誰にも知られずに任意整理

MENU

誰にも知られずに任意整理できるのか?

借金を抱えていることはできれば誰にも知られたくないことですね。
それに伴って債務整理をする際にもできれば内緒でしたいという人も多いのではないでしょうか?

 

 

そんな債務整理の手続きの一つに任意整理というものがあります。
任意整理を簡単に説明するとまずは利息制限法の上限金利で引き直し計算をして借金を減額します。
(過払い金が発生していない場合は減額されることはありません。)
そこから残った借金を原則利息なしで毎月返済していくというものです。

 

 

利息がなくなり元本のみの返済になるので返済は楽になります。
通常は元本を3年から長くて5年程度に渡って返済していくのですがどれぐらいの期間で
返済していくのかというのは借入先との和解内容によって変わります。

 

自己破産や民事再生などの債務整理に比べるとデメリットが少なく、借金の負担を減らせる方法と言われています。

 

【参考記事】
任意整理ができないケースと対処法

 

 

では、この任意整理は誰にも知られずに行うことはできるのでしょうか?
任意整理は債務整理の中では一番誰にも知られずに行うことができると言われています。

 

 

しかし、家族や職場に絶対にバレないと言い切れるわけではありません。
基本的に任意整理整理以外の債務整理というのは裁判所を介して行うので知られてしまう可能性が高いです。

 

 

任意整理がバレてしまう可能性としては借金を知られたくない人が保証人となっている場合です。
基本的には了承を得て保証人になってもらっているパターンが多いので任意整理を知られたくない人が借金の保証人になっているケースは少ないと思いますが、借金は知られても任意整理は知られたくないというケースは当てはまってしまうかもしれませんね。

 

また、そのような場合には任意整理の対象を選ぶことができるのでそれを外すことで対応できます。

任意整理を親や家族、職場にバレないように進めるためには?

まず、先程のように任意整理を親や家族、職場にバレないように進めるための大前提は知られたくない相手が借金の保証人になっていないこと、もしくは知られたくない相手が保証人になっている借金は任意整理の対象から外すことです。

 

 

その前提で任意整理を誰にもバレないように進めるためにはどうするか?
それは専門家に任意整理を依頼することです。

 

 

例えば、弁護士や司法書士に任意整理の相談をする際に親や家族、職場に内緒でバレないように任意整理をしたいと言えばそのように配慮してくれる法律事務所が多いです。

 

具体的に言えば、

・債権者とのやり取りを事務所を窓口として行う
・事務所とのやり取り(郵便物など)も個人名で行ってくれる
・電話は都合のいい時間帯だけにかけてくれる
・受任通知が送られれば債権者は取り立て行為ができなくなる

 

このように、専門家に依頼することでバレる可能性を最大限に低くできます。
それでもなぜ100%バレないと言い切れないか?それは依頼者のミスがあるからです。

 

 

例えば、うっかり弁護士事務所から送られてきた書類が見つかってしまった、携帯電話の通話履歴から番号検索をされて弁護士と連絡していることがバレてしまった、任意整理後にローンやカードの審査に通らなかったなどが考えられます。

 

 

依頼者側にこのようなミスがなければ任意整理は100%バレないと言ってもいいでしょう。
バレるリスクとしては家族>親>職場となるかと思います。
職場に関しては自分から打ち明けない限り任意整理がバレることはほぼないと言えます。

 

 

任意整理をバレないように進める場合は借金無料相談&減額シミュレーター法律事務所に相談する際に、内緒で行いたい旨を含めて相談することをオススメします。

 

 

任意整理ではなく、その他の個人再生や自己破産といった債務整理だと、バレるリスクは高くなります。債務整理がバレたくないからといってそのリスクが少ない任意整理を強引に行うと余計に事態を悪化させてしまって結果的にバレてしまうケースもあるので債務整理の種類の判断は専門家の意見を取り入れましょう。

 

≪任意整理で返済できずに自己破産となった体験談≫

年齢:33歳
性別:男性
債務整理前の借金額:330万円
債務整理後の借金額:328万円⇒0円
行った債務整理の手段:任意整理⇒自己破産

 

私は、最初はかなり軽い気持ちでクレジットカードを作ってしまい、弁護士の先生を通じて借金の相談をしたところ始めの手続きは、任意整理で手続きを行いましたが最終的には、任意整理をしても返済ができなくなってしまい、自己破産という形になってしまいました。ただし、これにはれっきとした事情があります。趣味が多数ありつつ精神科に長年通うなど、精神的な問題や病を抱えており現在も闘病中であります。

 

はじめは、総合病院に通院したり何回か大学病院などに入院した経験もありました。これは、病気なのかな?なんであんなに借金を抱えてしまったのか?と、今では大変反省しております。

 

自己破産の方は、結局管財事件扱いになってしまい、最初は任意整理でしたので家族に迷惑がかかるとは思っていませんでしたが、結局家族に迷惑をかける結果となってしまいました。

 

クレジットカードや、借金はかなり怖いのでICやIDを使えるとても便利な時代にはなりましたが、現金払いが一番いいのではないかなぁと個人的には思いました。現在は自己破産で借金がなくなり新たな借り入れもできないので急な出費があった時のことを考えると怖いですが、借金問題を抱えていた頃に比べると随分穏やかな生活を送れています。

 

任意整理以外の債務整理でバレないように進める方法は下記の記事も参考にしてください。

 

【参考記事】
誰にもバレずに債務整理をする方法を考えてみた

 

 

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

債務整理(任意整理)すると財産や持ち物はどうなる?
債務整理をするとそれまでに自分が持っていた財産や持ち物はどうなってしまうのでしょうか?任意整理や個人再生、自己破産などケースごとに解説しています。どうしても残したい財産や持ち物がある方は参考にしてくださいね。
任意整理のメリットとデメリット
任意整理をすることによるメリットやデメリットにはどのような事態があるのか解説しています。
任意整理後にクレジットカードは持てる?
任意整理をした後にクレジットカードを作ることはできるのでしょうか?
任意整理を行っても会社勤めに影響はありません
任意整理をすると会社勤めをしている人にとってどのような影響が考えられるのか紹介しています。
任意整理の時の返済方法
任意整理を行った場合はどのようにして借金を返済していけばいいのでしょうか?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?
任意整理後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?
任意整理ができないケースと原因から考える対処法について
将来利息や遅延損害金をカットして元金のみの返済にできる任意整理ですが、場合によっては任意整理ができない、貸金業者に断られるケースがあります。その原因と任意整理ができない場合の対処法について紹介しています。
任意整理にかかる費用について
任意整理にかかる費用はいくらぐらいなのでしょうか、調べてみました。
住宅ローン返済中に任意整理はできるのか?
住宅ローンを返済中に任意整理をすることはできるのでしょうか?自宅を手放さずに任意整理をしたいという方は参考にしてくださいね。
任意整理が信用情報に与える影響や期間について
任意整理をすることで信用情報に影響がでますが、何が起こるのか、またその期間について紹介しています。