任意整理 メリット デメリット

MENU

まずは任意整理がどんな手続きか?簡単に知っておこう!

任意整理とは

任意整理とは債務整理の手続きの一つで、裁判所を通さずに債権者との直接交渉によって
将来利息のカット・遅延損害金のカットを目指し、借金を分割で支払って行くための手続きです。
基本的には借金の元金のみを3年間(最長で5年)の分割払いで支払って行く決着となるケースが多いです。

 

債務整理全体の件数の中でも最も多く行われている手続きが任意整理なんですね。
この記事では任意整理を検討中の方に、任意整理で得られるメリットや、我慢しなければいけない
デメリットや手続きの流れについて詳しく紹介しているので参考にしてくださいね!


任意整理で得られるメリットは5つある!

任意整理のメリット

任意整理であなたが得られるメリットは大きく分けて5つあります。
では、どんなメリットがあるのか?詳しく見ていきましょう!

任意整理のメリットその@支払いの義務が一時的にストップする

借金の最低支払額を返済日に支払わなければ債権者から電話や通知による催促が始まります。
この催促は日数が経過すればするほど、遅延損害金の発生や一括返済の要求などハードルが上がっていきます。

 

しかし、任意整理の手続きを開始して債権者にもその旨の通知(弁護士が送る受任通知)が届くとその段階で和解に至るまでの借金の支払い義務がストップします。つまり、催促の通知や連絡も来なくなります。

 

借金の催促によって精神的なプレッシャーがかかりますので催促が一時的にでもストップすれば精神的な余裕も生まれるのはもちろん、その間に生活の立て直しを図ることができるでしょう。これは大きなメリットですよね。ただし、自分で任意整理をする場合は支払い義務がストップするわけではないので注意しましょう。

 

【もっと詳しく】
任意整理を開始して受任通知が債権者に届くまでの期間は?

任意整理のメリットそのA家族や勤務先にバレる可能性が低い

借金問題を抱えている場合、家族や勤務先など周囲にいる人達に内緒にしている方は多いと思います。任意整理は裁判所を通さない債務整理の手続きなので、家族や勤務先にバレずに債権者と交渉を行い、借金問題を解決できる可能性が高いです。

 

弁護士や司法書士といった専門家に任意整理を依頼すれば、法律事務所が窓口となって交渉を進めてくれるので直接の電話や郵便物によって家族にバレる可能性はより低くなります。

 

【もっと詳しく】
任意整理をバレずに行うための方法とは?

任意整理のメリットそのB借金総額を減らすことができる

任意整理は債権者との直接交渉なので必ずとは言い切れませんが、遅延損害金のカットや将来利息のカットによって本来支払うはずだった借金総額を減らせる可能性が高いです。
また、取引期間が長く過払い金が発生している状態であれば過払い金の返還請求によって元金までも減らせる可能性があります。
過払い金が発生しているかどうか?は引き直し計算をして事前に調べることが可能です。

 

【もっと詳しく】
過払い金が発生する条件と簡単な計算方法

任意整理のメリットそのC特定の借金を選んで整理ができる

「ローン返済中だけど車は残したい!」このような場合に、任意整理であれば対象とする借金を自分で選択できるので残したい資産・財産を残したまま手続きができます。
上記の車の例で言えば、車のローンを任意整理の対象から外しておけば車を没収されることはありません。
※ただ、任意整理の対象から外した借金に関しては将来利息のカットなどはできません。

 

任意整理のメリットそのD職業制限・資格制限がない

これは一部の人のメリットとなりますが、債務整理でも自己破産をする場合は就けない職業や取れない資格などがありますが、任意整理はこのような制限がありません。
つまり、どんな職業でも任意整理の手続きを行うことができるとも言えます。

 

 

以上が任意整理で考えられるメリットと言えるでしょう。


任意整理で我慢するべきデメリットは4つある

任意整理のデメリット

任意整理はメリットばかりではありません。次はデメリットについて紹介していきましょう。

任意整理のデメリットその@新たな借り入れができなくなる

任意整理をすると信用情報機関の個人信用情報に事故情報が記載されてしまいます。
いわゆるブラックリストに載ってしまった状態ですね。

 

信用情報に事故情報が記載されている状態ですと、新たな借り入れができなくなります。つまり、クレジットカードを作ったり、住宅ローンを組んだりといったことが一定期間できなくなります。目安としては最低でも5年間は新たな借り入れはできないと思っておいたほうがいいでしょう。

 

これは任意整理だけでなく債務整理全体のデメリットと言えます。
ただ、反対に言えばこの期間に現金主義の生活を送ることで家計のコントロールが容易になるので今後の人生においてはメリットになる可能性もあるでしょう。

 

【もっと詳しく】
自分がブラックかどうか確認する個人信用情報の照会方法

任意整理のデメリットそのA借金の減額効果は低い

任意整理は過払い金が発生している状態を除けば、借金の元金が減るわけではありません。そのため、個人再生や自己破産といった債務整理の手続きと比較すると借金の減額効果は低いと言えます。

 

借金そのものを減らすというよりは、「返済計画を見直す」「利息をなくす」といった意味合いが強いです。

任意整理のデメリットそのB任意整理に応じてくれない業者もある

基本的には任意整理をすれば交渉に応じてくれる業者がほとんどですが、一部応じてくれない貸金業者もあります。もしくは弁護士や司法書士といった専門家であれば交渉するけど、個人だったら交渉しない業者もあります。

 

このような場合は専門家に任意整理を依頼するか、その他の債務整理の手続きを検討する必要があるでしょう。

 

【もっと詳しく】
任意整理ができないケースと原因から考える対処法

任意整理のデメリットそのC費用がかかる

任意整理は自分で行えば、郵送代や公正証書の作成費用だけなのでそこまで費用はかかりませんが、先程も少し触れたように自分でやると相手にされなかったり、過払い金を見落としたりする可能性もあります。

 

なので専門家に相談して依頼するのがおすすめですが、
弁護士や司法書士といった専門家に依頼するとその費用が必要になります。
任意整理にかかる費用は法律事務所によって異なりますが、ざっくりとした相場で言えば、1社40000円〜、過払い金や減額交渉に成功した場合の報酬金10%が目安となります。

 

以上が任意整理で考えられるデメリットと言えるでしょう。


任意整理の手続きの流れを教えて!

では、任意整理の手続きの流れについて紹介したいと思います。

 

任意整理の手続きの流れ

 

基本的には自分で任意整理を行う場合も専門家に依頼した場合も同様です。
専門家に依頼した場合は最初に相談があって費用の説明や今後のスケジュールの説明があり、契約を交わせばその段階で受任通知が債権者に発送され催促などがストップされるので後は待つだけになります。

 

自分で任意整理を行う場合は任意整理の申し入れをした段階で拒否されたり、交渉に至っても条件面で合意できない可能性があるので注意しましょう。

 

任意整理の実際の解決事例は当サイトでも複数紹介しているので参考にしてくださいね!

 

>>任意整理で借金問題を解決した体験談はコチラ

法律家に任意整理を依頼するメリットは?

ここまで任意整理のメリット・デメリットについて紹介したきましたが、
任意整理は専門家に依頼しないとメリットが少ないことがわかっていただけたと思います。
そもそも、債権者が交渉に応じてくれなければ任意整理ができない可能性もあります。

 

なので費用は発生しますが、弁護士や司法書士にまずは相談してみるといいでしょう。
任意整理の費用が気になる場合は一般的には司法書士に依頼したほうが多少は安く済みます。

 

※司法書士に依頼する場合は司法書士の代理権の範囲に注意しなければいけません。
簡単に言うと、司法書士は140万円以内の訴訟や紛争でしか代理人になることはできません。
司法書士の代理権の140万円以内というのは、借金総額ではなく1件あたりの金額です。
なので借金総額300万円でも1件あたりの借金額が140万円以内であれば司法書士でも代理人になれます。

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理をすると財産や持ち物はどうなる?車・住宅・クレジットカード
債務整理をするとそれまでに自分が持っていた財産や持ち物はどうなってしまうのでしょうか?任意整理や個人再生、自己破産などケースごとに解説しています。どうしても残したい財産や持ち物がある方は参考にしてくださいね。
任意整理後にクレジットカードは持てる?
任意整理をした後にクレジットカードを作ることはできるのでしょうか?
任意整理を行っても会社勤めに影響はありません
任意整理をすると会社勤めをしている人にとってどのような影響が考えられるのか紹介しています。
誰にもバレずに内緒で任意整理できるのか?
債務整理の手段の一つである任意整理は誰にも知られずにすることはできるのでしょうか?
任意整理をした後の返済方法@期間や返済額、支払い方法はどう決まる?
任意整理をした場合の借金の返済方法について、どれぐらいの期間で返済しているくのか?返済額はどう決めるのか?支払い方法は?といった疑問を解決できるように詳しく解説しています。
任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?
任意整理ができないケースと原因から考える対処法について
将来利息や遅延損害金をカットして元金のみの返済にできる任意整理ですが、場合によっては任意整理ができない、貸金業者に断られるケースがあります。その原因と任意整理ができない場合の対処法について紹介しています。
任意整理の費用の内訳と分割払いでも払えない時の対処法
任意整理に費用がいくらかかるのか?事前に知っておきたいですよね。この記事では任意整理にかかる費用とその内訳、費用が安いと判断できる基準とその基準にあった法律事務所を紹介しています。
住宅ローン返済中に任意整理はできるのか?
住宅ローンを返済中に任意整理をすることはできるのでしょうか?自宅を手放さずに任意整理をしたいという方は参考にしてくださいね。
任意整理が信用情報に与える影響や期間について
任意整理をすることで信用情報に影響がでますが、何が起こるのか、またその期間について紹介しています。