投資やギャンブルの借金を個人再生で減らす

MENU

投資やギャンブルで作った借金は個人再生で減額することができるのか?

個人再生 ギャンブル

借金を背負ってしまう理由の一つに投資ギャンブルがあります。
つい熱くなって借金をしてまで手を出してしまったという人は少なくありません。

 

 

当サイトで債務整理を経験をした方にアンケートを実施しましたが、回答をしてくれた方の約半分がギャンブル、もしくはFXなどの投資によって借金を増やしてしまっていたことがわかりました。私自身も借金を抱えていた時に熱心になっていたのがギャンブルで一時期はこれが仕事だと言わんばかりに消費者金融のカードで種銭を引き出しては朝からパチンコ・スロットに興じていました。

 

 

今でもギャンブルはたまにやりますが、思い返してみると借金を背負っている時のほうが今と比べて比較できないほどにギャンブルにのめり込んでいたように感じます。

 

 

借金の理由で考えると職がない、会社が倒産などといった理由に比べるとギャンブルや投資による借金は因果応報というふうに捉えられがちです。もちろん、本人にもその後ろめたさはあるのでギャンブルや投資で作った借金でも個人再生できるのか?は気になるところですよね。

 

結論から言いますと、投資やギャンブルで作った借金であっても個人再生の手続きを行うことによって借金の減額は可能です。

 

同じく借金を大幅に減額(0円)にできる自己破産の場合は、ギャンブルや投資による借金だと免責がおりないのでできませんが、個人再生の場合は借金の理由による法律上の制限がないのでギャンブルや投資だとしても関係ありません。(自己破産でも裁判所の判断で免責不許可事由に該当すると判断されなければ手続きは可能です。)

 

【参考記事】
自己破産に必要な免責とは?

 

個人再生に限って言えば、その他の条件面さえ整っていれば投資やギャンブルで借金を抱え、返済できない状態まで追い込まれてしまっていても個人再生の手続きでやり直すことができます。

 

一般的には投資やギャンブルで作ってしまった借金というのは上記で説明したように自己破産ができる可能性が低いので、これらで作った借金をなんとかしたいという場合は個人再生の手続きか、任意再生の手続きを取ることがほとんどです。

 

 

しかし、個人再生は減額できる借金の幅が大きい分、任意整理と比べると手続きのハードルが高いです。
個人再生の条件については別の記事で紹介しているので参考にしてくださいね。また、どうしても自己破産がしたいという場合や、個人再生をした場合の費用や期間などが知りたいという場合は専門家に相談してみましょう。

 

【参考記事】
個人再生の手続きができる条件について
個人再生の費用の目安やすぐに払えない場合の対処法

 

上記の記事で詳しく紹介していますが、個人再生は他の債務整理の手続きと比べて費用がかかる点と、継続した収入があって3年〜5年で減額した借金を返済できるかどうか?が重要なのでそもそもその条件を満たしていないと、いくら個人再生ならギャンブルや投資が理由の借金でも手続き可能と言ってもそもそも手続きができないといった事態に陥ってしまいます。

 

ちなみに私の知り合いでもFXで600万円ほど借金を作ってしまった方がいましたが、その人は個人再生によって100万円程度まで借金を減らすことができたようです。弁護士費用は30万円程でしたので、借金の負担が減ってとても楽になったようでした。

 

最後に当サイトのアンケートでギャンブルによる借金を債務整理した体験談を紹介します。
この方の場合は個人再生ではなく任意整理ですが、ギャンブルによる借金を現在も返済中です。

 

年齢:34歳
性別:男性
債務整理前の借金額:325万
債務整理後の借金額:320万
債務整理の手続き:任意整理

 

ギャンブル、職場の上司、同僚との食事、飲み会などに使うために借金をしてしまいました。
最初は非常に軽い気持ちで3万円だけかりて次の給料日に返済すればいいやという思いで借入をしましたがもう少し位なら次の給料日で返済できるからいいか、ボーナスが出た時に返済すればいいかなどと楽観的な考えをしてしまいそのうち自分自身がお金を借りているという感覚がなくなってしまいカードのキャッシング枠を自分の貯金をおろす感覚で使ってしまいました。
そのうち限度額がいっぱいになってしまい違うところからの借入、また限度額がいっぱいになり他社から借入と繰り返し気づけばかなりの総額の借金をしている状態でした。
支払いの目処がたたなくなり思いきって弁護士に相談し任意整理することにしました。


たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

個人民事再生の費用の目安や、現時点で払えない場合の対処法を解説
個人民事再生をするにあたって、必要になる費用の目安や、弁護士や司法書士による費用の違い、個人民事再生の条件による費用の違いなどのポイントを分かり易く紹介!
一部の債権者にだけ連絡のいかないように個人民事再生はできるのか?
友人や知人が債権者だったり、保証人になっている借金だけを対象から外して 民事再生を行うことは可能なのでしょうか?
個人民事再生ができないことってあるの?
債務整理の手続きの個人民事再生ができないというケースは考えられるのでしょうか?
個人民事再生は資産を残せるの?
個人民事再生をすると自分の所有している住宅や預貯金などの資産はどうなってしまうのかを紹介している記事です。
個人民事再生後に住宅ローンは組めるのか?
個人民事再生後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?絶対に組めるというわけではありませんが、条件が整えば個人民事再生後でも住宅ローンを組むことは可能です。
住宅ローンを支払っている途中での個人再生について
個人再生をした際の信用情報への影響
個人再生をした場合に信用情報へはどのような影響があるのでしょうか?
個人民事再生をすると資格制限(取れない資格)や職業制限はあるのでしょうか?
個人再生を行う条件について
借金を大幅に減らすことができる個人再生を行うことができる条件について紹介していますので個人再生手続きをご検討中の方は参考にしてくださいね。
個人再生をした後に借金の返済ができない状況に陥ったら
個人再生をした後に返済計画に従って借金が返済できない状況に陥ってしまったらどのような対応を取ればいいのか紹介しています。大きくわけて再生計画の変更とハードシップ免責の手段が考えられます。
借金問題を個人再生で解決するデメリットと問題点について
借金問題を解決するための手段として個人再生をする際にデメリットや問題点となる部分を紹介しています。借金の減額を考えるとメリットが大きい個人再生ですが、デメリットについても手続き前に知っておきましょう。
自分で個人再生の手続きをすることは可能か?
自分で個人再生を行うことは可能なのか、また自分でした場合に考えられるメリットやデメリットについて紹介しています。現在借金の専門家に依頼する費用がなくても個人再生を専門家に依頼できるカラクリについても参考にしてください。