債務整理とはどんなこと?

債務整理とは、借金の返済に困ったときに法律で整理する手段で、4種類の方法があります。

 

「任意整理」は、裁判所を通さずに債務者と債権者の間で交渉して、利息や毎月の支払いを減らしてもらうことです。
周囲に知られることがなく、進められます。元金については返済の義務がありますので、利息の額を減らしたい人に向いています。
また、数年間分割弁済できる安定した定期収入があることが条件です。

 

 

「民事再生」は、裁判所を通じて債務を減らしてもらう手続きで、住宅を手放さずに進めることができます。
住宅ローン以外の借金総額を大幅に減額して原則3年間で返済します。
借金の総額によって減額される額は異なります。
家や自動車を手放さずに借金の額を減らしたい人に向いています。

 

 

「自己破産」は、地方裁判所に申し立てて、借金を帳消しにする手続きで、多重債務に苦しむ人のために、国が作った救済策です。
一定の財産は手放す必要があり、約7年間は新規の借り入れやクレジットカードを作ることはできません。
任意整理や民事再生でも返せないような多額の借金を抱えている場合の手段です。

 

 

「過払い金」は、金融業者に返済しすぎたお金のことで、返還請求をして取り戻します。
消費者金融や貸金業者、信販会社発行のクレジットカードのキャッシングも対象です。

 

 

これらの債務整理の手続きは、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。
督促などは、依頼すればすぐに止まり、精神的な負担からも解放されます。
借金問題で悩んでいるなら、債務整理を法律の専門家に相談することをおすすめします。

 

このカテゴリーでは債務整理について掘り下げて説明したいと思います。

 

>>>借金問題を解決するために知っておきたい知識はコチラ<<<

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

債務整理について記事一覧

債務整理には、大きく分けて三つあります。一つは任意整理です。これは、裁判所を通さないで、貸金業者や銀行との話し合いで借金を整理する手続です。具体的には将来利息の発生を止めてもらって、今残っている元金を3年から5年かけて分割払いするという約束をします。裁判所を通さない手続ですから、財産を取られることもありませんし、官報に載ることもありません。次は自己破産です。免責手続と合わせて説明すると、要は借金の...

債務整理と言う言葉はあまり耳にしない言葉ですが、とても重要な手続きで会社更生法を利用する企業や自己破産の手続きをする個人の人達は事前に必ず行っておかないといけない手続きです。分かりやすく言うと債務の清算と言う事で自分の所有してる資産を清算をして債務に充てる事で債務の総額を減らし、それから会社更生法の手続きや自己破産の手続きを行う事になります。もし債務整理が行われていない場合はその先の手続きに進む事...

債務整理がこれから先の選択肢に浮かんでいるということはすでに毎月の生活が厳しく業者からの督促の連絡などに頭を悩まされている状況であると思います。そのような状態なのである程度債務整理が視野に入ってはいるけれどとにかく生活をするためにお金が必要というケースも少なくないでしょう。つまり、債務整理をすることがわかっていながら借金(借り入れ)がしたいというケースです。逆に言えば債務整理をする直前にお金を借り...

多くの消費者金融や銀行系のカードローン会社が気軽に利用することが出来るキャッシングサービスを提供しています。それらのキャッシングの多くは即日審査でお金を借りることが出来、コンビニエンスストアに設置されているATMからも自分の貯金と同様にお金を引き出せるようになっています。返済についても借りたお金を分割のリボルビング払いによって無理することなく毎月一定額を無理なく返済することが出来るようになっている...

最近はテレビのコマーシャルでも、過払い請求といった言葉をよく耳にするようになってきましたが、毎月の収入では追いつかないほどの支払いを続けている人にとって、救いの手があるという情報が広く浸透してきました。返済を行うために新たなところから借金をするということを繰り返しているうちに、借金が雪だるま式に膨れ上がってしまったということは、そう珍しいことではなく、すべての借金が浪費だけということは意外と少ない...

毎月利子を含めて借金を返済しているのに一向に元本が減らない、利子だけの返済すらも厳しいこのような状況から債務整理を検討している人は多くいるのではないでしょうか。そんな状況の中でどうせ債務整理をして借金が減る、もしくはなくなるのならその前に借りられるだけ借りておいてそれからしたほうがいいんじゃないのか?そういう風に思っている方もいるかもしれません。このように債務整理をするつもりでお金を借りた場合、状...

債務整理をする前に過去に信用情報に事故と載ってしまった状態でも債務整理はできるのでしょうか?結論から言ってしまうとそのような状態でも債務整理をすることはできます。二度目の債務整理や自己破産をしたという人もいるぐらいなので過去に事故情報があるぐらいで債務整理をすることができないということはありません。もっとも一度目の任意整理などで事故情報が登録されることになるわけですからね。ただなんでもかんでもでき...

借金が増えてくると毎年の税金を支払うことが難しい状態になっているケースがあります。サラリーマンの場合、所得税や保険料などは給料から引かれていることが多いので住民税、自営業者の場合は自分で納めなければいけないので税金全てということになります。もちろん、借金を抱えながらも税金を支払っていれば何も問題ありませんが、支払いとしては一番後回しになってしまって払えずに滞納してしまっている人も多いでしょう。この...

債務整理を誰にもバレずに内緒で行うことはできるのでしょうか?借金生活から抜け出すためには、借金の減額や免除をすることができる債務整理はとてもいい解決手段の一つになりえますが、債務整理をすること、もしくは返済不能の借金を抱えてしまったことが周囲に知られることで今現在の生活(仕事や家庭など)に影響が出てしまうから踏み出せない・・・。このように考えて債務整理に躊躇してしまうという人は多いでしょう。結論か...

債務整理後にローンや借り入れをすることはできるのでしょうか?というのも将来家を購入したい、車を購入したいと考えている人にとって債務整理後にローンや借り入れをすることができないとなると大きなデメリットが生じてしまうために債務整理をすることを躊躇してしまうことがあるからです。しかし、債務整理をしたからといって一生ローンを組んだり借り入れができなくなるというわけではありません。まずは、ローンを組んだり、...

自分の返済能力以上の借金を抱えてしまっている場合に、借金の返済が滞ってしまったり、利息を延滞しなければいけないような事態に陥ってしまうことも考えられると思います。過去に延滞や滞納があると債務整理をする場合にはどのような影響があるのでしょうか?実際に、債務整理を行う人はこのように延滞や滞納という事態になってから債務整理を真剣に考えだす人が多いので過去に延滞や滞納があるからといって債務整理をすることが...

借金の返済がどう考えても不可能な状態に陥ってしまし、債務整理をしようと決断した時に借金をした相手(債権者)に債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?専門家に債務整理の依頼をするとまずは債権者に対して弁護士や司法書士から受任通知というものが送られることになります。そうすると何が起こるか?というと債権者は通知や電話、訪問による直接の借金の取り立てを行うことができなくなります。もし仮に上記のよ...

持ち家に対しては強い思いを持っていらっしゃる方が多いと思います。ですので、債務整理によって借金の負担を軽減することができたとしても持ち家を手放さなければいけないなら「もっと踏ん張ろう!」という方もいるでしょう。債務整理をすると持ち家にはどのような影響があるのでしょうか?債務整理と言ってもいくつかの種類に分けられます。参考:債務整理の種類についてですので、債務整理をしたからと言って持ち家を処分しなけ...