住宅ローン返済中 任意整理

MENU

住宅ローン返済中に任意整理はできるのか?

債務整理をする際に多くの人が気になることの一つとして
住宅などの資産を手放さなければいけないのか?という問題があります。

 

ちなみに任意整理をした後に住宅ローンが組めるかどうか?
こちらの記事「任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?」で紹介しています。

 

住宅ローン返済中に任意整理の手続きを行えるかどうか?が心配な方はおそらく任意整理によって住宅を手放さなければいけなくなるリスクに不安を抱えていることと思います。というのも、住宅ローンはかなりの金額を長期間分割払いで支払っていくローンで貸す側から考えてもリスクが高いと言えます。そのため、住宅ローンを組むとほとんどのケースで購入した不動産に抵当権が設定されます。

 

抵当権が設定されている=不動産が担保されている状態のため、万が一住宅ローンの返済が滞れば住宅ローン会社(銀行など)は抵当権が設定されている不動産を競売にかけ、売却金を住宅ローンの残債に充てます。これが簡単な住宅ローンの仕組みです。

 

 

では住宅ローン返済中に任意整理をするとどうなるのでしょうか?
基本的に任意整理というのは債権者との直接交渉によって5年以内の返済計画を元に利子を無くしたり、過払い金請求をして元金に充てる手続きなので住宅を手放す必要はありません。

 

 

ですので住宅ローンを返済中に任意整理を行うことは可能で、住宅にも影響は出ません。

ちなみに住宅ローンを任意整理の対象にして将来利息のカットして・・・と考える方もいるかもしれませんが、先程紹介したように住宅ローンを任意整理の対象にした瞬間に住宅ローン会社(銀行)は抵当権を執行して住宅を売却されてしまう可能性が高いので住宅ローンは任意整理の対象から外し、その他の借金を任意整理するのが普通です。

任意整理と合わせて住宅ローンの返済猶予をする

しかし、任意整理をした後は原則として5年以内の返済計画に基づいて借金を返済しなければいけません。任意整理をすることで過払い金が発生していて借金を減額することができるかもしれませんが、過払い金が発生していない限りは借金の元金が大幅に減ることはありません。詳しくは「過払い金の発生条件と簡単な計算方法について」こちらの記事で過払い金が発生しているかどうか?を調べてみるといいでしょう。

 

 

仮に過払い金が発生していない状態で任意整理を行っても住宅ローンと合わせて毎月返済を続けていかなければいけないということには変わりありません。なので、任意整理をした後の毎月の借金返済額と住宅ローンの返済額まで計算して後々返済が厳しくなるような状況だと結局返済が滞り自己破産しかなくなるという状況に陥ってしまいます。

 

 

住宅ローンを任意整理することはできませんが、支払いが厳しいと思われる場合は住宅ローンの借り入れを行っている金融機関に対して返済期間の延長や、一時的に返済を猶予してもらえるように相談しておきましょう。住宅ローンの返済猶予制度はリーマンショックが起きた際に施行された中小企業円滑化法(モラトリアム法)があり、当初は中小企業の借入金に対するものでその範囲は住宅ローンにも拡大されていました。

 

 

住宅ローンの返済猶予がどのようなものか?というと、住宅ローン利用者から返済猶予の申し出があった際に「金融機関はできるだけ貸し付け条件の変更などの相談に応じるように努める」と国が定めていたんですね。具体的な貸し付け内容の変更は、金利のみの支払いや毎月の支払額の変更、支払い期間の延長などです。このモラトリアム法はすでに期限切れとなっていますが、現在でも銀行に相談に行けばリスケジュール(リスケ)によって住宅ローンの返済期間の延長や元金を据え置きにして金利分のみの返済などができます。

 

 

しかし、当然それに値する正当な理由(ケガ、病気、転職による収入減など)が必要で、リスケをすると改めて審査をされることになり、金利の引き上げや優遇金利の消滅といったデメリットが増えてしまうケースもあります。その他に、住宅ローンの返済が厳しい場合は「他の金融機関に借り換え」も方法としてはありますが、通常は前の金融機関と同じ返済期間でしか借り換えができないので金利が下がらなければ、毎月の返済額に大きな影響はありません。

 

 

このように住宅ローンを返済中でも任意整理は可能ですが、そもそも住宅ローン以外の借金も含めて返済が厳しい状態だと、任意整理をしても返済できない状況になってしまいます。そうなると今よりも事態が悪化してしまいます。
【参考記事】
債務整理をした後に借金を滞納したらどうなる?

 

 

このようなことは専門家に相談をすればあらかじめ債務整理後のシミュレーションをして現在の収入から任意整理後の5年以内での借金返済と住宅ローンの返済のバランスを考えてあなたにとって最も最適な方法を提案してくれます。

 

借金の無料相談で減額方法や返済額が教えてもらえる

住宅ローンの返済を考えると任意整理では厳しい場合

住宅ローン返済中に任意整理はできるのか?

任意整理を行っても住宅ローンと合わせると借金の返済が厳しい場合は任意整理ではなく
個人再生、もしくは自己破産といった債務整理の手続きをしたほうがいいでしょう。

 

 

特に個人再生の手続きは住宅ローンを残したまま、その他の借金を最大5分の1にまで減額可能なのでおすすめです。また住宅ローンの返済に関しても裁判所が間に入ることによって一時的に猶予してもらえる可能性もあります。

 

【参考記事】
個人再生の費用の目安について

 

住宅ローンを支払っている途中での個人再生について

 

任意整理は住宅ローンや住宅には支障の出ない債務整理の手続きではありますが、過払い金が発生していない限りは元金を大幅に減額できる手続きではないので住宅を残したいがために、無理な返済計画を立てて任意整理をすることは本末転倒です。

 

 

自己破産は借金を0にできますが、住宅を残すことはほぼ不可能です。
実際に自己破産をしても住宅の任意売却などで住宅を手元に残す方法もありますが、現実的ではありません。
(自己破産にあたって自宅を任意売却し、親族にそれを買い取ってもらい、賃貸料を支払う)
詳しくは「自己破産で任意売却した場合に自宅は残せるの?」こちらの記事で紹介しています。

 

 

なので住宅を残したい気持ちはあると思いますが、現在抱えている借金をどうするか、借金問題から抜け出す方法を最優先に考えて債務整理の手続きを有効利用するようにしましょう。


たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理(任意整理)すると財産や持ち物はどうなる?
債務整理をするとそれまでに自分が持っていた財産や持ち物はどうなってしまうのでしょうか?任意整理や個人再生、自己破産などケースごとに解説しています。どうしても残したい財産や持ち物がある方は参考にしてくださいね。
任意整理のメリットとデメリット
任意整理をすることによるメリットやデメリットにはどのような事態があるのか解説しています。
任意整理後にクレジットカードは持てる?
任意整理をした後にクレジットカードを作ることはできるのでしょうか?
任意整理を行っても会社勤めに影響はありません
任意整理をすると会社勤めをしている人にとってどのような影響が考えられるのか紹介しています。
誰にも知られずに任意整理できるのか?
債務整理の手段の一つである任意整理は誰にも知られずにすることはできるのでしょうか?
任意整理の時の返済方法
任意整理を行った場合はどのようにして借金を返済していけばいいのでしょうか?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?
任意整理ができないケースと原因から考える対処法について
将来利息や遅延損害金をカットして元金のみの返済にできる任意整理ですが、場合によっては任意整理ができない、貸金業者に断られるケースがあります。その原因と任意整理ができない場合の対処法について紹介しています。
任意整理にかかる費用について
任意整理にかかる費用はいくらぐらいなのでしょうか、調べてみました。
任意整理が信用情報に与える影響や期間について
任意整理をすることで信用情報に影響がでますが、何が起こるのか、またその期間について紹介しています。