任意整理 クレジットカード

MENU

任意整理するとクレジットカードなどの持ち物はどうなる?

任意整理の場合、財産に関しては借金を整理する対象から外せば残すのは可能です。
では、持ち物に関しては任意整理をするとどうなるのでしょうか?

 

もし任意整理をする事で今持っているクレジットカードが全て使えなくなったら不便!という方もいるでしょう。

 

 

財産の時の理論からすれば、仮にクレジットカードに残債が残っていたとしても任意整理の対象から外しておけばそのまま使い続けられるはずです。しかし、実際には任意整理をすると今持っているクレジットカードはほぼ全て使えなくなると思っておいたほうがいいでしょう。

 

 

なぜなら、クレジットカードには与信審査というものがあり、定期的に利用者の信用情報を照会しています。例え、残したいクレジットカードを任意整理の対象から外していたとしても、任意整理をすると信用情報機関には事故情報が記載されてしまうので、その事実が与信調査の際にクレジットカード会社に発覚したタイミングで利用停止となります。(中にはそれでも利用を続けることができたという情報もあるのでクレジットカード会社の裁量によるところが大きいようです。)

 

 

この与信審査ですが、どのタイミングで行われるかというとそれは利用しているクレジットカード会社によってことなります。
数週間ごとにしている会社もあれば、カードの更新のタイミングで行うという会社もあります。

 

 

ですので、任意整理をしたからすぐにクレジットカードが使えなくなる事はありませんが、与信審査のタイミングで利用停止になる可能性が非常に高いというのが結論です。また、債務整理を専門家に依頼すると、クレジットカードに関しては例え全く使っていなくても「使わないように」「解約をしてください」とアドバイスを受ける場合もあるようです。

 

 

クレジットカードを持っているとうっかり使ってしまったりしてしまうので借金を減らしていく事を考えるとクレジットカードはマイナスになります。もし、クレジットカードがないとネットショッピングの決済手段などでとても不便になるということであればデビットカードを作ることをオススメします。

 

 

デビットカードは使った分がそのまま銀行口座から引き落とされるカードで、分割払いなどはできませんが、審査もありませんし、任意整理やその他の債務整理に関係なく作成できるので決済手段としては十分便利に利用できると思います。

 

 

どうしても任意整理の後もすぐにクレジットカードを使い続けたいという場合は家族に頼んでクレジットカードを作ってもらうといいでしょう。任意整理を含む債務整理では信用情報に事故情報が記載されるのはあくまでも本人のみとなるからです。自分以外の家族がクレジットカードを作る分には大丈夫です。


任意整理後にクレジットカードは持てる?

すでに紹介してきたように、借金問題を抱えていてどうしても借金を返済することができずに任意整理を考えた場合にデメリットの一つとなるのが任意整理をした後にクレジットカードを持つことができなくなることです。

 

よく一般的にはブラックリストと言われていますが信用情報に載ってしまうからですね。

 

クレジットカードというのはカード会社との信頼の上に成り立っているものでもあるのでカード会社からすれば当然と言えば当然の措置とも言えるのですが現代においてクレジットカードが使えないとネットショッピングや通販などにおいて不便に感じることも多いかと思います。

 

しかし、任意整理を経験してもう簡単には借金を作らないという決意をした人にとってはメリットかもしれませんね。

 

 

任意整理後にクレジットカードが作れない期間は5年〜7年程度と言われています。
これは信用情報機関に載ってしまう任意整理をしたことによる事故情報が5年でリセットされるからです。

 

【参考記事】
任意整理が信用情報に与える影響と期間について

 

 

※任意整理をした結果、過払い金が発生していてそのお金で元本を完済することができてさらに手元にお金が戻ってくるような状況であればきちんと返済をしたケースと同じ扱いになります。

 

 

しかし、上記のようなケースでも信用情報の登録の変更を行うタイミングによっては一時的に事故状態となってしまうこともあります。このタイミングというのは業者によって違うので即日変更するところもあれば1ヶ月おきという場合もあります。自分が今どのような状態かというのは信用情報機関に確認すれば簡単に調べることができます。

 

 

任意整理をして5年後に事故情報がリセットされるとクレジットカードを作ることができるようになりますが、基本的に任意整理の対象としたカード会社で新たにクレジットカードを作ることは不可能です。

 

 

また、債務整理をするとクレジットカード情報がスーパーホワイトと呼ばれる状態(信用情報期間に全く情報がない=クレジットカードやローンを一切利用したことがない不自然な状態)となって事故情報が時間の経過で消えたとしてもクレジットカードの審査に通りにくくなる場合があります。

 

なので債務整理後にクレジットカードを作りたい場合は携帯電話の機種代の分割払いをしておくと多少なりとも信用が積み上がって実績になります。もちろん無理して契約して支払えなくなっては本末転倒です。

 

そういう意味では任意整理をすることでこれまでの信用情報のプラスの評価(滞納なく支払をしたという信用)も失ってしまうということは頭の片隅にでも入れておいたほうがいいかもしれません。

 

【参考記事】
任意整理で誰にもバレずに借金問題を解決する方法
自分がブラックかどうか調べる信用情報の照会方法

 

 

また、任意整理後に信用情報機関の事故情報が消えることは、過去に積み上げてきたプラス面の信用も同時に失うことになります。事故情報が削除されることは任意整理後にクレジットカードを作るための条件となりますが、一方で信用情報に何も情報がない真っ新な状態もクレジットカードの審査に落ちる原因となり得ます。信用情報がクリーンなことは=過去に債務整理によって事故情報が登録されていたんじゃないか?と疑われてしまうわけです。

 

 

 


たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理をすると車や住宅などの資産(財産)はどうなる?残す方法は?
債務整理をするとそれまでに自分が持っていた財産や持ち物はどうなってしまうのでしょうか?任意整理や個人再生、自己破産などケースごとに解説しています。どうしても残したい財産や持ち物がある方は参考にしてくださいね。
任意整理のメリットとデメリットを詳しく教えて!
債務整理でも任意整理の手続きをする場合のメリットとデメリットについて紹介しています。車や家、クレジットカードを残したまま手続きができるのか?どれぐらい借金の負担が減るのかといった疑問を解決したい方は参考にしてくださいね。
任意整理を行っても会社勤めに影響はありません
任意整理をすると会社勤めをしている人にとってどのような影響が考えられるのか紹介しています。
家族や職場など誰にもバレずに内緒で任意整理できる?(アンケート付)
債務整理の手続きの一つである任意整理は家族や職場にバレないように内緒で手続きできるのでしょうか?任意整理経験者へのアンケートを実施してバレるきっかけやバレないための方法も紹介しているのでバレたくないと思っている方は参考にしてくださいね。
任意整理をした後の返済方法@期間や返済額、支払い方法はどう決まる?
任意整理をした場合の借金の返済方法について、どれぐらいの期間で返済しているくのか?返済額はどう決めるのか?支払い方法は?といった疑問を解決できるように詳しく解説しています。
任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?
任意整理ができないケースと原因から考える対処法について
将来利息や遅延損害金をカットして元金のみの返済にできる任意整理ですが、場合によっては任意整理ができない、貸金業者に断られるケースがあります。その原因と任意整理ができない場合の対処法について紹介しています。
任意整理の費用の内訳と分割払いでも払えない時の対処法
任意整理に費用がいくらかかるのか?事前に知っておきたいですよね。この記事では任意整理にかかる費用とその内訳、費用が安いと判断できる基準とその基準にあった法律事務所を紹介しています。
住宅ローン返済中に任意整理@やっちゃダメなNGケースとは?
住宅ローンを返済中に任意整理をすることはできるのでしょうか?自宅を手放さずに任意整理をする場合にやってはいけないケースや、住宅ローンの負担が大きい場合の解決方法について紹介しています。
任意整理があなたの家族や人生、信用情報に与える影響のまとめ
任意整理をすることであなたの家族や人生においてどのような影響がでるのか紹介しています。もっとも影響の大きい信用情報への影響についてはどれぐらいの期間任意整理の影響が出るかわかりやすく解説しています。