個人再生 信用情報

MENU

個人再生をした際の信用情報への影響

個人再生を行うと借金を大幅に圧縮することができるというメリットがある反面、
金融機関が参照することができる個人情報(信用情報)のデータベースに事故情報が
記載されてしまうというデメリットがあります。

 

 

一般的に言われているブラックリストへの登録です。
個人再生をしてから信用情報に事故情報が登録されるのは和解をした時からです。

 

 

信用情報に事故情報が登録されると、クレジットカードが作れなくなったり、
住宅ローンや自動車ローンを組むことができなくなってしまいます。

 

 

簡単に言えば、借金をするという行為自体ができなくなってしまうということですね。
そこで気になるのはこのデメリットがいつまで続くのか?ということでしょう。

 

 

個人再生によって信用情報に事故情報が記載されてしまうのは仕方がないとしても
それがいつまでも続くのなら生活にも大きな影響が出てしまうことでしょう。

 

 

個人再生を含む任意整理によって信用情報に事故情報が記載される期間は目安としては
和解が成立してから5年経過するまでと言われています。

 

 

ですので個人再生をして、和解をしてから5年間は新たに借り入れをすることが
できないと思っておいたほうがいいでしょう。

 

 

よく、個人再生をして減額された借金を完済してから5年間と思っている人も多いようです。
個人再生の最長弁済期間(減額された借金を完済する期間)は原則としては3年、
長くても5年と定められているので5年経過すれば借金はすでに残っていない状態となっています。

 

 

※場合によっては途中で返済が困難になった場合に再生計画の延長が認められる場合もあります。

 

 

まとめますと、個人再生によって信用情報への影響はありますが、和解から5年程度経過すれば
その情報は消え、ローンを組んだりクレジットカードを作ることが可能ということですね。

 

 

もし、個人再生の手続きを行った後に住宅の購入や自動車の購入を考えている場合は、
5年間は我慢して、その間に頭金などの貯蓄を行っておくと事故情報が消えた後に
ローンを組む際に審査に通りやすいと言われています。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

個人民事再生の費用の目安や、費用に違いが出るポイントについて
個人民事再生をするにあたって、必要になる費用の目安や、弁護士や司法書士による費用の違い、個人民事再生の条件による費用の違いなどのポイントを分かり易く紹介!
一部の債権者にだけ連絡のいかないように個人民事再生はできるのか?
友人や知人が債権者だったり、保証人になっている借金だけを対象から外して 民事再生を行うことは可能なのでしょうか?
個人民事再生ができないことってあるの?
債務整理の手続きの個人民事再生ができないというケースは考えられるのでしょうか?
個人民事再生は資産を残せるの?
個人民事再生をすると自分の所有している住宅や預貯金などの資産はどうなってしまうのかを紹介している記事です。
個人民事再生後に住宅ローンは組めるのか?
個人民事再生後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?絶対に組めるというわけではありませんが、条件が整えば個人民事再生後でも住宅ローンを組むことは可能です。
住宅ローンを支払っている途中での個人再生について
個人民事再生をすると資格制限(取れない資格)や職業制限はあるのでしょうか?
投資やギャンブルで作った借金は個人再生で減額することができるのか?
個人再生を行う条件について
借金を大幅に減らすことができる個人再生を行うことができる条件について紹介していますので個人再生手続きをご検討中の方は参考にしてくださいね。
個人再生をした後に返済できない状況に陥ったら
個人再生をした後に返済計画に従って借金が返済できない状況に陥ってしまったらどのような対応を取ればいいのか紹介しています。
借金問題を個人再生で解決するデメリットと問題点について
借金問題を解決するための手段として個人再生をする際にデメリットや問題点となる部分を紹介しています。借金の減額を考えるとメリットが大きい個人再生ですが、デメリットについても手続き前に知っておきましょう。
自分で個人再生の手続きをすることは可能か?
自分で個人再生を行うことは可能なのか、また自分でした場合に考えられるメリットやデメリットについて紹介しています。