おまとめローン 審査 通らない

MENU

おまとめローンの審査に通らない

借金問題を解決する方法の一つにおまとめローンがあります。
おまとめローンというのは複数ある借金を一本化するためのローンです。

 

なぜおまとめローンが借金返済に有効なのかというと、複数ある借金を一つにまとめることで、借金全体の利息の負担を軽減し、返済総額を少なくすることができるからです。
また、借金を一本化することで借金の管理がしやすくなるというメリットがあります。

 

現在の借金額でおまとめローンをした場合の月々の返済額や、将来的な返済総額がどれぐらい減るのか?調べるシミュレーションはこちらの記事「借金(ローン)返済のシミュレーション」で詳しく紹介しています。

 

そこで、おまとめローンに申し込む人が多いのですが、そこで新たな問題が・・・
それがこの記事のテーマである「おまとめローンの審査に通らない」という事態です。

 

そもそもおまとめローンの審査の基準はどのような点にあるのでしょうか?

 

おまとめローンの審査基準その@信用情報

おまとめローンも通常の借金と同様に審査の際には信用情報機関に信用情報を照会します。
なので、過去に借金返済を延滞したことがあるなどの履歴が残ってしまっている場合は
おまとめローンの審査に通らないと考えておいたほうがいいでしょう。

 

おまとめローンの審査基準そのA借入件数と総借入金額

おまとめローンの審査では借入件数と総借入金額の申告が必要になります。
当たり前のことですが、嘘を付いたところで審査に通ることはありません。
むしろ審査にはマイナスの影響となる可能性のほうが高いでしょう。

 

借入件数に関しては巷では3社以上は審査に通らないとか4社以上だと通らないと言われていて、確かに借入件数は多いよりは少ないに越したことはありませんが、○社以上だと通らないということはありません。むしろ、総借入金額のほうが重要です。

 

これも当然多いよりは少ないほうが審査には通りやすいのですが、おまとめローン各社によって融資限度額が違いますし、個人の年収によっても変わりますが、目安としては年収の3分の1程度となります。
(おまとめローンの場合は貸金業法の制限を受けないのですが各銀行にもそれぞれ規定はあるでしょう)

 

ここでも年収を多めに申告するなどしても意味がないので正直に申告しましょう。

 

おまとめローンの審査基準そのB年収と勤務先

これは当たり前の話なので手短に説明しますが、安定した職業や収入(正社員など)のほうが
審査には通りやすいですし、年収は大いに越したことはありません。

 

 

おおむね以上のような審査基準がおまとめローンの審査に影響してきます。


おまとめローンの審査に通らない場合の対処法

では、おまとめローンの審査に通らない場合どうすればいいのでしょうか?
それは審査基準から考えてみるといいでしょう。

 

例えば、「少しでも総借入件数を減らしてから申し込む」「勤続年数をコツコツ積み上げる」
「借入件数を減らす」といったような対処法が考えられます。

 

おまとめローンの審査に落ちたからといってあっちこっち申し込むよりは上記のような
審査基準となる部分を地道に改善していくことが求められます。

 

審査が通らないとまではいかないものの、希望金額まではおまとめローンで借りられなかったという人もいるかもしれませんが、その場合はとりあえずまとめられるものはまとめて返済をしていく中でまた限度額の増加をお願いしてみるのがいいでしょう。

 

実は、借金が苦しくなるからおまとめローンの審査に申し込むという人が多いのですが、それは逆で返済が楽になった人に向けての提案がおまとめローンです。なのでおまとめローンは借金問題(すでに自転車操業に陥っている場合など)の救済策とは言い難いです。

 

すでに首が回らない方の借金問題解決方法

毎月の借金返済額がどれぐらい減って楽になるのか?
無料・匿名で専門家に計算してもらいたいなら借金減額シミュレーターを利用しましょう!
最短40秒の入力で、今の苦しい借金生活から抜け出す解決策がわかります。

↓今すぐにでも借金問題を解決したい方はコチラ↓


 

関連ページ

自分の借金返済方法は正しいのか?
自分の借金返済方法は正しいのか、他にもっといい方法がないのか知りたい人は多いと思います。
親の借金は相続しないといけないのか?
親が残した借金を相続したくないという場合はしなくてもいい手続きがあります。
借金をやめさせる方法はあるのか?
身内や知人がどうしようもなくて借金を繰り返してしまうような場合、借金をやめさせる方法があればと 思っている人も多いのではないでしょうか?
借金の一括返済の催促が急に届いてしまった場合の対処法
返済をしていなかった借金の一括返済の催促が急に届いてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?
借金の返済相談がしたい
借金の返済相談をすることで迷いや悩みをスッキリさせることができますが、相談する相手を間違えると不快な気持ちになることもあります。
借金を滞納し続ける、返済できないままにするとどうなる?
返済できない借金を滞納し続けると、この先どうなってしまうのか不安に思うでしょう。そのままにしているとどうなるのか、借金問題を解決するにはどうすればいいのかを紹介しています。
借金が返せない時の対処法
返せないほどの借金を抱えてしまった場合の対処法は二つしかありません。
借金に時効はあるのか?その期間はどれぐらい?
借金に時効があればその期間まで放っておけば1円も払わずにチャラにすることができるのでラッキーと思うかもしれません。そんな借金の消滅時効と落とし穴について紹介しています。
ギャンブルの借金は債務整理は可能?
借金を作ってしまった理由がギャンブルの場合に、債務整理をしてその借金を減らすことは可能なのでしょうか、調べてみました。
借金の取り立てが苦痛に感じた時の対処法
借金の取り立て、と言っても支払いが遅れた場合の催促の電話から、明らかに違法な取り立てまで様々ありますが、そんな状況に陥った場合の対処法について紹介します。
借金(ローン)返済のシミュレーションについて
借金を返済する時やローンを組む時に、月々の支払いがいくらなのか、いつまでに完済できるのか、どれぐらいの利子を支払うことになるのか、こういったことを考えるために借金返済のシミュレーションを 利用することはとてもオススメです。
借金を減らす現実的な5つの方法で借金のプレッシャーを軽減!
毎月のように借金返済をしているのに一向に借金が減らない!そんな先の見えない借金生活を送っている方に、早く借金を減らすために有効かつ現実的な借金を減らす5つの方法を体験を交えながら具体的に紹介しています。
偏頗弁済って何?税金や家賃の支払いは偏頗弁済になって免責不許可になる?
偏頗弁済(へんぱべんさい)という言葉の意味と、借金の債務整理をする際にどのようにこの言葉が使われるのか、またどのような支払いが偏頗弁済になってしまうのかといったことについて紹介しています。
闇金相談〜取り立てが厳しい闇金からの借金問題への対策〜
闇金から借りた借金の返済が厳しくなってしまった、もしくはすでに厳しい取り立てが始まっていてなんとかやめさせたい、そんな時にどのような対応をするべきか、警察や弁護士に相談をするとどのような対応となるのか、闇金に苦しんでいて誰にも相談できないという方はこの記事を参考にしてくださいね。
参考にもなり勇気づけられる人気の借金ブログを集めてみました
借金問題を抱えている人にとって少しは気が紛れるような同じ境遇に置かれている人の借金ブログや借金返済について参考になりそうな借金ブログを集めてみました。