個人民事再生 資産

MENU

個人民事再生は資産を残せるの?

個人民事再生をすると資産はどうなってしまうのでしょうか?
一般的に資産を処分しなければいけない手続きに自己破産があります。

 

自己破産の手続きを行うと一つ20万円を超える資産を残すことができなくなります。
住宅や預貯金はもちろん、時価20万円以上の車や生命保険の解約金も資産です。

 

では、個人民事再生の場合はどうでしょうか?
個人民事再生は自己破産に比べるとより多くの資産を残すことができる手続きです。

 

これも個人民事再生のメリットと言えるでしょう。
個人民事再生は自己破産と違って借金をチャラにするわけではなく一部の債務は
弁済しなければならないのでそういった点から資産に関しては自己破産より有利と言えます。

 

個人民事再生を行っても残せる資産は返済額までとなります。
例えば、個人民事再生を行った結果借金の返済額が100万円に減額できたとします。

 

その場合は100万円までの資産に関しては処分せずに済みます。
ただし、自己破産のように一つではなく資産の合計金額となります。

 

このケースですと合計100万円以内の資産であれば残せるということですね。

 

もし資産が返済額を上回ってしまったらどうすればいいのでしょうか?
稀なケースかもしれませんが、上記のケースで考えると100万円以上の資産がある場合です。

 

このような場合には資産額に返済額を合わせるという方法が一般的です。
例えば150万円の資産がある場合、仮に個人民事再生を行って借金を100万円に
減額できるとしてもそれはせず、返済額を150万円に設定するということです。

 

借金の減額には限界がありますが、多く返済額を設定することは自由です。
そうすることで上記のケースであれば150万円の資産を残すことができます。

 

ちなみに資産の例として自動車を挙げていますが、自動車の場合はローンを
すでに完済していなければ残すことはできず、ローンがまだ残っている場合は
その車の時価に関わらずローン会社に車を没収されてしまいます。

 

 

住宅に関してはローン支払い中であっても住宅ローン条項付の再生計画が
認可されればローンを払い続けながら借金を減額することが可能です。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

個人民事再生の費用の目安や、費用に違いが出るポイントについて
個人民事再生をするにあたって、必要になる費用の目安や、弁護士や司法書士による費用の違い、個人民事再生の条件による費用の違いなどのポイントを分かり易く紹介!
一部の債権者にだけ連絡のいかないように個人民事再生はできるのか?
友人や知人が債権者だったり、保証人になっている借金だけを対象から外して 民事再生を行うことは可能なのでしょうか?
個人民事再生ができないことってあるの?
債務整理の手続きの個人民事再生ができないというケースは考えられるのでしょうか?
個人民事再生後に住宅ローンは組めるのか?
個人民事再生後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?絶対に組めるというわけではありませんが、条件が整えば個人民事再生後でも住宅ローンを組むことは可能です。
住宅ローンを支払っている途中での個人再生について
個人再生をした際の信用情報への影響
個人再生をした場合に信用情報へはどのような影響があるのでしょうか?
個人民事再生をすると資格制限(取れない資格)や職業制限はあるのでしょうか?
投資やギャンブルで作った借金は個人再生で減額することができるのか?
個人再生を行う条件について
借金を大幅に減らすことができる個人再生を行うことができる条件について紹介していますので個人再生手続きをご検討中の方は参考にしてくださいね。
個人再生をした後に返済できない状況に陥ったら
個人再生をした後に返済計画に従って借金が返済できない状況に陥ってしまったらどのような対応を取ればいいのか紹介しています。
借金問題を個人再生で解決するデメリットと問題点について
借金問題を解決するための手段として個人再生をする際にデメリットや問題点となる部分を紹介しています。借金の減額を考えるとメリットが大きい個人再生ですが、デメリットについても手続き前に知っておきましょう。
自分で個人再生の手続きをすることは可能か?
自分で個人再生を行うことは可能なのか、また自分でした場合に考えられるメリットやデメリットについて紹介しています。