借金減額シミュレーター(匿名OK!無料)


債務整理によって今の借金問題がどれぐらい楽になるか、調べてみませんか?
最短10秒で具体的な借金減額プランがわかります借金減額シミュレーター

借金完済前の過払い金請求はブラックリストになる?

借金完済前に過払い金請求をするとブラックリストになってしまうのでしょうか?
結論から先に言いますと、信用情報に事故情報が載るのでブラックリストとなってしまいます。

 

 

現在まだ借金を完済する前で返済途中ですと、過払い金が発生しているとわかったら
返還請求をして戻ってきた過払い金を借金返済に充てたいという人も多いでしょう。

 

 

また、もしその過払い金によって借金を完済することができたら信用情報に事故情報が
記載されてブラックリストになってしまうのはおかしいという意見もあると思います。

 

 

ちなみに昔は過払い金請求をするだけでも「契約見直し」という事故情報が信用情報に
記載されていたのですが平成22年以降はこれがなくなりました。

 

 

これと同じ理屈で考えれば完済前の過払い金請求も事故扱いにはならないと個人的には
思ってしまうのですが、今のところは借金が残っている時点で事故情報が記載されてしまうのです。

 

 

ただ、これはあくまでも金融業者単位の話で自分としては借金がまだ残っている状態だけど
すでに完済済みの金融業者に過払い金請求をした場合は事故情報は記載されません。

 

 

また、返済途中の過払い金請求で事故情報が記載されたとしてもその過払い金で完済してから
個人信用情報を運営する期間に問い合わせれば解除することができたという体験談もありました。
※あくまでも色々な情報を調べていたら出てきたことなので確実ではありません。

 

このような借金問題は専門家に相談をすると最新の情報を教えてもらうことができます。

 

もともと信用情報自体が法律などに則って運営されているわけでもありませんし、
信用情報を扱う団体も複数あるのでハッキリとしたことは断言できないというのが実情でもあります。

 

 

それでもブラックリストになるのが嫌だけど過払い金請求をすれば借金が減額、もしくは完済できるという方は
一時的に借金を立て替えてもらって完済してからすぐに過払い金請求をするのがいいかと思います。

 

 

しかし、信用情報に事故情報が記載されるのが嫌だからという理由で苦しい借金生活を続けるのは
本末転倒ですので過払い金請求任意整理といった手段を検討してみてはいかがでしょうか?

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

過払い金請求をすると信用情報に傷がつく?
過払い金請求をすると個人の信用情報にはどのような影響があるのでしょうか?
過払い金請求のデメリットって何?
過払い金請求のデメリットとはどんなところにあるのでしょうか?
過払い金が発生する条件と目安や簡単な過払い金の計算方法の紹介
過払い金は借金をしていたからと言って発生するものではありません。この記事では、過払い金が発生する条件や請求する目安となる借入期間や時期、過払い金計算の簡単な方法について紹介しています。
過払い金請求をすることができる時効とは
過払い金請求にはいつまでにしなければいけないという時効のようなものがあります。
過払い金請求は着手金無料と費用の安さで選ぶ
過払い金請求を専門家に相談する時は着手金無料で費用が安い司法書士や弁護士に依頼しましょう。
過払い金請求を弁護士に依頼するメリット
過払い金請求には自分でやるパターンと弁護士、司法書士に依頼するパターンがありますが、この記事では弁護士に過払い金請求を依頼するメリットについて紹介しています。
過払い金が戻ってくるまでの期間について
借金返済時の過払い金請求に関して、どれぐらいの期間で戻ってくるのかというのは気になる人も多いでしょう。
過払い金請求を自分でするメリットデメリット
過払い金請求を自分でしようと考えている人はこのようなメリットデメリットがあることを知っておきましょう。
完済と借り入れを繰り返した場合の過払い金請求
完済と借り入れを繰り返している場合の過払い金請求で返還される過払い金の総額や請求期限の違いについて紹介しています。
弁護士に過払い金請求を依頼した際のトラブル事例
弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すれば安心できるということはありません。実際に起こったトラブル事例を元に悪質な専門家に対する知識を深めておきましょう。