任意整理 費用

MENU

任意整理にかかる費用について

借金の返済に行き詰って債務整理を考えている人は多いと思います。
任意整理は債務整理の手続きの一つになります。

 

 

任意整理をするとなると弁護士に依頼する人がほとんどですが、
そこで気になるのが任意整理をする時にかかる費用です。

 

 

すでに借金の支払いが滞っているケースの方が多いので任意整理をしようと思っても
弁護士に支払う費用はまったく残ってないよ!」ということもあるでしょう。

 

 

まずは、任意整理にかかる費用について知っておきましょう。
一般的に、司法書士や弁護士に任意整理を依頼すると着手金と報酬金がかかります。
その他に、切手や印紙代などの実費が必要になります。

 

 

現在のところは司法書士や弁護士への着手金、報酬金は自由化されていますので
依頼をする事務所によって設定されている金額は変わってきます。

 

 

ですので一概には言えませんが、任意整理にかかる費用の目安としては
着手金は一社に付き4万円前後
報酬金は減額できた額や過払い金あって返還された場合は10%前後です。

 

任意整理にかかる費用がすぐに支払えないという場合は分割で対応してくれる
弁護士や司法書士が多いので最初に相談しておくといいでしょう。

 

 

また、法テラスが行っている民事法律扶助制度というものを利用すれば
現在お金が全くないという状態でも任意整理の手続きを行うことができます。

 

 

民事法律扶助制度を利用すれば弁護士や司法書士への報酬額が最初から決まっているので
それ以上の請求ができないので費用に関してトラブルになるということはまずありません。

 

 

ちなみに民事法律扶助制度を利用した場合の任意整理の規定額は
1社着手金と実費合わせて42400円です。

 

なので任意整理の平均的な費用と変わりません。
しかし、民事法律扶助制度を利用した場合は成功報酬金は原則発生しません。

 

 

※民事法律扶助制度を利用するためには収入と資産に一定の基準があります。
ただし、任意整理を考えている人はほとんど満たすことができる基準です。

 

 

この民事法律扶助制度を利用する場合は弁護士や司法書士との最初の面談の際に、
民事法律扶助制度を使いたいという内容を伝えましょう。

 

 

ですので任意整理の費用が工面できないという方は民事法律扶助制度を利用して
まずは借金の負担を少しでも減らすことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理(任意整理)すると財産や持ち物はどうなる?
債務整理をするとそれまでに自分が持っていた財産や持ち物はどうなってしまうのでしょうか?任意整理や個人再生、自己破産などケースごとに解説しています。どうしても残したい財産や持ち物がある方は参考にしてくださいね。
任意整理のメリットとデメリット
任意整理をすることによるメリットやデメリットにはどのような事態があるのか解説しています。
任意整理後にクレジットカードは持てる?
任意整理をした後にクレジットカードを作ることはできるのでしょうか?
任意整理を行っても会社勤めに影響はありません
任意整理をすると会社勤めをしている人にとってどのような影響が考えられるのか紹介しています。
誰にも知られずに任意整理できるのか?
債務整理の手段の一つである任意整理は誰にも知られずにすることはできるのでしょうか?
任意整理の時の返済方法
任意整理を行った場合はどのようにして借金を返済していけばいいのでしょうか?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?
任意整理ができないケースと原因から考える対処法について
将来利息や遅延損害金をカットして元金のみの返済にできる任意整理ですが、場合によっては任意整理ができない、貸金業者に断られるケースがあります。その原因と任意整理ができない場合の対処法について紹介しています。
住宅ローン返済中に任意整理はできるのか?
住宅ローンを返済中に任意整理をすることはできるのでしょうか?自宅を手放さずに任意整理をしたいという方は参考にしてくださいね。
任意整理が信用情報に与える影響や期間について
任意整理をすることで信用情報に影響がでますが、何が起こるのか、またその期間について紹介しています。