借金減額シミュレーター(匿名OK!無料)


債務整理によって今の借金問題がどれぐらい楽になるか、調べてみませんか?
最短10秒で具体的な借金減額プランがわかります借金減額シミュレーター

任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?

すでに借金を減らすために任意整理をしたことがあるという人や、これから任意整理をしようかと
考えている人にとって気になることの一つに住宅ローンへの影響があると思います。

 

 

将来的にマイホームの購入を考えている人は多いと思いますので任意整理をすることで
住宅ローンにマイナスの影響があれば考え直そうと思う人も多いでしょう。

 

 

先に結論から入りますと、任意整理後でも住宅ローンを組むことは可能です。

 

 

そもそも住宅ローンを組むために金融機関に申込みをした時にどのような点で審査が行われるかというと
「年収」「職業(勤務先)」「信用情報」おもにこの3つに関して審査が行われます。

 

 

この審査に通れば住宅ローンの融資が実行されるというわけです。

 

 

では、任意整理がこの3つのどの項目に影響を与えるかというと「信用情報」になります。
金融機関が信用情報を照会した時に任意整理をしたという記載がされていると審査に影響を与えることになるのですが、
任意整理をして借金を完済しても5年間程度はこの信用情報に任意整理の情報が記載されているので
通常任意整理後に住宅ローンを組みたいという場合は5年以上経過してから申し込みをすることになります。

 

 

信用情報に任意整理に関する記載がされている間は住宅ローンを組むことは難しいので
情報が消えるまでの5年間の間に頭金などの貯蓄を貯めてから申し込みをするという人が多いです。

 

 

信用情報は民間団体が運営しているものなので確実に5年間で任意整理の情報が消えるかというとそうではありません。
おおよそ5年間というのが一つの目安となっています。

 

 

なので任意整理後に住宅ローンに申込みをしようと考えている場合はまず信用情報の紹介をしてみましょう。
信用情報の開示請求は個人でも簡単にすることができます。

 

 

このように任意整理後でも住宅ローンを組むことは可能ではありますが、先程も説明したように
住宅ローンの審査は個人情報だけではなく他の要素も関係してきますのでその他の条件についても考えておきましょう。

 

 

任意整理に関して良くある疑問はコチラ

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

任意整理すると財産や持ち物はどうなる?
任意整理するとそれまでに自分が持っていた財産や持ち物はどうなってしまうのでしょうか?
任意整理のメリットとデメリット
任意整理をすることによるメリットやデメリットにはどのような事態があるのか解説しています。
任意整理後にクレジットカードは持てる?
任意整理をした後にクレジットカードを作ることはできるのでしょうか?
任意整理を行っても会社勤めに影響はありません
任意整理をすると会社勤めをしている人にとってどのような影響が考えられるのか紹介しています。
誰にも知られずに任意整理できるのか?
債務整理の手段の一つである任意整理は誰にも知られずにすることはできるのでしょうか?
任意整理の時の返済方法
任意整理を行った場合はどのようにして借金を返済していけばいいのでしょうか?
任意整理をすることができないケースについて
借金を減らすために有効な任意整理の手続きをすることができないケースについて紹介しています。
任意整理にかかる費用について
任意整理にかかる費用はいくらぐらいなのでしょうか、調べてみました。
住宅ローン返済中に任意整理はできるのか?
住宅ローンを返済中に任意整理をすることはできるのでしょうか?自宅を手放さずに任意整理をしたいという方は参考にしてくださいね。
任意整理が信用情報に与える影響や期間について
任意整理をすることで信用情報に影響がでますが、何が起こるのか、またその期間について紹介しています。