個人民事再生とは?

個人民事再生の手続きは現在、継続的に収入を得ることができていることを条件に、
返済が不可能と思われるほどの借金に対して、原則今の財産を処分せずに
残っている借金の支払い責任を軽減してもらうための裁判上の手続きになります。

 

もっと簡単に言えば仕事をしていて安定的な収入があれば持ち家などを
手放すことなく借金を減らすことができる手続きということができるでしょう。

 

個人民事再生の手続きは「小規模個人再生手続」と「給与所得者等再生手続」の
二つの手続きに分かれていて個人民事再生というのはこの二つの総称となります。

 

同じ債務整理でも任意整理や自己破産とは異なる手続きです。
その違いや、個人民事再生に関する知識をこのカテゴリーでは記事にしているので
検討している方はそれぞれの記事を参考にされてください。

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

個人民事再生編記事一覧

個人民事再生を行う際に費用がどれぐらいかかるのか?検討中の方にとっては非常に気になる部分だと思います。まず、個人民事再生にかかる費用はその他の債務整理の手段と比べると費用は一番高くなるというのが一般的です。その分借金を減らす割合が大きいというところも個人民事再生のメリットと言えます。それを踏まえた上で個人民事再生を行うには3つの方法があります。それは「自分でする」「司法書士に依頼する」「弁護士に依...

借金の返済がもう限界という時の手段の一つとして個人民事再生がありますが、個人民事再生をするにあたって一部の債権者だけは対象から外して借金を返済することは可能なのでしょうか?ちなみにこのような返済のことを偏頗弁済と言います。参考:偏頗弁済って何?例えば、債権者自体が友人や知人だったり、保証人が友人や知人の場合に、「この人には債務整理を知られたくない」「この人の借金はちゃんと自分で返済しておきたい」こ...

債務整理の手続きとして個人民事再生をお考えの方の中には個人民事再生の手続きをして申請が通らなかったらどうしよう?と思っている方も多いのではないでしょうか?個人民事再生の申請をしても認可されないケースもあります。再生計画が不認可となる理由というのは再生計画遂行の見込みがないことや再生計画に法律違反がある場合などです。個人民事再生の申請が不認可となった場合、事実上の破産状態となります。ですので破産だけ...

個人民事再生をすると資産はどうなってしまうのでしょうか?一般的に資産を処分しなければいけない手続きに自己破産があります。自己破産の手続きを行うと一つ20万円を超える資産を残すことができなくなります。住宅や預貯金はもちろん、時価20万円以上の車や生命保険の解約金も資産です。では、個人民事再生の場合はどうでしょうか?個人民事再生は自己破産に比べるとより多くの資産を残すことができる手続きです。これも個人...

個人民事再生後に住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?結論から先に言ってしまえば住宅ローンを組むことは可能です。しかし、個人民事再生をしなかった場合と比べると住宅ローンを組むハードルは高く、簡単に組めるわけではないというのが現実です。個人民事再生をすると金融機関が住宅ローンの審査をする際に照会する個人信用情報に事故情報が記載されることになってしまいます。この事故情報が記載されている時に住宅ロー...

住宅ローンを支払っている途中で個人再生によって借金を減額して負担を軽減したいと思っている人もいると思います。このようなケースで気になるのは、個人再生を行うことによってローンを支払っている最中の住宅にはどのような影響が出るのか?ということでしょう。もし自宅を手放さなければいけないのであれば個人再生を行うことに躊躇してしまうという人も多いでしょう。しかし、個人再生をしても住宅を残しておくことが可能です...

個人再生を行うと借金を大幅に圧縮することができるというメリットがある反面、金融機関が参照することができる個人情報(信用情報)のデータベースに事故情報が記載されてしまうというデメリットがあります。一般的に言われているブラックリストへの登録です。個人再生をしてから信用情報に事故情報が登録されるのは和解をした時からです。信用情報に事故情報が登録されると、クレジットカードが作れなくなったり、住宅ローンや自...

個人民事再生(個人再生)を行うと資格が取れなくなったり、就けない職業があるのでしょうか?結論から先に言ってしまうと個人再生を行っても資格取得や職業に制限は出ません。つまり、資格が取れなくなったり、それが理由で特定の職業に就けなくなる、といったようなことはありません。このような資格制限や職業制限が関係してくるのは自己破産です。個人再生も自己破産も大きな括りでみると債務整理の手続きの一つですのでこの二...

借金を背負ってしまう理由の一つに投資やギャンブルがあります。つい熱くなって借金をしてまで手を出してしまったという人は少なくありません。借金の理由を考えると職がない、会社が倒産などといった理由に比べると因果応報というふうに捉えられがちなのが投資やギャンブルの借金です。結論から言いますと、投資やギャンブルで作った借金であっても個人再生の手続きを行うことによって借金を減らすことが可能です。投資やギャンブ...

借金を減らすことができる手続きの一つである個人再生ですが、これは誰でも行うことができるわけではなくいくつかの条件があります。個人再生の条件に該当していなければ借金を減らすことはできません。まず個人再生の条件としての大前提があります。それが「収入がない人」と「法人の債務」この二つです。どちらも当たり前と言えば当たり前のことですが、法人の場合は民事再生手続きとなります。そして、個人再生と言っても二つの...

個人再生をして3年間の再生計画を立て、借金の大幅な減額が可能になった場合、通常ですとそれまでの借金生活と比べれば余裕が生まれるはずです。ですので、個人再生をしたにも関わらず借金の返済ができない状況に陥ることは稀なケースですが、給料が大幅に減額されてしまったり、一時的な支出が増えたり、或いはうっかりして返済期日を守ることができないということもあるでしょう。個人再生後にこのような再生計画の不履行があっ...

借金問題を解決する手段として、大幅に借金を減らすことができる個人再生はメリットが大きい手続きですが、個人再生の手続きを行うことでデメリットとなることはあるのでしょうか?借金が大幅に減るというメリットばかりに捉われてしまうと、個人再生後に「こんなハズじゃなかった!」と後悔するハメになってしまうかもしれません。個人再生のデメリットその@一定期間クレジットカードが作れない個人再生をするとクレジットカード...

個人民事再生の手続きを自分で行いたいと思っている方もいるかと思います。そもそも借金を背負っていて個人再生の手続きを検討している方にとっては、それに伴う弁護士や司法書士といった専門家にかかる費用がもったいない、もしくは支払うことができないというケースも多いでしょう。その個人再生にかかる費用のことを考えると、自分でやるしかないという考えも一つですし、実際に自分で個人再生の手続きを行うことは可能です。自...