債務整理

MENU

債務整理とはどんなこと?

債務整理とは、借金の返済に困ったときに法律で整理する手段で、4種類の方法があります。

 

「任意整理」は、裁判所を通さずに債務者と債権者の間で交渉して、利息や毎月の支払いを減らしてもらうことです。
周囲に知られることがなく、進められます。元金については返済の義務がありますので、利息の額を減らしたい人に向いています。
また、数年間分割弁済できる安定した定期収入があることが条件です。

 

 

「民事再生」は、裁判所を通じて債務を減らしてもらう手続きで、住宅を手放さずに進めることができます。
住宅ローン以外の借金総額を大幅に減額して原則3年間で返済します。
借金の総額によって減額される額は異なります。
家や自動車を手放さずに借金の額を減らしたい人に向いています。

 

 

「自己破産」は、地方裁判所に申し立てて、借金を帳消しにする手続きで、多重債務に苦しむ人のために、国が作った救済策です。
一定の財産は手放す必要があり、約7年間は新規の借り入れやクレジットカードを作ることはできません。
任意整理や民事再生でも返せないような多額の借金を抱えている場合の手段です。

 

 

「過払い金」は、金融業者に返済しすぎたお金のことで、返還請求をして取り戻します。
消費者金融や貸金業者、信販会社発行のクレジットカードのキャッシングも対象です。

 

 

これらの債務整理の手続きは、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。
督促などは、依頼すればすぐに止まり、精神的な負担からも解放されます。
借金問題で悩んでいるなら、債務整理を法律の専門家に相談することをおすすめします。

 

このカテゴリーでは債務整理について掘り下げて説明したいと思います。

 

>>>借金問題を解決するために知っておきたい知識はコチラ<<<

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

債務整理について記事一覧

債務整理とは国が認めている借金の減額方法や免除の手続きで、借金の返済が困難な時に利用できます。借金問題を解決するための債務整理には、大きく分けて3つの種類があります。そんな債務整理の種類と簡単な特徴・メリットデメリットを紹介していきたいと思います。@任意整理≪任意整理の特徴≫任意整理は、裁判所を通さないで、貸金業者や銀行との話し合いで借金を整理する手続です。具体的には将来利息の発生を止めてもらって...

借金問題の解決手段として債務整理がこれから先の選択肢に浮かんでいるということはすでに毎月の生活が厳しく業者からの督促の連絡などに頭を悩まされている状況であると思います。そのような状態なのである程度債務整理が視野に入ってはいるけれどとにかく生活をするためにお金が必要というケースも少なくないでしょう。つまり、債務整理をすることがわかっていながら借金(借り入れ)がしたいというケースです。逆に言えば債務整...

この記事では借金の滞納を債務整理で解決した方に当サイトで行ったアンケートを紹介しています。債務整理をする際の注意点や、債務整理後のイメージを知りたい方は参考にしてくださいね。年齢:34性別:男性借金の滞納額:400万円債務整理後の返済額:300万円債務整理の方法:任意整理失業で収入が途絶えたことと、トラブルを解決するのにお金を要求されたため借金をしました。失業中でも、親から金を入れろとうるさく言わ...

債務整理をする前に過去に信用情報に事故と載ってしまった状態でも債務整理はできるのでしょうか?結論から言ってしまうとそのような状態でも債務整理をすることはできます。二度目の債務整理や自己破産をしたという人もいるぐらいなので過去に事故情報があるぐらいで債務整理をすることができないということはありません。もっとも一度目の任意整理などで事故情報が登録されることになるわけですからね。ただなんでもかんでもでき...

借金問題で借金が増えてくると毎年の税金を支払うことが難しい状態になっているケースがあります。サラリーマンの場合、所得税や保険料などは給料から引かれていることが多いので住民税、自営業者の場合は自分で納めなければいけないので住民税や所得税はもちろん、消費税や個人事業税など税金全てということになります。もちろん、借金問題を抱えながらも税金を支払っていれば何も問題ありませんが、支払いとしては一番後回しにな...

借金問題を家族や会社、知人に内緒にしている方は多いと思います。そんな借金問題を解決するための債務整理、誰にもバレずに手続きを行うことはできるのでしょうか?最初は家族に内緒にしていた借金が膨れ上がり、借りては返済を繰り返す自転車操業の状態に陥ってしまったら、放っておいてもいずれ借金問題が家族にバレてしまうのは時間の問題です。今のままの状態ならいずれ家族を含めて周囲に借金がバレてしまうなら債務整理が最...

債務整理をすると、クレジットカードやローン、借り入れの審査の際に金融機関が照会する「個人信用情報」に事故情報が記載されてしまう、いわゆるブラックリストの状態になってしまうことはほとんどの方が知っているかと思います。当然、信用情報に事故情報が記載されていると、クレジットカードの作成や、ローン・借り入れの際の審査には通りません。しかし、債務整理後にいつまでの事故情報が記載されているわけではなく、債務整...

自分の返済能力以上の借金問題を抱えてしまっている場合に、借金の返済が滞ってしまったり、利息を延滞しなければいけないような事態に陥ってしまうことも考えられると思います。過去に延滞や滞納があると債務整理をする場合にはどのような影響があるのでしょうか?実際に、債務整理を行う人はこのように延滞や滞納という事態になってから債務整理を真剣に考えだす人が多いと思います。仮に過去に延滞や滞納があるからといって債務...

借金の返済がどう考えても不可能な状態に陥ってしまい、債務整理をしようと決断した時に借金をした相手(債権者)に債務整理をすることを伝えたほうがいいのでしょうか?専門家に債務整理の依頼をするとまずは債権者に対して弁護士や司法書士から受任通知が送られることになります。債務整理における受任通知とは、債務者である(依頼者)が弁護士、もしくは司法書士に債務整理を依頼したことを貸金業者(債権者)に通知する文書で...

持ち家に対しては強い思いを持っていらっしゃる方が多いと思います。ですので、債務整理によって借金の負担を軽減することができたとしても持ち家を手放さなければいけないなら「もっと踏ん張ろう!」という方もいるでしょう。債務整理をすると持ち家にはどのような影響があるのでしょうか?先に結論から言っておくと持ち家を残して債務整理をすることは可能です。ただいくつか条件や注意点があるのでこの記事では持ち家を残して債...

借金を債務整理によって減額した後に、残った借金を滞納してしまうとどのような状況に陥るのでしょうか?債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」という手続きがありますが、自己破産以外の債務整理の場合は借金は減額されますが、0になるわけではありません。とは言っても、利息がカットされるので借金返済の負担は軽くなります。しかし、その残った借金の返済を滞納してしまった場合どうなるのでしょうか?個人再生を...

借金問題を解決する手段として債務整理を行う場合、弁護士さんに手続きを依頼したいと考えている方は少なくないでしょう。しかし、借金問題を抱えているので弁護士費用がいくらになるのか?はとても気になりますよね。そこで、債務整理を弁護士に依頼した場合の費用の相場を調べてみました。まずその前に債務整理を弁護士に依頼した場合どのような費用が必要になるのか?報酬の種類と費用の内容、支払いの形態について確認しておき...

「債務整理 退職金」というキーワードを見ると、あなたが将来得られる退職金が債務整理をすることでなくなってしまうイメージがあるかもしれませんね。この記事では債務整理をする際に退職金がどのような扱いになるのか?と退職金の有無と証明する際に必要になる退職金証明書を会社に請求する際の言い訳やできるだけバレずに用意する方法について紹介しています。債務整理で退職金がどうなってしまうのか?会社にバレずに債務整理...

公務員の方の債務整理の特徴としては、借金総額が多い傾向にあります。これは公務員が安定した職業として認知されているので消費者金融や銀行から借り入れしやすいからです。ではそんな公務員の方が債務整理をする場合、一般的な職業の人が債務整理するケースとどのような違いがあるのでしょうか?まず、公務員だからといって「債務整理ができない」なんてことはありません。また職場にバレたら辞めなければいけないなんてこともあ...