任意整理 メリット デメリット

MENU

任意整理のメリットとデメリット

任意整理は、裁判所を通さずに行う債務整理であり、返済できる条件に契約を変えてもらうという内容です。
業者との交渉は、弁護士や司法書士等の専門家に依頼するのが一般的で、法律についての知識を持たない人でも行う事が出来ます。

 

任意整理は、利息制限法引き直し計算により返済額を決定して、将来利息をカットしてもらい3年間かけて完済するというのが基本的な内容です。

 

通常よりも、返済額を大きく減らす事が出来ます。
さらに、返済している期間が長い場合は、本来であれば支払う必要がなかった過払い金が生じている可能性もあり、返還請求を行う事が認められています。

 

過払い金とは、利息制限法を超えた金利で支払っていた利息の事であり、消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者のカードローンを、2010年以前から利用していた場合に発生します。

 

2010年に貸金業法が改正施行された事により、返還請求を行う事が出来るようになっています。

 

任意整理のメリットは、一部の借金だけを整理するという方法を用いることが出来るという事です。
このために、車のローンが残っているような場合でも、消費者金融の借金だけを整理するという事も可能です。
自由度が高いという事が魅力であり、債務整理の中で最も多くの人が任意整理を選択しています。

 

一方の任意整理のデメリットとしては、信用情報機関に記録されてしまうという事があります。
いわゆるブラックリストに載ってしまうという事であり、金融機関からの新規借り入れは出来なくなります。

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理(任意整理)すると財産や持ち物はどうなる?
債務整理をするとそれまでに自分が持っていた財産や持ち物はどうなってしまうのでしょうか?任意整理や個人再生、自己破産などケースごとに解説しています。どうしても残したい財産や持ち物がある方は参考にしてくださいね。
任意整理後にクレジットカードは持てる?
任意整理をした後にクレジットカードを作ることはできるのでしょうか?
任意整理を行っても会社勤めに影響はありません
任意整理をすると会社勤めをしている人にとってどのような影響が考えられるのか紹介しています。
誰にも知られずに任意整理できるのか?
債務整理の手段の一つである任意整理は誰にも知られずにすることはできるのでしょうか?
任意整理の時の返済方法
任意整理を行った場合はどのようにして借金を返済していけばいいのでしょうか?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?
任意整理ができないケースと原因から考える対処法について
将来利息や遅延損害金をカットして元金のみの返済にできる任意整理ですが、場合によっては任意整理ができない、貸金業者に断られるケースがあります。その原因と任意整理ができない場合の対処法について紹介しています。
任意整理にかかる費用について
任意整理にかかる費用はいくらぐらいなのでしょうか、調べてみました。
住宅ローン返済中に任意整理はできるのか?
住宅ローンを返済中に任意整理をすることはできるのでしょうか?自宅を手放さずに任意整理をしたいという方は参考にしてくださいね。
任意整理が信用情報に与える影響や期間について
任意整理をすることで信用情報に影響がでますが、何が起こるのか、またその期間について紹介しています。