個人民事再生 できない

MENU

個人民事再生ができないことってあるの?

債務整理の手続きとして個人民事再生をお考えの方の中には
個人民事再生の手続きをして申請が通らなかったらどうしよう?
思っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

個人民事再生の申請をしても認可されないケースもあります。
再生計画が不認可となる理由というのは再生計画遂行の見込みがないことや
再生計画に法律違反がある場合などです。

 

 

個人民事再生の申請が不認可となった場合、事実上の破産状態となります。
ですので破産だけは避けたい!という場合は個人民事再生の申請に慎重になるかもしれませんが、
平成19年のデータでみると全国でみても不認可になった案件は全体の0.4%未満です。

 

 

これが何を意味するのかというと個人民事再生の手続きは申し立てができれば
ほぼ認可決定されるということです。

 

 

反対に、不認可になるような場合には申し立てをすることができないとも言えます。
おそらく個人民事再生のような複雑な手続きを行う場合には弁護士や司法書士に依頼する人が
ほとんどでしょうから、相談の段階で個人民事再生の申し立てをすることができるかどうかは
専門家が判断してくれるでしょう。

 

 

その段階で申し立てをすることができると判断されればほぼ再生計画は認可されます。
ですので、自分のケースで個人民事再生の手続きをすることができるかどうかが
知りたいという場合はまず弁護士や司法書士に相談をするのがいいでしょう。

 

借金の無料相談が匿名でできるWEBサービスの詳細はコチラ

 

これは相談の段階でわかるので、無料相談を行っている事務所に相談をして
判断してもらうのが確実です。

 

 

また、万が一個人民事再生の申し立てを行い不認可となった場合、事実上の破産状態となりますが、
裁判所がそのまま破産手続きに移行することが実務で行われることはありません。

 

ですので、個人民事再生ができるかできないかというのは申し立てを行うことが
できるかどうかということにほぼ置き換えることができると言ってもいいでしょう。

 

そして、その判断は専門家に相談することで知ることができます。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

個人民事再生の費用の目安や、費用に違いが出るポイントについて
個人民事再生をするにあたって、必要になる費用の目安や、弁護士や司法書士による費用の違い、個人民事再生の条件による費用の違いなどのポイントを分かり易く紹介!
一部の債権者にだけ連絡のいかないように個人民事再生はできるのか?
友人や知人が債権者だったり、保証人になっている借金だけを対象から外して 民事再生を行うことは可能なのでしょうか?
個人民事再生は資産を残せるの?
個人民事再生をすると自分の所有している住宅や預貯金などの資産はどうなってしまうのかを紹介している記事です。
個人民事再生後に住宅ローンは組めるのか?
個人民事再生後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?絶対に組めるというわけではありませんが、条件が整えば個人民事再生後でも住宅ローンを組むことは可能です。
住宅ローンを支払っている途中での個人再生について
個人再生をした際の信用情報への影響
個人再生をした場合に信用情報へはどのような影響があるのでしょうか?
個人民事再生をすると資格制限(取れない資格)や職業制限はあるのでしょうか?
投資やギャンブルで作った借金は個人再生で減額することができるのか?
個人再生を行う条件について
借金を大幅に減らすことができる個人再生を行うことができる条件について紹介していますので個人再生手続きをご検討中の方は参考にしてくださいね。
個人再生をした後に返済できない状況に陥ったら
個人再生をした後に返済計画に従って借金が返済できない状況に陥ってしまったらどのような対応を取ればいいのか紹介しています。
借金問題を個人再生で解決するデメリットと問題点について
借金問題を解決するための手段として個人再生をする際にデメリットや問題点となる部分を紹介しています。借金の減額を考えるとメリットが大きい個人再生ですが、デメリットについても手続き前に知っておきましょう。
自分で個人再生の手続きをすることは可能か?
自分で個人再生を行うことは可能なのか、また自分でした場合に考えられるメリットやデメリットについて紹介しています。