過払い金請求 時効

MENU

過払い金請求をすることができる時効とは

過払い金請求に時効は存在するのでしょうか?
もしあったとしたらその前に過払い金請求をして利息を取り戻さなければいけませんね。

 

 

過払い金請求の時効は最後に取引のあった時から10年になります。
これ以上経過してしまうと不可能ではありませんが、全額戻ってくることは難しくなります。

 

 

この時効で注意したいのは最後に取引きのあった時から10年ということです。
ですので、一番最初にお金を借りた時から10年経っていても大丈夫なんですね。

 

 

判断が難しいケースとしては、一度借金を完済してから再度借り入れをしてまた完済している場合です。
一度完済したもののまた財布に余裕がなくなって利用するという状況の人も多いでしょう。

 

 

このような場合にポイントになるのは取引のなかった空白の期間がどれぐらいなのか?ということです。
要するにその取引が連続した一つの取引と判断されるのか別だと判断されるのかです。

 

 

これによって過払い金請求の時効は変わってくるのですが、この判断は裁判所の判例をみても
判断が分かれていますし、空白の期間だけではなく返済の仕方や契約内容によって変わってきますので
一概に何か月以内なら大丈夫ということは言えません。

 

 

言えるのは空白期間が短ければ一つの取引として認められる可能性は高くなるということだけです。
ですのでこのようなケースで過払い金の時効がどうなるかというのは弁護士など専門家の
アドバイスを受けて過払い金請求をしたほうがいいでしょう。

 

 

とは言っても最後に取引があった時から10年後なので時効が成立するケースは稀だと言えます。
できれば忘れないうちに行動を起こすことが望ましいと考えておけば問題ないでしょう。

 

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

過払い金請求をすると信用情報に傷がつく?
過払い金請求をすると個人の信用情報にはどのような影響があるのでしょうか?
過払い金請求のデメリットって何?
過払い金請求のデメリットとはどんなところにあるのでしょうか?
過払い金が発生する条件と目安や簡単な過払い金の計算方法の紹介
過払い金は借金をしていたからと言って発生するものではありません。この記事では、過払い金が発生する条件や請求する目安となる借入期間や時期、過払い金計算の簡単な方法について紹介しています。
過払い金請求は着手金無料と費用の安さで選ぶ
過払い金請求を専門家に相談する時は着手金無料で費用が安い司法書士や弁護士に依頼しましょう。
借金完済前の過払い金請求はブラックリストになる?
借金を完済する前に過払い金請求を行うと信用情報に傷がつく、ブラックリストになってしまうのでしょうか?
過払い金請求を弁護士に依頼するメリット
過払い金請求には自分でやるパターンと弁護士、司法書士に依頼するパターンがありますが、この記事では弁護士に過払い金請求を依頼するメリットについて紹介しています。
過払い金が戻ってくるまでの期間について
借金返済時の過払い金請求に関して、どれぐらいの期間で戻ってくるのかというのは気になる人も多いでしょう。
過払い金請求を自分でするメリットデメリット
過払い金請求を自分でしようと考えている人はこのようなメリットデメリットがあることを知っておきましょう。
完済と借り入れを繰り返した場合の過払い金請求
完済と借り入れを繰り返している場合の過払い金請求で返還される過払い金の総額や請求期限の違いについて紹介しています。
弁護士に過払い金請求を依頼した際のトラブル事例
弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すれば安心できるということはありません。実際に起こったトラブル事例を元に悪質な専門家に対する知識を深めておきましょう。