借金減額シミュレーター(匿名OK!無料)


債務整理によって今の借金問題がどれぐらい楽になるか、調べてみませんか?
最短10秒で具体的な借金減額プランがわかります借金減額シミュレーター

任意整理後にクレジットカードは持てる?

どうしても借金を返済することができずに任意整理を考えた場合にデメリットの一つとなるのが
任意整理をした後にクレジットカードを持つことができなくなるということです。

 

よく一般的にはブラックリストと言われていますが信用情報に載ってしまうからですね。

 

クレジットカードというのはカード会社との信頼の上に成り立っているものでもあるので
カード会社からすれば当然と言えば当然の措置とも言えるのですが現代においてクレジットカードが
使えないとネットショッピングや通販などにおいて不便に感じることも多いかと思います。

 

しかし、任意整理を経験してもう簡単には借金を作らないという決意をした人にとってはメリットかもしれませんね。

 

 

任意整理後にクレジットカードが作れない期間は5年〜7年程度と言われています。
これは信用情報機関に載ってしまう任意整理をしたことによる事故情報が5年でリセットされるからです。

 

 

ちなみに、任意整理をした場合でも整理の対象にしなかったクレジットカードの場合は使い続けることが
できるとも言われていますが、契約更新のためにカード会社が信用情報を照会したり、支払いが少し
滞ってしまってカード会社が信用情報を照会したりするとその瞬間から使えなくなってしまいます。

 

 

その他にもカード会社が信用情報に事故情報があると気づくとクレジットカードは使えなくなると考えていいでしょう。
ただ、任意整理をした結果、過払い金が発生していてそのお金で元本を完済することができて
さらに手元にお金が戻ってくるような状況であればきちんと返済をしたケースと同じ扱いになります。

 

 

しかし、上記のようなケースでも信用情報の登録の変更を行うタイミングによっては一時的に事故状態となってしまうこともあります。
このタイミングというのは業者によって違うので即日変更するところもあれば1ヶ月おきという場合もあります。
自分が今どのような状態かというのは信用情報機関に確認すれば簡単に調べることができます。

 

 

任意整理をして5年後に事故情報がリセットされるとクレジットカードを作ることができるようになりますが、
基本的に任意整理の対象としたカード会社で新たにクレジットカードを作ることは不可能です。

 

また、事故情報がリセットされたとしてもその間の信用情報は空白となってしまっているので
カードの種類によっては審査に通らないということも考えられます。

 

そういう意味では任意整理をすることでこれまでの信用情報のプラスの評価(滞納なく支払をしたという信用)も
失ってしまうということは頭の片隅にでも入れておいたほうがいいかもしれません。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

任意整理すると財産や持ち物はどうなる?
任意整理するとそれまでに自分が持っていた財産や持ち物はどうなってしまうのでしょうか?
任意整理のメリットとデメリット
任意整理をすることによるメリットやデメリットにはどのような事態があるのか解説しています。
任意整理を行っても会社勤めに影響はありません
任意整理をすると会社勤めをしている人にとってどのような影響が考えられるのか紹介しています。
誰にも知られずに任意整理できるのか?
債務整理の手段の一つである任意整理は誰にも知られずにすることはできるのでしょうか?
任意整理の時の返済方法
任意整理を行った場合はどのようにして借金を返済していけばいいのでしょうか?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?
任意整理をすることができないケースについて
借金を減らすために有効な任意整理の手続きをすることができないケースについて紹介しています。
任意整理にかかる費用について
任意整理にかかる費用はいくらぐらいなのでしょうか、調べてみました。
住宅ローン返済中に任意整理はできるのか?
住宅ローンを返済中に任意整理をすることはできるのでしょうか?自宅を手放さずに任意整理をしたいという方は参考にしてくださいね。
任意整理が信用情報に与える影響や期間について
任意整理をすることで信用情報に影響がでますが、何が起こるのか、またその期間について紹介しています。