】
任意整理の費用の内訳と分割払いでも払えない時の対処法
過払い金請求は着手金無料と費用の安さで選ぶ
個人再生の弁護士費用相場

 

・着手金  20万円〜30万円
・減額報酬 10%〜20%
・住宅ローン特例あり +10万円
※簡素な手続きのみで済む場合は20万円程度で可能なことも
【参考】
個人再生の費用相場の目安についてもっと詳しく

 

自己破産の弁護士費用相場

 

・20万円〜50万円
※自己破産の場合は同時廃止事件・少額管財事件・管財事件によって
費用に大きな開きが出ます。一般的に資産がない場合は費用が安く済む傾向にあります。

 

債務整理の弁護士費用について調べてみましたが、法律事務所によっては着手金無料の代わりに減額報酬が高く設定されていたり、手数料は別途請求など弁護士事務所によって費用形態が異なるのでできる限りWEBサイトで費用が明記してある事務所を選ぶといいでしょう。

 

個人再生や自己破産は債務者の借金・収入状況によって弁護士費用が大きく異なるため、WEBには費用について具体的に掲載していない弁護士事務所がほとんどです。個人再生や自己破産の弁護士費用に関しては一度無料相談や電話相談で自分の現在の状況を話した上で費用の目安を確認するといいでしょう。

 

弁護士と司法書士の違いは?

債務整理を借金問題の専門家に相談する際に、弁護士か司法書士のどちらに相談すればいいのか?と迷う人も多いと思います。
両者の違いは「費用」と「代理権」の違いです。
司法書士は元々は登記や供託を扱う資格なのですが、弁護士の人口が不足していることから、認定司法書士として法務省の認定を受ければ、認定司法書士として一定の範囲内で当事者の代理人となって紛争解決業務を行えます。
なので、正確に言えば「司法書士」ではなく認定司法書士となります。

 

両者の大きな違いは費用にあります。
弁護士も司法書士も債務整理の費用には一定の基準がないことはすでに紹介した通りなのですが、調べてみるとやはり司法書士のほうが弁護士よりも費用が安い傾向にあるのは間違いありません。

 

もう一つは代理権です。
債務整理に限って言えば、司法書士には140万円を超える民事事件を相談・和解・交渉の権限がありません。なので借金が140万円を超える案件は弁護士でなければ解決できません。注意点としてはこの140万円は、借金総額ではなく1社あたりの借金額です。借金総額が140万円を超えても1社あたりの債務額が140万円以下であれば認定司法書士でもあなたの代理人となることができます。

 

つまり、そもそも借金額によっては弁護士に相談・依頼しなければ債務整理ができない可能性もあります。
反対に、1社あたりの借金額が140万円以下であれば費用面の安さだけを考えるなら認定司法書士に依頼したほうが費用を安く抑えられますが、訴訟対応が必要な債務整理案件(支払督促が届いた・債権者に訴訟を起こされている)場合は、弁護士でも司法書士でもそこまで費用に差がでないケースもあります。
※訴訟対応が必要な場合は追加費用や別料金での計算となる司法書士事務所が多いため

 

傾向としては任意整理は司法書士、個人再生・自己破産は弁護士という方がほとんどです。

ちなみに債務整理の費用が勿体ないと考えて自分で債務整理を検討している方も中にはいます。任意整理や自己破産であれば自分で手続きを行った経験がある人は、当サイトで行ったアンケートでも何人かいますが、個人再生は法律家の中でも経験が少ない方も多いほど複雑な手続きなので自分で行うのはあまりおすすめできません。

 

【参考記事】
自分で個人再生の手続きを行うことは可能?

債務整理実績のある評判の良い弁護士事務所を紹介

弁護士費用の高い・安いはありますが、そもそもの話として過払い金請求や任意整理の費用が明確に記載されている弁護士事務所の中から選ぶのがオススメです。

 

個人再生・自己破産は目安が記載されていても個人の状況で大きく変わるのであくまでも参考程度に留めておくといいでしょう。

当サイトからの申し込み数NO1そうや法律事務所

 

・全国対応
・最短即日で返済、督促STOP
・相談は何度でも無料
・分割払い可能
・初期費用0円
フリーダイヤル

0120-825-036

(番号をタップで無料相談!365日24時間OK)


東京弁護士会所属 登録番号第47841号・第47975号
代表弁護士 松木勇作・町井敏亨

そうや法律事務所の借金問題無料相談はコチラ

 

弁護士法人サンク総合法律事務所

 

(旧サンク総合法律事務所)
東京弁護士会所属 第29906号
代表弁護士 樋口卓也

 

・365日24時間無料相談
・全国対応
・初期費用0円
・月600件以上の相談実績
・費用分割可能

 

弁護士法人サンク総合法律事務所全国からの借金問題解決の依頼に対応していて初期費用は無料で、依頼となった場合も費用の分割払いが可能です。なので今現在手元に弁護士費用がない方でも依頼できます。また、サンク法律事務所では債務整理において周囲にバレたくない人への配慮として書類のやり取りの際の封筒を無地にしたり、差出人を事務所名ではなく個人名にしてくれたりと配慮してくれる点も評判が良い理由となっています。受任通知も速やかに送付してくれるのですぐにでも借金の催促をストップさせたい人にもおすすめです。

 

 

弁護士法人サルート法律事務所

 

東京弁護士会所属 第15165号
代表弁護士 水野正晴

 

・365日24時間無料相談
・全国対応
・初期費用0円
・費用分割可能

 

サルート法律事務所は個人再生や自己破産、任意整理で評判のよい弁護士事務所です。
メール相談をすれば、現在の借金の総額と資産状況、あなたの希望から最も有効な債務整理の方法を提案してくれます。(ここまでの相談料は無料です)
受任後はスピーディーに催促ストップに対応してくれ、家族はもちろん職場にも配慮して内緒で手続きを行ってくれると好評です。

 

弁護士法人東京ロータス法律事務所

 

岡田法律事務所

東京弁護士会所属 第11528
代表弁護士 岡田優壮

 

・初回相談無料
・全国対応
・土日も対応

全国各地で定期的な無料相談会も実施している東京ロータス法律事務所は債務整理案件の中でも特に任意整理や過払い金請求の評判が良い法律事務所です。
全国対応で遠方からの依頼があっても必ず面談に駆けつけてくれます。過払い金請求にかかる弁護士費用も見ても相場と比べると安いことがわかると思います。
初回無料相談では匿名での相談も可能です。

今は債務整理の弁護士費用を払う余裕がなくても大丈夫?

借金問題を抱えていて債務整理の手続きをしようと思っても費用がない・・・。
債務整理をしたいけど弁護士費用なんか払えない!!

 

このような人は多いと思いますが、実際に債務整理を弁護士に依頼している人は
お金がない状況にも関わらず弁護士費用を支払うことができています。

 

これはなぜか?というと弁護士費用は分割払いに対応してくれる法律事務所が多く、依頼をして受任通知が貸金業者に送られると催促はおろか、その瞬間から返済の必要がなくなります。なのでほとんどの人がこれまで借金の返済に充てていたお金を弁護士費用に回しているだけなのです。

 

これまでの借金の負担が弁護士費用に変わるわけですね。
場合によっては弁護士費用の負担のほうが遥かに楽になることもあるでしょう。

 

例えば個人再生を行って弁護士費用が40万円だとすると8万円×5ヶ月で支払うことができます。
もしこれまで毎月10万円返済していたとしたら、2万円の余裕が生まれますよね。

 

分割払いに対応している弁護士事務所は多いですが、金額や回数は事務所ごとに設定されているので費用の相談はあらかじめ行っておくといいでしょう。

 

初期費用も無料・着手金は必要・後払い可能といった事務所もあります。
もし、今現在収入が全くない・失業中といった場合は法テラスの民事法律扶助制度の利用も検討してみましょう。
多少手続きを行うまでに時間はかかりますが、債務整理の費用を最初に立て替えてくれるので手元にお金がない、収入がほとんどない場合でも債務整理の手続きを行うことが可能です。

 

法テラスの民事法律扶助制度の条件などは下記の記事の下部で詳しく紹介しているので参考にしてくださいね。

 

【参考記事】
任意整理の費用相場と払えない場合の対処法

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理の種類と自分にとって最適な手続きが知りたいならこちら
借金問題を解決するために有効な債務整理ですが、その方法は大きく分けて3つの種類があります。この記事では債務整理の3つの種類とそれぞれのメリットデメリット、どの方法を選ぶのが自分でとってベストなのかを調べる方法について紹介しています。
債務整理をする前提で借金をしてもいいのか?
債務整理をするという前提のもとで借金(新たな借り入れ)をすることは可能なのでしょうか?
借金滞納を債務整理で解決!これが私の債務整理体験談
借金の滞納を債務整理で解決した方の債務整理体験談を紹介しています。実際に債務整理を体験した方の体験談は、気を付けるべき点や、債務整理後のイメージがわかるのでとても参考になると思います。借金を滞納して一括請求の通知が届いてしまい債務整理を検討している方は参考にしてくださいね。
過去に事故情報があっても債務整理できるのか?
過去に借金返済で事故情報がある場合に債務整理をすることはできるのでしょうか?
滞納した税金も債務整理で減額できる?税金の時効は?
債務整理を考えている時に金融機関からの借金だけではなく、税金やその延滞金を滞納している方も多いのではないでしょうか?この記事では税金を滞納している場合に債務整理をしたらどのような影響があるのか?税金に消滅時効はあるのか?について紹介しています。
誰にもバレずに債務整理をする方法について考えてみた
借金問題を家族や周りの人など誰にも知られたくないという人にとって誰にもバレずに債務整理をすることができるかどうかはとても重要な問題なので調べてまとめてみました。
債務整理後の借り入れやローンは可能?できない場合の対処法
債務整理後に借り入れやローンを組みたいと考えている人は多いと思います。この記事では債務整理後に借り入れやローンはいつからできるのか?や、まだ借り入れができない時期にお金が必要になった時の借り入れ先について紹介しています。
過去に延滞や遅延損害金が発生している場合の債務整理の注意点
過去に借金の利息を延滞したり、それによって遅延損害金が発生したりといった返済トラブルがあると債務整理をする時にはどのような影響が生じてくるのでしょうか?
債務整理開始は相手に伝えるべき?受任通知が届くまでに取り立てがあったらどうする?
債務整理を決心した時に借金相手に対して債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?また債務整理を法律家に依頼した時の受任通知が届くまでの期間やその間に取り立てがあった場合の対処法を紹介しています。
持ち家を残して債務整理をするなら住宅ローンの有無や資産価値が大事
持ち家を残した状態で債務整理によって借金を減額することはできるのでしょうか?答えは可能ですが、自宅を残して債務整理をする場合は注意しないと最終的には手放さなければいけない状況に陥ってしまう可能性もあります。
債務整理をした後に借金を滞納したらどうなる?
債務整理の手続きで、借金を減額したにもかかわらず返済できずに滞納してしまった場合、どのような状況に陥ってしまうか?について紹介しています。
債務整理での退職金の扱いはどうなる?退職金証明書をさりげなく請求するには?
債務整理を行った場合、あなたの退職金にはどのような影響がでるのでしょうか?債務整理における退職金の扱いと、必要になる退職金証明書を誰にもバレずに請求する言い訳についても考えてみたので参考にしてください。
公務員が債務整理をする際のポイント@住宅ローンや共済借入に注意!
公務員の方が債務整理をする際に、注意すべきポイントについて紹介しています。職場にバレるリスクや、債務整理をした場合のその後の生活への影響が気になる方はこの記事を参考にしてくださいね。