借金を減らす現実的な5つの方法

MENU

借金を減らして今よりも自由な生活を取り戻す!

借金を減らすことで、借金によるプレッシャーも間違いなく減らすことができます!
この記事では5つの借金を減らす具体的な方法について紹介います。

 

と、その前に・・・

 

借金問題について調べてみると、すでに首が回らないような借金状況にも関わらず、「まだなんとかできるかもしれない!」「借金のことが周りにバレたり、迷惑をかけたくない!」という心境から、借金の根本的な解決から目をそむけてしまっている人がとても多いということがわかりました。

 

もしかしたらあなたもそんな風に思っているのかもしれません。
確かに、自分で作った借金は自分で返済したい・他人に迷惑をかけたくない・誰にも知られたくないという気持ちはわかりますし、大事ですが、借金問題においてはこのような責任感を持っている人ほど借金の深みにハマる傾向があります。

 

その結果、自己破産の道しか残されていない、最悪のケースでは「死」が頭をよぎるようなほど精神的に追い詰められてしまうリスクもあります。

 

「利息の返済がままならない」
「とても完済のイメージが持てない」

 

すでにこのような場合は債務整理が借金を減らす一番現実的な方法です。
債務整理は対応するのが早ければ早いほど、選択できる手続きは増えるものです。

 

例えば、
・誰にもバレすに借金を減らしたい
・住宅を残して借金を減らしたい
・車を残して借金を減らしたい

 

このような場合は債務整理を実際に行うかは別にしても、どれぐらい借金が減るのか?自分が債務整理をした場合のメリットとデメリットを踏まえた上で借金を減らす最善の方法を専門家に相談してみましょう。
もしかしたらあなたがこれまでには考えもしなかったような解決策があるかもしれません。

 

下記の借金返済シミュレーターに必要情報を入力すれば、たった10秒程度で借金の減額プランがわかり、無料相談に乗ってくれる専門家を見つけることができます。

 

↓↓借金減額シミュレーター↓↓
http://shakkin-nayami.info/

 

返しきれない借金を抱えている人の場合、返そうと思うと精神的に追い込まれとても辛いのですが、まず返せない現実を受け入れると解決策はたくさんあります。

 

それでは借金を減らす5つの方法について紹介していきましょう。

 

まず、借金を減らす方法について考えていく前にやっておきたいこと、
それは自分の借金を正確に把握するということです。

 

 

これはなぜかというと借金を減らすためにはまず借金を向き合うことが重要だからです。
借金を把握することができていない状態は、ゴールがどこにあるのかわからない状態で
マラソンを走るようなものだといっても過言ではありません。

 

ですのでまずはゴールがどこにあるのか、目標設定の意味でも借金の把握が先決です。
これは借金を減らすことにも繋がりますし、これ以上増やさないためにも大切なことです。

 

自分の今の借金の現状を把握するために、まずは簡単な表を作ってみましょう。
わざわざエクセルなどで作らなくても簡単なメモ書き程度でも大丈夫です。

 

「借入先」「現在の残高」「利率」「返済日」「返済額(元金/利息)」「完済予定日」
これらの情報をまずは紙にでも書き出していきます。

 

そうすることで、一番高い利率の借金から繰り上げ返済を行ったり、
毎月支払っている利息がいくらになるのかを知ることでどれだけ無駄があるのかなど、
借金を減らしていく上で知っておきたいことや、数字の計算が楽にできます。

 

貸金業者にもよりますが、返済予定表や償還表といったものは請求をすれば
送ってくれるところがほとんどです。

 

ただその場合、完済予定は期間が長く設定されていることがあるので要注意です。

 

もう自力では返済が困難!!
そういう場合は早めに弁護士に相談すれば法的な手続きで借金を減額することも可能です。

 

・借金を減らす方法を専門家に直接相談したい方はコチラ

 

私が借金をしていた時にそうだったのですが、あんまり借金のことを考えたくないというか「なんとかなるでしょ!」なんて思っているとどうしてもどこかで甘えが出てしまってなかなか借金を減らすことができなかったという経験があります。
なんか虫歯の治療に似ているなと。
歯医者に行かないといけないのは薄々わかっていながら放っておいたら虫歯が悪化して最終的には抜歯しか選択肢がないような・・・。借金問題の場合は最悪の結果が歯を抜くどころではないので早めに対処しましょう!

 

しかし、借金を減らすためにはまず借金と向き合うということが重要ですので
本気で借金を減らしたいのであればまずはここから始めてみてください。
この作業と同時に、自分の収入と支出も紙に書き出しておくといいでしょう。

 

では借金を減らす方法について一つ一つ解説していきたいと思います。


収入を増やして借金を減らす

誰でも思いつく借金を減らす方法が収入を増やすということです。
ここで絶対に勘違いをしてはいけないことは「確実に収入を増やす」ことです。
パチンコとか宝くじなどの一発逆転を狙ってはいけません。

例えば、残業や休日出勤を積極的に行う、副業ができるのであれば休日にアルバイトをする、
最低限の生活に必要のないものはオークションで売るなどです。

 

これは私の経験ですが、私の場合はランサーズというクラウドソーシングのサイトに
登録をしてお小遣い稼ぎをしていました。

 

クラウドソーシングというと高度な技術や知識が必要なんじゃないかと思う人もいると思いますが、以外とブログ用記事のライティングといった誰でもできる仕事もありますし、空いた時間に取り組むことができるので現実的な選択肢ではないでしょうか?

 

⇒日本最大級の副業サイト【ランサーズ】はこちら

節約をして借金を減らす

次に借金を減らすために考えたいのが節約をして支出を減らすことです。

 

これは人それぞれ何にお金を使っているかによってどの支出を減らすかが変わりますが、私の経験からして電気代や水道代みたいなところで節約をしようと思っても減らすことができる金額も小さいのでモチベーションも続きません。

 

 

自分で作った借金の返済に頭を悩ませているという人は必ず大きな出費があります。
例えば、私で言えば飲み代でした。
このような遊びや浪費といった類の出費を最小限にしましょう。

私の場合はその他にも支出を見直す過程でほぼ使ってないクレジットカードの年会費などもありました。冷静に支出を見直してみると「なんでこんなの払ってるの?」と自分で思ってしまうようなものや、手続きが面倒でそのままにしている無駄な出費があったりするので意外と侮れません。

 

 

節約という観点で言えば、私の場合半年間飲み会には行かないようにしました。
毎回のように誘いを断るので徐々に誘われなくなり、友達も確実に減りました・・・が、借金を完済した後に自分から誘うことでなんとか関係は修復できました。

 

 

その他で言えば、お金を出し入れしたり、返済をする時のATM利用料や振込手数料が
極力かからないようにネット銀行の口座を作ったり、支出は極力クレジットカードにして
ポイントを貯めたりといったことをしていました。

 

我慢が必要になりますが、支出を減らすことは借金を減らすことにも繋がります。
そして個人的にはチマチマとした節約よりも大鉈を振るう様な決断が重要な気がしています。

繰り上げ返済をして借金を減らす

計画的に借金返済を行うことはとても重要なことですが、とにかく余ったお金はすべて借金返済に回すということも借金を減らすためには有効です。

 

 

最近では、最低返済額が低いという点を大きな売りにしている貸金業者もありますが、最低返済額を低く設定したところでただ返済期間が延びて、無駄な利息が増えるだけです。

 

 

これはあくまでも私の考えですが、借金返済の計画に余裕を持たせる方がいますが、「借金を抱えている時点で余裕なんてない」と思ったほうがいいです。

 

早く借金を減らしたいなら余裕なんて考えてはいけません。
完済できればそれこそ本当に余裕ができるんですから。

 

 

とにかくどんどんどんどん繰り上げ返済をしていくべきです。
繰り上げ返済をしていれば元本が減り、完済できる日も早くなり、総支払額も低くなります。

 

「何かあった時のために・・・」という気持ちもわからなくはありませんが、
正直何かあった時に、作った「余裕のお金」でなんとかなる保証なんてどこにもありません。

 

そのように何かあった時のために取っておいたお金は結局浪費に消えるのがオチです。


借金をまとめて利息を減らす

借金を減らすための障害と言えば利息ですよね?
その利息の負担を減らすためには金利が低く設定されていることが重要です。

 

ですので複数の金融機関から借りているのであればそれを金利の低いローンに
一本化することで全体としての金利の負担を軽くするということです。
よく言われている「おまとめローン」というやつですね。

私も借りていたプロミスやアコム、学生ローンなどの消費者金融の場合、最初のうちは無利息サービスなどがあったりしますが、基本的には上限金利である18%程度に設定されているので金利は高いです。つまり支払う利息の負担も高いというわけです。

 

一方で銀行系のカードローンは10%程度と金利が低いのが特徴です。
なので、消費者金融から銀行系のカードローンに一本化すれば金利の負担を減らすことができます。ただここで問題なのは、消費者金融に比べて銀行系のカードローンは審査が厳しいということです。

 

参考記事:おまとめローンの審査に通らないのはなぜ?

 

その審査の基準は年収や借入件数、事故情報の有無、勤続年数と言われています。
一定期間に何回も色々なカードローンの審査に申し込むこともアウトになりますので借金をまとめたい場合は、借入件数を減らしたりなど条件を整えてから申し込みましょう。

債務整理で借金を減らす

上記のような借金を減らす方法では気が遠くなるような借金や、まとめることができない(借入件数が多い・すでに事故情報がある)場合、すでに最低返済額すら支払うことが厳しくなっているという状況であれば、借金を減らす現実的な方法は債務整理しかないと思います。

 

 

債務整理=自己破産で家も財産もなくなってブラックリスト入りというイメージを持っている方も多いと思いますが、そうではありません。借金をなくす手続きは自己破産しかありませんが、借金を減らす手続きにはたくさん選択肢があります。

 

簡単に説明をすると、利息をゼロにして3年から5年程度の分割払いで元金を完済していく任意整理や、利息だけではなく元金すらも5分の1程度にバサッと減らせて住宅ローン付きの家も残せる、裁判所に申し立てを行う個人再生などです。

 

これらの手続きをすると、これまで紹介してきた借金を減らす方法に比べると借金の負担が劇的に軽くなります

 

借金を減らす手続きはいくつかありますが、
自分にはどの手続きがいいのか?
いくら借金を減らすことができるのか?

 

それが知りたい場合は下記のサイトに必要事項を入力すればすぐにわかります。
↓↓借金無料相談シミュレーター↓↓
http://shakkin-nayami.info/

 

 

真面目な人ほど、「債務整理なんて・・・」と考える傾向にありますが、
債務整理は人生をやり直すための術にすぎません

 

債務整理をしたほうが人生が早く元通りになることもあります。

 

債務整理についてはそれぞれの手続きについて、カテゴリーでより詳しく紹介しているので参考にしてくださいね。

 

参考:任意整理ってどんな手続き?
参考:個人再生ってどんな手続き?
参考:自己破産ってどんな手続き?

 

ただし、闇金からの借金は話が別です。
通常の借金問題であれば弁護士に相談をして借金を減らすことが可能になりますが、闇金業者からの借金を減らしたいと考えている場合は弁護士でも闇金問題に対して経験が豊富な弁護士に相談をすることをオススメします。

 

参考記事:闇金の相談に対応している弁護士

夜逃げや時効を待つことは現実的ではない

借金を減らす方法とはまたちょっと違いますが、踏み倒したり、夜逃げをして借金から逃れたいと思う方もいるでしょう。

 

確かに借金には時効というものがあります。

 

参考記事:借金の時効について

 

しかし、参考記事の中でも紹介していますが、これは現実的とは思えません。
例え、借金をした相手が違法なヤミ金業者だとしてもです。
その場合は弁護士に相談すれば解決することができますし、下手に逃げれば
万が一見つかった場合にとんでもない代償を払わされる可能性もあります。

 

途方もない借金を背負うと逃げ出したくなる気持ちはとてもわかりますが、
逃げたところでそこにまともな生活が待っていることはないでしょう。

 

ちなみに私の知人で、借金を抱えたまま韓国に逃げて、現地に1年ほど滞在して韓国人と偽装結婚をして、韓国人となって日本に戻ってきた人はいます。

 

その人は今は自分で商売をしていますが、少なくともこれぐらいのことはしないと借金から逃れることは難しいと思います・・・。

たった40秒の入力で今の状況が大きく変わる!
無料・匿名で借金問題のプロが借金を減らす方法と減らせる金額を教えてくれる!
最短40秒の入力で、今の苦しい状況から抜け出す解決策がわかります。

↓匿名でできる借金無料診断はコチラ↓


 

関連ページ

自分の借金返済方法は正しいのか?
自分の借金返済方法は正しいのか、他にもっといい方法がないのか知りたい人は多いと思います。
おまとめローンの審査に通らない
借金返済の有効的な手段の一つとして知られているおまとめローンですがなかなか審査に通らないという人も多いですね。
親の借金は相続しないといけないのか?
親が残した借金を相続したくないという場合はしなくてもいい手続きがあります。
借金をやめさせる方法はあるのか?
身内や知人がどうしようもなくて借金を繰り返してしまうような場合、借金をやめさせる方法があればと 思っている人も多いのではないでしょうか?
借金の一括返済の催促が急に届いてしまった場合の対処法
返済をしていなかった借金の一括返済の催促が急に届いてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?
借金の返済相談がしたい
借金の返済相談をすることで迷いや悩みをスッキリさせることができますが、相談する相手を間違えると不快な気持ちになることもあります。
借金を滞納し続ける、返済できないままにするとどうなる?
返済できない借金を滞納し続けると、この先どうなってしまうのか不安に思うでしょう。そのままにしているとどうなるのか、借金問題を解決するにはどうすればいいのかを紹介しています。
借金が返せない時の対処法
返せないほどの借金を抱えてしまった場合の対処法は二つしかありません。
借金に時効はあるのか?その期間はどれぐらい?
借金に時効があればその期間まで放っておけば1円も払わずにチャラにすることができるのでラッキーと思うかもしれません。そんな借金の消滅時効と落とし穴について紹介しています。
ギャンブルの借金は債務整理は可能?
借金を作ってしまった理由がギャンブルの場合に、債務整理をしてその借金を減らすことは可能なのでしょうか、調べてみました。
借金の取り立てが苦痛に感じた時の対処法
借金の取り立て、と言っても支払いが遅れた場合の催促の電話から、明らかに違法な取り立てまで様々ありますが、そんな状況に陥った場合の対処法について紹介します。
借金(ローン)返済のシミュレーションについて
借金を返済する時やローンを組む時に、月々の支払いがいくらなのか、いつまでに完済できるのか、どれぐらいの利子を支払うことになるのか、こういったことを考えるために借金返済のシミュレーションを 利用することはとてもオススメです。
偏頗弁済って何?税金や家賃の支払いは偏頗弁済になって免責不許可になる?
偏頗弁済(へんぱべんさい)という言葉の意味と、借金の債務整理をする際にどのようにこの言葉が使われるのか、またどのような支払いが偏頗弁済になってしまうのかといったことについて紹介しています。
闇金相談〜取り立てが厳しい闇金からの借金問題への対策〜
闇金から借りた借金の返済が厳しくなってしまった、もしくはすでに厳しい取り立てが始まっていてなんとかやめさせたい、そんな時にどのような対応をするべきか、警察や弁護士に相談をするとどのような対応となるのか、闇金に苦しんでいて誰にも相談できないという方はこの記事を参考にしてくださいね。
参考にもなる?人気の借金ブログを集めてみました
借金問題を抱えている人にとって少しは気が紛れるような同じ境遇に置かれている人の借金ブログや借金返済について参考になりそうな借金ブログを集めてみました。
自分がブラックかどうか確認する!個人信用情報の照会方法について
住宅ローンが組みたい、クレジットカードが作りたい、そんな時に気になるのが自分がブラックかどうか?ですが、確認するには個人信用情報を照会する方法ともう一つ裏ワザ的な方法があるのでそれを紹介したいと思います。