任意整理

MENU

任意整理って何だろう

借金の返済でお困りの方、そろそろ弁護士や司法書士のところに行って相談したほうが良いのではありませんか。
銀行などのおまとめローンをお考えの方もおられるでしょうが、それすら難しい方は迷わず専門家に相談すべきです。

 

 

まず、借金を整理するための手続には大きく分けて三つあります。
一つは自己破産です。
これは、裁判所を通じて免責手続という、借金を棒引きにしてもらう手続をすることに大きな意義があるものです。
しかし、持っている財産は一部を残して債権者に分配されますので、不動産などは原則残すことができません。

 

次に個人再生は、借金を原則5分の1だけ3年かけて払えば良いようにする手続です。
自己破産同様、裁判所を通じて行いますが、住宅ローン再生といって、住宅ローンを支払いながら家を残すこともできます。

 

 

そして任意整理ですが、これは裁判所を通さず、文字通り債権者との任意の話し合いにより、借金を整理することをいいます。
原則として、今ある借金の全額について将来利息の発生を止めてもらった上で、細かい分割で払っていくというものです。
もちろん、自己破産のように家がなくなるという心配もありません。

 

さて、どの手続を選択するかという目安としては、借金の総額を3年で払えるか否かです。
すなわち、今ある借金の総額を36で割ってみて、その額が1か月で払えるようであれば任意整理、払えないなら自己破産か個人再生を選択するのが通常です。
もちろん、払えるかどうかギリギリである場合に、初めは任意整理で弁護士や司法書士に依頼して、後から自己破産に切り替えるということも可能です。
あくまでもこれは目安ですので、専門家に相談して決めましょう。

 

 

借金問題の相談に乗ってくれる専門家についてはコチラ>>>

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

任意整理編記事一覧

自己破産をすると保有できる財産は99万円以内の自由財産のみとされるのでそれ以外に持っている財産、持ち家や車などは没収されてしまうことはよく知られています。では同じ債務整理の中でも程度としては軽い(言い方がおかしいかもしれませんが)任意整理をする場合に持っている財産はどのように扱われるのでしょうか?任意整理以外の債務整理の手続きで資産がどのようになるかは下記の記事を参考にしてください。参考:個人再生...

任意整理は、裁判所を通さずに行う債務整理であり、返済できる条件に契約を変えてもらうという内容です。業者との交渉は、弁護士や司法書士等の専門家に依頼するのが一般的で、法律についての知識を持たない人でも行う事が出来ます。任意整理は、利息制限法引き直し計算により返済額を決定して、将来利息をカットしてもらい3年間かけて完済するというのが基本的な内容です。通常よりも、返済額を大きく減らす事が出来ます。さらに...

借金問題を抱えていてどうしても借金を返済することができずに任意整理を考えた場合にデメリットの一つとなるのが任意整理をした後にクレジットカードを持つことができなくなることです。よく一般的にはブラックリストと言われていますが信用情報に載ってしまうからですね。クレジットカードというのはカード会社との信頼の上に成り立っているものでもあるのでカード会社からすれば当然と言えば当然の措置とも言えるのですが現代に...

任意整理は、債務整理の中でも一番影響が少ない方法です。会社勤めの人は基本的には秘密厳守で行うことができますし、影響も信用情報に任意整理の記録が残り、信用情報を参照する債権者に対しての一定期間借金ができなくなるだけです。この信用情報は基本的には本人の債務状態を確認する、借金やローンの場合の紹介でしか閲覧することはできないため、一般の企業が確認することはできないため、勤めている会社が金融会社でない限り...

借金を抱えていることはできれば誰にも知られたくないことですね。それに伴って債務整理をする際にもできれば内緒でしたいという人も多いのではないでしょうか?そんな債務整理の手続きの一つに任意整理というものがあります。任意整理を簡単に説明するとまずは利息制限法の上限金利で引き直し計算をして借金を減額します。(過払い金が発生していない場合は減額されることはありません。)そこから残った借金を原則利息なしで毎月...

任意整理の手続きを行った時点で、支払いを行う必要がなくなってきますので、その時点で借金問題に悩みを感じることもなくなってきます。借金を抱えた場合、毎月返済に追われることになるのですが、任意整理の手続きを行った時点で、一時返済する義務がなくなってきます。とくに、弁護士に依頼したときには、債権者に対して受任通知を送ってもらうことができ、具体的な返済額が決まるまで返済する必要がなくなってきますので、その...

「任意整理をしたら住宅ローンを組むことができないんじゃないか?」すでに借金を減らすために任意整理をしたことがあるという人や、これから任意整理をしようかと考えている人にとって気になることの一つに住宅ローンへの影響があると思います。将来的にマイホームの購入を考えている人は多いと思いますので任意整理をすることで住宅ローンにマイナスの影響があれば考え直そうと思う人も多いでしょう。先に結論から入りますと、任...

借金を返済していくにあたってその負担を軽減することができる任意整理ですが、誰でも任意整理の手続きをすることができるというわけではなく、中には任意整理をすることができないケースがあります。では、任意整理をすることができないのはどんな状況の時なのでしょうか?任意整理ができないケースその@元金の返済能力がないそもそも任意整理というのは借金そのものが減額されるわけではなく、借金に対する利息や遅延損害金など...

借金の返済に行き詰って債務整理を考えている人は多いと思います。任意整理は債務整理の手続きの一つになります。任意整理をするとなると弁護士に依頼する人がほとんどですが、そこで気になるのが任意整理をする時にかかる費用です。すでに借金の支払いが滞っているケースの方が多いので任意整理をしようと思っても「弁護士に支払う費用はまったく残ってないよ!」ということもあるでしょう。まずは、任意整理にかかる費用について...

債務整理をする際に多くの人が気になることの一つとして住宅などの資産を手放さなければいけないのか?という問題があります。ちなみに任意整理をした後に住宅ローンが組めるかどうか?はこちらの記事「任意整理後に住宅ローンを組むことはできる?」で紹介しています。基本的に任意整理というのは5年以内の返済計画をもとに利子を無くしたり、過払い金請求を行うことができる手続きで住宅を手放す必要はありません。ですので住宅...

債務整理をする際に信用情報への影響は多くの方が気にされていることだと思います。任意整理をすることで信用情報にはどのような影響があるのでしょうか?信用情報というのは個人が金融機関に借り入れを行う際に、金融機関が貸付を行うかどうかを判断するために確認をするデータのようなもので一つではなく、いくつかの民間団体が運営をしているものです。おもな信用情報機関には以下の3つの機関があります。・日本信用情報機構(...