債務整理 財産

MENU

任意整理すると財産(車や住宅)はどうなる?

債務整理の中でも任意整理は車やそれ以外の財産への影響が少ない手続きです。

 

自己破産をすると保有できる財産は99万円以内の自由財産のみとされるのでそれ以外に持っている財産、持ち家や車などは没収されてしまいます。個人再生の場合は資産価値が個人再生後の借金の返済額を上回らない限りは住宅を残すことができます。(車はローンの有無や資産価値による)

 

 

では同じ債務整理の中でも程度としては軽い(言い方がおかしいですが)任意整理をすると持っている財産はどうなるのでしょうか?

 

結論から言えば任意整理をしても自己破産のように財産が強制的に処分されるケースはありません。なぜなら任意整理は借金を減額する手続きですが元本に関してはしっかりと支払う手続きだからです。しかし、その財産が担保になっているような場合には財産を引き上げられる可能性があります。財産の中でも比較的多くの人が気になるものは自動車や住宅でしょう。

 

 

例えば、任意整理を行いたいけどもし車を手放さなければいけなくなったら仕事に支障が出てしまうような場合です。基本的には自動車ローンを組んで車を購入した場合、その自動車ローンを返済している間の車の所有者は購入者ではなく債権者となっているケースがほとんどなので、そのケースで任意整理をした場合には自動車が引き上げられてしまいます。「所有者留保」と言いますが稀に所有者留保がされていないケースもあるので車検証の所有者の欄を確認してみましょう。

 

 

住宅ローンに関しても同じです。そう考えると任意整理をすると車や住宅といった財産を手放さなければいけないように思えますが、任意整理の場合は整理をする債権者を自分で選択することができます

 

住宅に関しては下記の記事でより詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

 

【参考記事】
どうしても持ち家を残して債務整理がしたい場合の対処法

 

 

任意整理において借金を整理する債権者を選択するとはどのような状況なのでしょうか?

 

例えば住宅ローンや自動車ローンを支払っていてその他にもキャッシングやクレジットカードの残債があって任意整理を検討しているが、住宅や自動車は手元に残したい場合なら住宅や自動車のローンは任意整理の対象から外してその他の借金に対して任意整理をすれば車や住宅を残せます。その場合は住宅ローンや自動車ローンはこれまで通り支払いをしていかなければいけませんが、強制的に車や住宅を引き上げられる事態は避けられます。

 

しかし、冒頭でもお伝えしたような、住宅などが消費者金融からのローンの担保になっているような場合にこの消費者金融からのローンを債務整理してしまうとその住宅の価値やローンの残高によって住宅を処分しなければいけない事態も起こります。

 

また、任意整理でも車や住宅の資産価値(ローン残高を差し引いた額)が高く、それが債権者に知られてしまうと資産の売却を促されたりして任意整理の交渉が上手く進まないケースも考えられます。

 

ただ基本的には車や住宅など、残しておきたい財産に関する借金は任意整理の対象から外すと考えておけば強制的に財産が処分される事はありません。では任意整理以外の他の債務整理で車を残せるのでしょうか?

 

個人再生をするとどうなる?・・・個人再生をするとローンが残っていて、車の所有者がローン会社になっている場合は引き上げられます。ローンを払い済みの場合は残すことが可能ですが、車の資産価値が個人再生をした後の借金額よりも高い場合は、最低でも車の資産価値以上の借金を返済しなければいけません。

 

自己破産をするとどうなる?・・・自己破産をすると冒頭でも紹介したように車を財産とみなされるので没収されてしまいますが、「新規登録から7年以上経過している車」「新車の本体価格が300万円以下の車」「車の現在の時価が20万円以下」の条件(つまりボロボロの車)であれば処分を免れます。

 

もし、個人再生や自己破産で生活にどうしても車が必要な場合は債務整理後に安い中古車を現金で購入しましょう。自己破産や個人再生の際の車や財産の扱いについての詳細は下記の記事も参考にしてくださいね。
【参考記事】
自己破産すると車はどうなるのか?

 

債務整理をした後に車を買うためにマイカーローンを組みたい場合ですが、マイカーローンの場合最低でも5年〜7年の間はローンは組めないと思っておいたほうがいいでしょう。
これは任意整理をした段階で信用情報に事故情報との記載がされてしまうためです。
任意整理後すぐには住宅ローンを組めないのと同じ理由になります。

 

住宅や車といった資産は紹介してきた通りですが、クレジットカードなどの持ち物は任意整理でどうなるのか?は下記にまとめてみたので参考にしてくださいね。

 

>>任意整理をした後でもクレジットカードは使える?作れるのはいつから?

 

債務整理をするとどうなるのか?もし、残したい資産と、減額したい借金が複雑に関係している場合は専門家にアドバイスをもらいながら債務整理を進めましょう。ここで紹介した方法以外にもできるだけデメリットを少なくして債務整理ができる方法があるかもしれません。どうしても残したい価値の高い資産がある場合は債務整理以外に借金を減らす方法を検討してみてはいかがでしょうか?

 

【参考記事】
こんなにある!借金を減らすために考えられる5つの方法


 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

任意整理のメリットとデメリットを詳しく教えて!
債務整理でも任意整理の手続きをする場合のメリットとデメリットについて紹介しています。車や家、クレジットカードを残したまま手続きができるのか?どれぐらい借金の負担が減るのかといった疑問を解決したい方は参考にしてくださいね。
任意整理でクレジットカードは残せる?いつから使えなくなるの?
任意整理をした後にクレジットカードは残すことはできるのか?使えなくなるならいつから使えなくなるのか?など任意整理後に気になるクレジットカードに関する疑問をわかりやすく紹介しています。
任意整理を行っても会社勤めに影響はありません
任意整理をすると会社勤めをしている人にとってどのような影響が考えられるのか紹介しています。
家族や職場など誰にもバレずに内緒で任意整理できる?(アンケート付)
債務整理の手続きの一つである任意整理は家族や職場にバレないように内緒で手続きできるのでしょうか?任意整理経験者へのアンケートを実施してバレるきっかけやバレないための方法も紹介しているのでバレたくないと思っている方は参考にしてくださいね。
任意整理をした後の返済方法@期間や返済額、支払い方法はどう決まる?
任意整理をした場合の借金の返済方法について、どれぐらいの期間で返済しているくのか?返済額はどう決めるのか?支払い方法は?といった疑問を解決できるように詳しく解説しています。
任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?
任意整理ができないケースと原因から考える対処法について
将来利息や遅延損害金をカットして元金のみの返済にできる任意整理ですが、場合によっては任意整理ができない、貸金業者に断られるケースがあります。その原因と任意整理ができない場合の対処法について紹介しています。
任意整理の費用の内訳と分割払いでも払えない時の対処法
任意整理に費用がいくらかかるのか?事前に知っておきたいですよね。この記事では任意整理にかかる費用とその内訳、費用が安いと判断できる基準とその基準にあった法律事務所を紹介しています。
住宅ローン返済中に任意整理@やっちゃダメなNGケースとは?
住宅ローンを返済中に任意整理をすることはできるのでしょうか?自宅を手放さずに任意整理をする場合にやってはいけないケースや、住宅ローンの負担が大きい場合の解決方法について紹介しています。
任意整理があなたの家族や人生、信用情報に与える影響のまとめ
任意整理をすることであなたの家族や人生においてどのような影響がでるのか紹介しています。もっとも影響の大きい信用情報への影響についてはどれぐらいの期間任意整理の影響が出るかわかりやすく解説しています。