過払い金請求 自分 メリットデメリット

MENU

過払い金請求を自分でするメリットデメリット

過払い金請求を専門家に依頼せずに自分で行おうと考えている人もいるでしょう。
実際に自分で過払い金請求の手続きをして取り戻した人もたくさんいます。

 

 

ですのでこの記事では自分でする過払い金請求のメリットとデメリットを紹介しましょう。

 

メリット

 

@費用がかからない

自分でする過払い金請求の最大にして唯一のメリットはやはり費用がかからないことでしょう。
専門家に過払い金請求を依頼すれば少なからず費用が発生します。
ですのでその分自分の手元に多くの過払い金が戻ってくる可能性があるのです。
可能性というのは、早期に和解をするか、訴訟にするかによって返還される過払い金の額が
変わってくるので専門家に依頼した場合とまったく同じ手続きや交渉ができた場合のみ、
費用分の過払い金を手に入れることができるということですね。

 

 

デメリット

 

@手間がかかる

自分で過払い金請求をする場合はまずあらゆることを調べなければいけません。
また、満額を取り返すために訴訟にまでもつれたら裁判所への出廷も自分でしなければいけません。
そのための書類準備や作成などにも当然時間がかかるでしょうし、平日に休まなければいけなくなります。
自由な時間が豊富にある人であればいいですが、お仕事をされている方には難しいかもしれませんね。

 

 

A貸金業者との交渉

 

貸金業者の中には個人で過払い金請求をすると対応を放置されることがあります。また、交渉の際にもできるだけ過払い金の返還額を少なくするために巧みな取引をしてきます。例えば、借金をまだしている状態で過払い金の額が借金を上回っている場合などに取引履歴の開示請求をすると「借金はもう残っていない」と言ってきたりします。

 

その他の和解交渉においても、これまでの判例などを知っている専門家であれば提示された金額が多いのか少ないのか、満額取り戻すことができるかなどの判断ができますが、個人ではよっぽど過払い金請求に関する過去のデータを引っ張りだしたりしない限りはこのような判断ができないので結局自分で過払い金請求をしても戻ってくる金額が少ないということも考えられます。

 

 

上記が自分でする過払い金請求のメリットとデメリットになります。

 

自分でするかどうかの判断は、かかる時間や手間を受け入れることができるかどうかもそうですが、
取引きのあった貸金業者によっても変わってきます

 

なぜなら大手の貸金業者の中には個人で過払い金請求をしてもすんなりと応じてくれるところが
そのような貸金業者に過払い金請求を行う場合は自分でするという人も多いです。

 

自分の借りていた貸金業者の過払い金請求の対応を調べてから判断してもいいでしょう。

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

過払い金請求をすると信用情報に傷がつく?
過払い金請求をすると個人の信用情報にはどのような影響があるのでしょうか?
過払い金請求のデメリットって何?
過払い金請求のデメリットとはどんなところにあるのでしょうか?
過払い金が発生する条件と目安や簡単な過払い金の計算方法の紹介
過払い金は借金をしていたからと言って発生するものではありません。この記事では、過払い金が発生する条件や請求する目安となる借入期間や時期、過払い金計算の簡単な方法について紹介しています。
過払い金請求をすることができる時効とは
過払い金請求にはいつまでにしなければいけないという時効のようなものがあります。
過払い金請求は着手金無料と費用の安さで選ぶ
過払い金請求を専門家に相談する時は着手金無料で費用が安い司法書士や弁護士に依頼しましょう。
借金完済前の過払い金請求はブラックリストになる?
借金を完済する前に過払い金請求を行うと信用情報に傷がつく、ブラックリストになってしまうのでしょうか?
過払い金請求を弁護士に依頼するメリット
過払い金請求には自分でやるパターンと弁護士、司法書士に依頼するパターンがありますが、この記事では弁護士に過払い金請求を依頼するメリットについて紹介しています。
過払い金が戻ってくるまでの期間について
借金返済時の過払い金請求に関して、どれぐらいの期間で戻ってくるのかというのは気になる人も多いでしょう。
完済と借り入れを繰り返した場合の過払い金請求
完済と借り入れを繰り返している場合の過払い金請求で返還される過払い金の総額や請求期限の違いについて紹介しています。
弁護士に過払い金請求を依頼した際のトラブル事例
弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すれば安心できるということはありません。実際に起こったトラブル事例を元に悪質な専門家に対する知識を深めておきましょう。